So-net無料ブログ作成

校区内の文化祭コンサートに出演しました [合唱]

 今日は、校区内の町の文化祭コンサートに出演しました。

uvs111106-001.jpg

 校区内のいろんな町で文化祭があったことと、ピアノの発表会が重なったことで、9名の団員が欠席しました。
 残された36名の団員でどこまでいい演奏ができるか、ここが今日のポイントでした。
 また、文化祭というお祭りに近い環境で、どこまで聞いていただけるか。うちの合唱団の歌声が試される日でもありました。

 午前10時に集合し、リハーサルを兼ねて練習しました。
今日発披露の曲もあります。司会の練習も今日が初めて。
あっという間に、お昼になりました。

 音楽室でお弁当を食べ雨の中、出発です。(おうちの皆さん、本当にありがとうございました。)

ステージは、13:00スタート。
畳敷きの会場に続々とお客さんが入ってきました。

以下の曲を歌いました。

★演奏曲
①ゆかいに歩けば…2分
②さんぽ…3分
③春風の中で…4分44秒・・・初披露
④線路は続くよどこまでも…3分(歌遊び)
⑤もみじ…2分(みんなで歌おう)
⑥幸せのリズム…2分
⑦そのときぼくがそばにいる…4分
⑧どんな人がすきですか…3分(歌遊び)
⑨ハッピーバースデー…1分
⑩上をむいて歩こう…4分

 内容的には、11月2日に行った「合唱団と歌で遊ぼう」コンサートとだいぶかぶっています。
 しかし、「春風の中で」三部合唱は、発披露です。
 この歌は、箱根合唱セミナーで山崎朋子先生から、「新曲です。」って紹介され、とても感動した曲です。ある意味楽しみでした。
 また、今回は司会を、その町内の子ども達と僕で行いました。

 最初はざわついていたのですが、団長のあいさつの言葉がはじまると、予想以上に静かに聞いてくれました。

 もりあがったのは、「線路はつづくよどこまでも」で、よい声を出す歌遊び。
下のようなリズムでお隣さんと肩をたたきます。
左右に「8回、4回、2回、1回、パン、ホイ!」

とても喜んでくれました。
 そのあとに会場みんなで歌った「もみじ」はとてもいい雰囲気の合唱になりました。

 会場は畳・襖・障子という声があまり響かない環境でしたが、合唱団の子供達、よくがんばったと思います。

 ハッピーバースデーでは、町内で今月の誕生日の人に前に出てもらいました。名前と誕生日を聞くという簡単なインタビューをしました。その後、合唱団が名前を入れて、きれいにハモッてお祝いをしました。

 更に、団長の「セーノ」の合図と共に「おめでとう!」と拍手!クラッカーを鳴らしました。記念に合唱団のバッジをプレゼントしました。喜んでもらえたかな。

 アンコールでは、地元と言うことで校歌を歌いました。
 考えると、校歌って、ここにだけにしかない世界にたった一つの曲です。地元のコンサートだからこそ、校歌を選びました。

 最後に団員の子供達、お菓子をいただきうれしそうでした。 

 こういう地域のコンサート、お客さんの反応がよくわかり、楽しいものでした。ちょっとしたライブのようです。
 こういうお客さんの反応を肌で感じられるコンサートもいいものです。
 子供達と共にいい体験ができました。

DSC_0633.jpg

 公民館関係者の皆さん、保護者のみなさん、校長先生、そして保護者のみなさん、ありがとうございました。
 今日も楽しい感謝の一日でした。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校