So-net無料ブログ作成

教室ではちょっとした国語辞典ブーム [学級]

 今、教室ではちょっとした国語辞典ブームです。休み時間何人かであつまっては、いろんな言葉を調べ、線を引いたり、フセンを貼ったりしています。国語辞典で遊んでいるのです。

 きっかけは、国語の授業の速攻辞書引きです。

 今、「ごんぎつね」を勉強しています。本格的な文学教材です。「辺り」とか「ぬかるみ」とか、けっこう難しい言葉が出てきます。その言葉を国語辞典で素早く探すというゲーム!?をやっているのです。

 やりかたはこうです。

みんなで音読をします。難しい言葉が出てくると・・・
「よう~~い始め!」とタイマーを片手に僕。
1分制限です。
子供達は国語辞典で言葉を捜し始めます。
見つけたら立ちます。
言葉の意味を音読します。
その後座り、その言葉に線を引く。

あとで調べた子に、意味を発表してもらいます。

こんなふうに音読しては、辞書引き、音読しては辞書引きの繰り返し。
ただそれだけです。

でもそれだけなのに、けっこうみんな喜んでやっています。

「辞典というのは、汚れれば汚れるほど、かっこいいんだよ。勉強したって証拠だからね。」

 そんなことを言いながら授業を続けていたら、最近、国語辞典ブームになったというわけです。

 なにやら変な言葉をみつけては、ニヤニヤしている男の子もいます。
「国語の時間がおもしろかったです。」って一日感想で書く子も少なくありません。

 もうじき5年生。気軽に国語辞典を使って調べられる子になってほしい。
 最後の単元はそんなめあてでやったこの方法。
 ヒットしています。


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校