So-net無料ブログ作成

そのときぼくがそばにいる [合唱]

 昨日から今日とたくさんの方々からメールを頂きました。本当に感謝です。うれしかったです。

 今年度のうちの自由曲は、「そのときぼくがそばにいる」という曲でした。
とてもいい曲です。

Nコン全国大会で2度聞きました。

一度目は、大島小学校の歌声。
 大人っぽい歌声でした。子音を強調し、言葉がくっきりと聞こえ、心にグングンと入ってきました。

二度目は、油面小学校の歌声。
 とても、明るい歌声でした。心に勇気の火がともるようでした。

2回とも、涙が出ました。

 それは、2校とも気持ちが込められた歌声だったからです。でも2校とも違った感動がありました。

 この歌を歌いたいと思ったのは、そんな感動をうちの学校の歌声で作っていきたかったからです。

 うちの子供達が歌ったらどうなるだろう。そして、歌を通して、聞いている人に、勇気を与えることができたらいいな。子供達同士も、「そのときぼくがそばにいる」って言い合える関係になったらいいな。そんな願いがありました。

 もう一つ大きな理由があります。それは、僕自身、歌の主人公のような孤独な状態になったことがあるからです。

 悔しくて震える時も、味方がなくて、孤独なときも

 そんな歌詞があります。そんな体験があります。

 でも、そんな歌詞の後、そのときぼくがそばにいると続きます。時には父親のように勇気のある声で。時には母親のように優しい声で。時には友のように勇気付ける声で。

 そんな言葉の連続が心をだんだん温かくしていき、この曲を聞いて、何度涙が止まらなくなったことでしょう。

 僕はそんな感動を、聞いている人たちに伝えたいと思いました。

 だから、今年の目標は、感動だったのです。

 そんな素晴らしい曲「そのときぼくがそばにいる」(大島小学校)アップします。

 いつの日か、僕たちの歌声も聞いていただけたら、うれしいです。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校