So-net無料ブログ作成

Nコンに向け、全体指導+個の指導!新たな展開 [合唱]

 福祉施設でのコンサートも終わり、今日から、Nコンに向けて、新たなスタートを切りました。

  課題曲の「ぼくらは仲間」はだいたい歌えるようになったのですが、まだまだ荒いです。
 そこで、今日から、きっちり音をとる練習をスタートしました。
 全員がどのパートでも歌えるよう、すべてのパートをきちんと練習するつもりです。
 まずは、低音から。

 「ぼくらは仲間」を4つの部分に分けました。
 一日一つずつ。約一週間かけて低音の音とりの指導をしていきます。
 これは全体指導です。


 同時に歌のテストもしていきます。
  合格基準は、音程が正しいか。

 一人アカペラ(無伴奏)で歌えることが条件です。ただし、発声とか声量とかは合格基準に関係ありません。「一つのテストで一つのねらいがいい」と、ある合唱指導のすごい先生から教えていただきました。

 これは個別指導。希望者は休み時間に僕か校長先生の所で、テストを受けます。
 土曜練習の時には、3時間のうちの2時間を使ってテストするつもりです。

 そこでやろうと思っているのが「学び合い」。今、流行っていますが、合唱指導でもできないかと考えているところです。合格した子が、合格できない子を助ける。教えあい、助け合いで、全員合格を目指すのです。そのことで、みんなの絆が深まればいいなと思っています。

 無伴奏で正確に音をとるって、けっこう難しいです。ただ、嫌がってはいません。たとえ不合格でも、いい部分をほめるようにしています。なおしたらいい部分も具体的に言ってあげます。子供達は何度も挑戦しに来てくれます。
 
 全体指導+個の指導。新たな展開になってきました。
 本当におもしろいです。

PS.最初の音の確認でつかっているのが、これ。おもちゃなんですが、音を確認する道具(小さい音ですが)としてなかなか使えます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校