So-net無料ブログ作成

あいさつを増やす作戦 [合唱]

 最近、合唱団のあいさつが良くありません。Nコンまでは目的意識があったので、自分からのいいあいさつが聞こえたのですが、二学期が始まり、運動会等でバタバタしているうちに、あいさつの方も落ちてきました。

 あいさつは基本だと思います。合唱は自分を出して歌うことが大切です。あいさつは、自分を出すことの第一歩。あいさつのできない合唱団は、いい歌も歌えないと思います。
 そこで、あいさつを伸ばす作戦を考えました。

 まず、子供達に問いました。

あいさつのある合唱団がいいか、あいさつのない合唱団がいいか。

 子供達は「あいさつのある合唱団がいい」と言います。

じゃあ、あいさつのある合唱団にしていこう。
(長い時間がとれないのでこう持って行きましたが、本当は、なぜあいさつが必要なのか。あいさつするとなぜいいのか。という根本まで考えさせたいところです)

 そしてその作戦を言いました。

音楽室の入り口のドアの所をあいさつラインとします。
ここで、先生より先に「おはようございます。」って言えたら、君達の勝ち!!

 子供達やろうと言います。

 じゃあ、あいさつラインで「おはようございます。」の声が聞こえたら、どうしたらいい?

 「みんなも、おはよう、って返す。」という意見。
 
 明日からやってみよう。
 そうやって今日を終えました。

 この作戦、まだ続きがあります。でも、今日のところは、ここまで。

 この作戦は以下のオーディオブックを参考にしたものです。この本、なかなかおもしろいです。楽しみながら、合唱団のあいさつを伸ばしていきたいと思っています。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校