So-net無料ブログ作成

合唱団活動、後半戦が始まりました! [合唱]

 合唱団の子供達向けに合唱団通信を作りました。今回は、合唱をやろうと思ったきっかけ、そして夢、というように原点にもどり、僕の考えを書いてみました。 

合唱団活動、後半が始まりました!

 運動会も終わり、本格的に合唱団活動の後半戦が始まりました。
合唱団活動、楽しく充実したものにしたいですね。
 そこで、前の土曜練習の時、下の二つのことについてみんなの考えを聞いてみました。
みんなが合唱団に入ろうと思ったきっかけ。
これから合唱団でやってみたいこと。
 今回の合唱団通信は、そのアンケートの結果と、そこから先生が考えたことを書いてみたいと思います。

●合唱団に入ろうと思ったきっかけ
楽しさ系の理由…合計15人
・楽しそうだったから。3人
・今まで楽しかったから。3人
・おもしろそうだったから。2人
・窓から歌声が聞こえて、とても楽しそうに歌っていたから。
・先生が担任だったのと、楽しそうだったから。
・今年で最後の合唱を楽しみたかったから。
・4年生のとき説明会みたいのがあって、行ったらおもしろくて入った。

歌系の理由…合計13人
・歌が好きだから。8人
・歌がうまくなりたかったから。3人
・歌が好きだし、合唱はよくわからなかったけど、興味があったから。
・どんどんまつりのうららの会場で歌を聞いて、歌ってみたかったから。

友達系の理由…合計8人
・友達ができそうだったから。2人
・友達ともっと仲が良くなりたかったから。
・みんなと仲間になりたいから。
・違う学年とも友達になりたいから。
・友達をたくさん作りたかったのと、みんなで合唱してみたかったから。
・友達をもっとふやしたかったから。
・友達にさそわれた。

兄弟姉妹系の理由…合計4人
・おにいちゃんが入ってから、歌が好きになったから。
・お姉ちゃんも入ってたし、楽しそうだったから。
・昨年お兄ちゃんが入っていたから。
・昨年お姉ちゃんが入っていたから。

その他の理由
・もう一回入りたかった。2人
・成長したかった。
・音楽が苦手だから。
・聞いている人に感動を伝えたかったから。

先生の考え
 こうやってまとめてみると、やはり「楽しさ」が一番大切だってことがわかりました。楽しさにはいろんな種類があるでしょうが、最後にはたのしかった!っていえるようにしたいと思いました。また、みんな歌が好きなんですね。好きな歌がもっと好きになるよう、いろんな歌をどんどん歌っていきましょう。
 友達も大きな理由を占めています。これからももっともっとみんなが仲の良い合唱団にしたいと思います。「仲良くできる子」を大切にしていきましょう。
 
 先生自身、なぜこんなに合唱団活動をしたいのか、あらためて考えてみました。
 合唱が好き。みんなの一生懸命歌う姿が好き。お客さんに喜んでもらえるのが好き。いろんな理由が出てくるけど、今回一番の理由がわかりました。
 
 それは、みんなと一緒に感動したいからです。

 みんなと一緒に笑ったり泣いたり。そして自分達だけじゃなく、家族の人や見ている人やたくさんの人たちと心がふるえるような感動をたくさんしたい!!というのが一番の理由だとわかりました。
 たとえば、極端な話、金をとっても、みんなが感動しなかったら…合唱が嫌いになったとしたら…そのあとにはむなしさが残るだけです。
 感動!!の後には、楽しい気持ちが残るだろうし、感動が仲間のきずなを強くします。
 そのためには、感動できる歌をみんなで作っていきたいと思いました。
 と同時に、感動できる仲間にしていきたいとも思います。
 
 
●合唱団でこれからやってみたいこと
とにかく歌いたい系…29人
・有名人と歌いたい。11人
・コンサート5人
・ディズニーランドでコンサートをしたい。5人
・いっぱい歌いたい。2人
・イベントに出たい。
・東北に行って歌いたい。
・海外へ行ってコンサートをしたい。
・福井県遠征
・東京へ行って油面小学校と歌う。
・県外でたくさん歌いたい。
・運動会で歌いたい。

行事系…10人
・合宿6人
・合唱団みんなでクリスマス会2人
・いろんな小学校の合唱団とふれあいたい。
・みんなで旅行やいろんな所へ行きたい。

練習系…4人
・ハーモニー対決
・体育館練習をもっとやりたい。
・ピアノ以外の楽器を使って歌いたい。
・いっぱいピアノを弾きたい。

コンクール系
・全国大会で金賞をとりたい。2人

先生の考え
 みんなの希望は、できる限り実現していきたいと思います。
先生の役割は、みんなが生き生きと合唱団活動を楽しみ、感動できるお手伝いをすること。そして、一緒に感動することが先生の喜びだからです。
 
 この中で、断トツの「有名人と歌いたい」は少しずつ実現していますね。
去年の谷村新司さんといい、ラ・フォルジュルネ金沢での青島広志さんといい、今回の芸能人といい。
 これからもより多くいろんな人や場所で歌えるチャンスが来るように、HPの充実をしたり、いろんな所に働きかけたり、一つ一つのステージを大切にしていきたいと思います。こちから、みんなの良いところ、ステキなところをどんどん発信していくことで、チャンスは突然やってくるからです。
 
 考えると、うちはツイてる合唱団だと思います。良い事、楽しいことを発信していると、良いツキが引き寄せられてくるようです。
 また、ツキは連続して起こるものです。一つのツキをきっかけにし、楽しい結果を出すと、おもしろいように良いツキが次から次とやってきます。
 
 今回のテレビ出演も一つのツキです。ここでたくさんの人たちが見てくれます。そのテレビで感動した人の一人が、また次のチャンスを運んで来てくれる…かもしれません。今度の敬老会やうららで見ている人の中に超有名人の知り合いがいるかもしれません。その人が合唱団のことを紹介してくれて、招待されるなんてことがあるかもしれません。人生何があるかわからないのです だって君達は現実に、全国放送に2回も出演し、有名人と何回も歌っているんですから。

 そのために、これから、二つのことをがんばっていきましょう。
一つは、感動するような歌をみんなで作ることです。
 そのための発声練習やハーモニー練習。繰り返しの練習をし、技術をみがいているのです。
もう一つは、感動するような仲間になることです。
 そのために毎日の練習で、一生懸命練習し、みんな仲良くし、心をひとつにしようとしているのです。

 合唱団後半戦。この二つを大切にしていきましょう。そのことが感動を生み、自分を成長させ、楽しさを生み、良い仲間へとつながっていきます。みんなで夢をどんどん実現していきましょう。 
 みんなで感動をつくっていきましょう。

ps.今回の通信のおかげで、僕の合唱の原点が見えたように思います。ぼくはあるクラスの歌声に感動して、合唱の世界に入りました。そして、やはり感動を求めているのです。原点にもどること。そして文章を書くことの大切さを実感しました。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校