So-net無料ブログ作成

今日はホール練習でした [合唱]

 今日はホール練習でした。
 いろんなことがわかりました。

声が飛ばない。
 ホールは、いつも練習している音楽室とは違って、広いです。遠くへ飛ばすという意識がないととびません。ホールのどこをみて歌うか。視線の大切さを感じました。遠くをみつめること。今日は、審査員席で指揮を振りました。ステージの上の指揮者を見ていては、声はステージの中から飛び出さないということがよくわかりました。

子音が聞こえない。
 ホールでは、残響音が残ります。そのおかげでキレイに聞こえるのですが、このせいで、言葉がわかりづらくなります。だからよほど子音を強調しないといけないということがわかりました。

メリハリ
 広いホールで響かせることを意識していると、ピアノとかメゾピアノできれいに歌う部分も乱暴になります。そうなるとメリハリがない歌になってしまうということがわかりました。
 強弱をつけること。とくにピアノの部分はていねいに美しく。それを意識していきたいです。だからフォルテが生きてくるのです。

立つ場所が大切
 子供達の立つ場所が変わることによって、響きが違ってくるってことがわかったことが大収穫でした。並び方って大切です。音量のある子をどこに・・・中心になる子をどこに・・・ってことが、とても大切だと思いました。

ハーモニーの美しさが大切
 ホールで響かせるってことばかり考えると、ハーモニーがくずれます。
 でも、ハーモニーをきちんとつくり美しく歌ったほうが、多少音量が小さくてもよく響くってことがわかりました。ていねいに歌いこむことの大切さを感じました。

 ホール練習、いろんなことが見えました。
すべてのことに強弱が大切。大きな時はより大きく、小さな時はより小さく。
でもていねいに。

意識して繊細に、弱さを認めること。すると強さも輝いてくる。
弱さがあるから、強くなれる。
 ホール練習でわかった大切なことです。
いや~~人生に通じるなあ。

PS.久々に体脂肪を測ると、なんと5.3パーセントでした。
Nコンに向けてのこの時期、いつもこんな感じになります。
毎日体力勝負です。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校