So-net無料ブログ作成

なでしこジャパンが初優勝!勇気と希望をありがとう。 [幸せに生きる]

 今、テレビを見終わりました。ドキドキしながら見ていました。
日本女子サッカー、なんと世界一!!すごいです。
小さな身体なのに、よくやりました。
選手たちの表情、生き生きとしていました。
挑戦者として、伸び伸びとやっていたように思いました。
PKの時、選手たちが後ろで祈るように手をつないでいたのが、印象的でした。

20110718-00000026-jijp-000-0-view.jpg

 思いは実現する。そんな勇気を与えてくれました。
今の日本に、彼女たちはとても大きな希望を与えてくれました。
勇気と希望を与えてくれた、なでしこジャパン!女子選手たちに心からエールを送りたいと思います。本当にありがとう。

 そんななでしこジャパンを育て上げた監督、佐々木則夫さんのインタビューや名言を集めてみました。

nedeshiko2.jpg

再来年までにいくら牛乳を飲んでも大きくなれないので【佐々木則夫】
 次のW杯は再来年。再来年までにいくら牛乳を飲んでも大きくなれないので(苦笑)、日本らしいサッカーのなかで大柄ではありえないアジリティ、日本の良さを生かして、もっと緻密にロスなく、守備についても90分フルに動けるだけのものを準備したい。
 そのなかで世界のトップ近づけると思う。下の年代からも非常に質の高い選手が増えているので、日本は日本らしくやりたいと思っている。
2009.11.14 国際親善試合 なでしこジャパン vs ニュージーランド女子 記者会
見コメント

 日本らしいサッカー。それは、日本人の良さを生かしたサッカーです。
 僕はついつい合唱とからめてしまいます。
 うちらしい合唱。それは、うちの良さを生かした合唱です。うちもそんな合唱を目指していきます。

 その他、こんなエピソードもありました。

●”なでしこ”達に絶対的信頼を置かれている監督のエピソード
 
東日本大震災の被災地の映像を見せ、選手を元気づけた(女子W杯2011ドイツ戦前)監督も東北出身ということで震災には人一倍の思いがあり、被災者のためにも頑らなければと伝えた。
・・・ただ勝つことだけ!でなく、人のため、みんなのためという大きな目的意識を持たせたんだろうなあ。

綾小路きみまろのライブDVDを見せ、選手をリラックスさせた(北京五輪の時)それ以降もDVD鑑賞は続いている様子・・・笑いを大切にしてるんだろうなあ。まじめだけではダメ。合唱指導にも通じる面があります。

W杯目標は「世界一」と発言後、「選手の意見を聞いて」と訂正(北京五輪の時)選手の意見をとても尊重している・・・これもいいエピソードです。選手の意見を常に聞いて生かしてるんでしょうね。

自分と選手の橋渡し役に澤選手を活用し、チームをまとめあげた(チームミーティングの時)天才としてチームの中で浮いてしまう可能性のあった沢選手をうまく引き込んだ。・・・選手をうまく生かす。それぞれの長所を全体の中でうまく生かすことが大切なんですね。

選手をまとめるため、心理学を勉強した(なでしこジャパン監督就任後)少しのことでえこ贔屓と感じることもあるとか。(元なでしこジャパン・川上直子談)・・・これも大切なことです。女子の集団はそれが大きいでしょう。僕も勉強しよう。

 インタビューやエピソードを見ても、明るくそして相当な勉強家だと感じました。
テレビでこれから特集があるでしょうから、どんな指導者なのか。自分に生かせることはないか、そんな面を学んでいきたいです。

 朝から、とっても明るい気分にさせてもらいました。本当に勇気と希望をありがとう。


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校