So-net無料ブログ作成

合唱指導っておもしろい。「友達シンドバッド」の指導 [授業]

  今日も音楽の授業のお誘いがありました。
4年生の歌を教えて欲しいとのこと。
教える歌は「友達シンドバッド」(教育芸術社)

  個人的には、おもしろくなさそうな曲に感じました。
 しかし、全国レベルの合唱団の先生は、「音楽の授業がまず基本」「教科書をきちんとやること」とおっしゃいます。
 ですから、この曲を教科書のめあてに沿ってやってみました。

まず一度歌わせてみました。
とてもきれいな声です。しかし、メリハリがありません。

曲のページの上に大きくこう書いてあります。
4拍子の流れにのって歌いましょう。

そこで、曲に合せて4拍子の手拍子をみんなで打ってみました。
一拍目を大きく234と小さく。

タンタンタンタンタンタンタンタン・・・

今度は二人一組で叩きました。
一拍目は二人で手を合わせ、234は小さく自分で打つのです。

今度は四人一組で叩きました。
一拍目は四人で手を合わせ、234は隣の人と打つ。

こんなふうにして繰り返しました。遊びのように4拍をつかんでもらうためです。

その後、一拍目の言葉に○をつけてもらいました。
そこを強く歌うためです。

しばらく一人で作業タイム。
その後、お隣と相談タイム。(交流を持つため。)
そして、僕の正解タイム。

すると意外な所を強く歌うことがわかります。
例えば、シンドバッドの「バ」の音

○をつけたことばをお腹を使って強く歌ってごらん。
すると、歌声がガラッと変わりました。
これだから、合唱指導はおもしろい。

さて、次のページにこんなことが書いてあります。
「目と目の間あたりにひびきを集める感じで声をだしましょう。」

Picture1.jpg


お~、これは鼻穴共鳴のことではありませんか。
武田雅博先生のおかげで最近得意になった技です。

鼻の根っ子を指で押さえ、ウ~~~~~と声を出させます。
子供達
ふるえてる!!って声。
これは鼻の奥にある空間が震えてるんだよと僕。

そして、その状態でこう言わせます。
ぼくミッキ~
武田雅博先生から教えていただいた技。ミッキーの声は鼻穴共鳴の声なのです。

うまいうまい。○をつけた部分をその声で歌ってご覧。
そうすると、また歌声が変わりました。
おもしろすぎる。

 一見つまらないと思っていた曲ですが、教科書のめあてどおりやると、見事に歌声が変わりました。
「音楽の授業がまず基本」「教科書をきちんとやること」の大切さを感じた一時間でした。
 いろんな先生から学んだ技が楽しく使えた一時間でもありました。

 合唱って、勉強すればするほど、指導も楽しくなっていきます。自分の中にいろんな技が積み重なっていくからです。その技で、子供達の歌声の変化が見えるおもしろさがあります。
 これもたくさんの方々に教えていただいたおかげです。本当に感謝です。

PS.今日指導した「友達シンドバッド」の歌声をアップします。指導して2時間目の歌声で、まだまだの状態ですが、途中で、鼻穴共鳴の練習や「ぼくミッキ~」なんて言っているので何かの参考になるかもしれません。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校