So-net無料ブログ作成

楽譜は謎解き!突然出てくる見たことのない記号 [合唱]

 今日はNHK全国学校音楽コンクール課題曲「ぼくらは仲間」をスコアメーカーのファイルにしました。
 僕が合唱指導できるようになったのも、このソフトのおかげです。楽譜をこのファイルに作り変えることで、高音・低音の指導が可能になります。高音だけ、低音だけの指導も可能です。テンポも変えることができるので、とっても重宝してます。楽譜がわからなかった僕も、このソフトのおかげでずいぶんわかるようになりました。

スコアメーカーFX5 Std アカデミックスコアメーカーFX5 Std アカデミック

出版社/メーカー: 河合楽器製作所

メディア: CD-ROM

 しかし、課題曲の楽譜には、スコアメーカーに載ってないような難解な記号もあります。素人泣かせです。だがしかし、インターネットが僕を助けてくれます。
 「ぼくらは仲間」にある難解な記号を調べたものを以下にまとめてみました。

♪=ca.84
楽譜の頭に突然出てきます。ca.というのが曲者です。調べてみると、ca.とはイタリア語の【チルカ】circa の略で「約, およそ」などといった意味を示すそうです。
ですから、♪=ca.84とは、「1分間に♪(8分音符を【約】84回打つ」ということになります。

div.
div.3と突然出てきました。調べると、「パート内で声部を分けること」とあります。なるほど、この記号の後には、3部に分かれています。合唱や合奏などの楽譜で使われることが多いとのこと。

poco

poco accel=少しだけ、だんだん早く
poco rit=少しづつだんだん遅く
poco piu mosso = 今までより、少し速く

accel rit piu mosso、いずれもスコアメーカーにある記号です。pocoが曲者でした。でもこの3つから想像するに、pocoって「少し」って予想できます。調べると当たり
poco(ポーコ)イタリア語で「少し」という意味だそうです。


 専門の方から見ると、な~んだこんなものって思われるかもしれませんが、ぼくのような者にとっては、こんなのが出てくると、参った!って思いそうになります。そんな方々のお助けになればと思い、アップしました。

 突然出てくる見たことのない記号。しかし、これらの記号は、単にイタリア語で書かれた指示や命令と思えばいいんですね。
 素人の僕にとっては謎ときのような楽しさがありました。楽譜が少しずつ身近になってきます。