So-net無料ブログ作成

第78回NHK全国学校音楽コンクールの課題曲が発表されました [合唱]

 第78回目となるNHK全国学校音楽コンクールの新しい課題曲が、今日「発表!Nコン2011課題曲」という番組で発表されました。課題曲のテーマは「仲間」です。

 小学校の部の作詞は、なんとあのアンパンマンの作者、漫画家のやなせたかしさんです。アンパンマン、大好きな漫画です。やなせたかしさんは、かつて「手のひらを太陽に」の作詞もしています。
 更に、あの懐かしい宇宙エースの主題歌「星の炎に」(作詞:やなせたかし/作曲:いずみたく)という曲の作詞もされてたんですねえ。僕はこのアニメ大好きでした。

 

 歌詞の方が先に発表されていました。下のような歌詞です。

♪ぼくらは仲間♪(作詞:やなせたかしさん、作曲:鈴木憲夫さん)=同声二部

♪花咲く道で ぼくらは歌った
 小鳥のように 胸はずませて
 あの春の日 ルルルルンルン
 ぼくらは 花の仲間だった

 しぶきにぬれて ぼくらは走った
 小馬のように ただうれしくて
 あの夏の日 ルルルルンルン
 ぼくらは 波の仲間だった

 風吹く丘で ぼくらはおどった
 ススキのように 風にゆれてた
 あの秋の日 ルルルルンルン
 ぼくらは 風の仲間だった

 雪にまみれて ぼくらはあそんだ
 うさぎのように とびはねながら
 あの冬の日 ルルルルンルン
 ぼくらは 雪の仲間だった

 とてもいい歌詞だと思っていました。「それにどんな曲がつくんだろう」と今日の日を楽しみにしていました。

 作曲は、鈴木憲夫さん。Nコンの自由曲でよく歌われている作曲家です。有名なところでは「地球に寄り添って~センス オブ ワンダー~」。壮大な曲です。この方が、この詩にどんな曲をつけるか、とっても楽しみでした。

(東北の名門、弘前市立小沢小学校の歌声です。実際にNHKホールで聞きましたが、すごい迫力でした。がんばれ東北!)

 番組が始まり、やなせたかしさんが登場しました。お年を聞いてびっくり!!92歳ということ。腰もシャキッとして、生き生きとされて、どうみてもそんなお年には見えません。やなせさん、まさに今も青春を生きてらっしゃるのでしょう。

sph1_6_2.jpg

 曲が始まりました。

 予想していた曲想とは違いました。
 僕は、手のひらを太陽にのような明るい曲調をイメージしていたのですが、流れてきたのは、優しく叙情的なメロディーでした。
 
 一番最初に思ったのは、「ルルルルンルン」の部分。美しくとても印象的でした。
 何度も聴いているうちに、あ~~いい曲だなあって、思いました。

 大人が子供時代を思い出し、懐かしくて胸がキューンとなる。そんな曲です。。
 何度も聴いているうちに、メロディーと一緒に、子供時代の思い出がよみがえってきました。

 子供の時、小鳥のように 胸はずませて迎えた新学期の春の日。
 
 父に連れて行ってもらった海で、ただうれしくて走り回っていたあの夏の日

 風吹く原っぱで ススキの中に秘密基地を作り、暗くなるまで遊んだあの秋の日

 雪にまみれて 愛犬と共にうさぎのようにとびはねながら遊んだあの冬の日

 その時々の風景が心に浮かび、涙が出そうになりました。

 一人一人が心の中にもつそんな懐かしい風景が、聞く人の心に浮かぶよう、歌で表現できればいいんでしょうね。

 なんだか、懐かしくいい歌です。

 音源はここで聴けます。
 

 やなせたかしさん、鈴木憲夫さん、いい歌をありがとうございます。

PS.やなせたかしさんのステキなイラストがありましたので、アップします。

41sihjYNqlL.jpg

本当に、ほんわかと温かくなります。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校