So-net無料ブログ作成

二重被曝、山口彊さんの生きざま [幸せに生きる]

 山口彊さんという方がいました。
 広島で原爆を被爆して、左半身に大やけどを負いながら、妻子に会うため長崎に移動した山口彊さんは、長崎でも被曝されました。

  二重に被曝し、二度も大量の放射線を浴びられたわけですが、2010年に93歳で亡くなられるまで、核廃絶の思いを世界に向けて伝え続けられました。
 真剣に核廃絶を願い、語り続けました。
 
 日本人を相手に。
 アメリカ人を相手に。
 そして国連まで行って世界の人を相手に
 自分の意思をたくさんの人に伝えたいと思いました。
 そして、遂に有名な映画監督にまで手紙を書きました。

 思いは伝わりました。

  映画監督ジェームズ・キャメロンが山口彊さんの病室を訪問し、手を握りながら原爆をテーマにした映画の構想を話しました。
 それを聞いた山口さんは「私の役目は終わった」と告げられました。

 その2週間後に亡くなられました。

 その方の特集ニュース映像を見ましたが、涙が止まらなくなってしまいました。

 

 

 この方の生きざまを見ていると、生きている意味を感じずにはいられませんでした。一人一人が生きているのには、何らかの意味がある。なんらか使命があるのかもしれない、って。

 人によってその使命は違うでしょう。
 その使命を全うするかどうかで、人生の意味合いが違ってくる。

 その使命は、きっと天から与えられたものでしょう。
 自分の生きざま、生い立ち、与えられた環境の中で。

 山口さん、すばらしい生きざまだったと思います。

 

 自分の使命は何でしょう。そんなことをあらためて考えました。
きっと「幸せ」がキーワードとしてあるだろうなあと思います。 

その山口さんの映画が7月に公開されるそうです。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校