So-net無料ブログ作成

合唱の合間合間のお話し [合唱]

 今日は、1時間目、5年生の学年合唱の指導をお願いされ、指導しました。
今は音とりの段階で、今日のめあては、「クラスごとに二部合唱ができること」としました。

 昨年度指導した学年なので、歌心は知っています。難なく、目標を達成できました。
 一時間歌いっぱなしでは疲れるので、合間合間にいろんなお話をしました。
 今日はそんな中の一つのお話し。
 
板書 合唱

 この「合唱」という時を見てごらん。
この字には、ステキに歌う秘密が隠されているんです。
合唱のって、わせると読みますよね。
これは心をわせるって意味。
合唱のの字を分解すると、が2つですよね。
これはを大きくあけ、おさまのような気持ちと心で歌うっていうこと。
そんなふうに歌うと、ステキな歌が歌えますよ。
 
 これは生き方も同じ。
 ともだちとプラスの心をわせ、を大きく笑顔でお話しし、お様のような温かい気持ちでいると、とってもハッピーになりますよ。

 これは、こじつけで僕が考えたことですけど、いつも子供達に好評です。

 合間合間にこんなお話をすると、子供達、ふんふんと聞いてくれます。
合唱を通して、人生を語ります。合唱が奥深くなります。
 ソアーベの坪口先生も、よく合唱の合間に深いお話をされます。

 合唱って、本当に深いものがあると思います。
 合唱の合間合間にステキなお話を入れていきたいです。それが子供達を育てることにもつながっていくように思います。

 他にも、いろんなお話しのネタがありますので、またいつか書いてみますね。みなさんも「こんないいお話があるよ」ってのがあったら教えていただけるとうれしいです。


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校