So-net無料ブログ作成

子どもを、ほめてあげたい [名言]

社会に出て、
仕事をするようになると、
ほめてもらえる機会など
ほとんどなくなる。
過程でいくら努力しても、
結果が伴わなければ評価されない。

大人はみんな、子ども時代に
ほめてもらった記憶の貯金で、
どうにかがんばってやっているのだ。

(博士の本棚、小川洋子)

  子供達をう~んとほめてあげたいと思っています。
ほめるのは、良くないという考えもあるけど、僕はほめていきたいです。
なぜなら、大人になると、ほめてもらえる機会など、ほとんどないから。

 でも、なぜ人はがんばれるんだろう。
それは、小川さんの言うように、子ども時代にほめてもらった記憶の貯金があるからだろうなあ。
 がんばったことを、父や母が喜んでくれたこと。それがうれしくて、またがんばる。
そんなことから、がんばり癖がついたんだろうなあ。
 
 今はなぜ、がんばれるんだろう?
 それは、きっと自分ががんばることで、喜んでくれる人がいるからだろうなあ。
 逆に言えば、喜んでいる人が多ければ多いほど、がんばりがいがあるんだろうなあと思います。

  人の喜びが自分の喜びになる。
 子ども時代にほめてもらえることは、そんな体験をしてることになるんだろうなあと思います。

  子どもを、ほめてあげたいです。
 結果が出ようが出まいが、がんばったことをほめてあげたいです。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

残暑お見舞い申し上げます [その他]

 残暑お見舞い申し上げます。
ここ数日、暑い日々が続き、いつもは聡明そうな顔つきのわが家のルフィーも…

DSC00002.JPGDSC00053.JPG

こういう有様です。

DSC00124.JPG

  僕は今、部屋の掃除中。
 皆様、良いお盆休みを…


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校