So-net無料ブログ作成

これは便利!画面に簡単に書き込めるスクリーンペン [その他]

 今、合唱練習では、スコアメーカーで作った楽譜をプロジェクタで大きく映し、それを見せながら音とりの練習をしています。

  楽譜の苦手な僕ですが、今、自分自身が楽譜を読めるようになり、子供達にも、楽譜を読めるようにさせる必要性を感じています。
 
 今までは、耳だけを頼りに音の高さを確認させていましたが、楽譜がある程度読めるようになると、正確な音を追求できます。
 でも、あんまりきちんとやりすぎると、かつての僕のように音楽が嫌になってしまいます。そこで考えたのが、このプロジェクタ大写し作戦です。

 スコアメーカーのファイルは、鳴っている音譜が赤く表示されるので、直感的にどの高さの音を出しているのかがわかります。

 全体練習では、音の違っている箇所をプロジェクタで確認し、正しくしていきます。
 

 そんな時、音の違っている音譜を、赤で囲んだり、拡大したり、四角で囲んだりできたらいいなあと思っていました。そんな気持ちでソフトを検索していると、ありました。僕の希望にぴったりのソフトが。

スクリーンペン(画面説明用ペン) Ver1.0

これは、とても便利です。

以下のような説明がありました。
【備    考】
 パソコン講習会などでプロジェクターなどを使用し、画面の説明をするときに任意の状態の画面をキャプチャし、そこへ自由曲線、四角、矢印などを描画できるソフトです。指定した位置を拡大表示することもできます。
 パソコンの画面の状態を言葉だけで説明するのは、結構大変です。これは実際にIT講習会で活用し、それなりの評価を得ました。できるだけ簡単な操作感を心がけました。

 今日使ってみましたが、とても優れものです。

 まず軽い。
 操作が簡単。
 いろんな太さや色で書ける。
 見せたい部分が簡単に拡大できる。

 いろんな使い方ができそうなソフトだと思いました。
 例えば、プロジェクタで写真や資料を提示したときに、拡大したり、書き込んだり出来ます。

 探せば便利なものがたくさんあります。幸せな時代です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校