So-net無料ブログ作成

疑心暗鬼を生ず [名言]

疑心暗鬼を生ず ことわざ

「疑心が起ると、ありもしない恐ろしい鬼の形が見えるように、何でもないことまで疑わしく恐ろしく感じる」(広辞苑)


 こういう状態になることって、ありませんか。例えば、「あの子に嫌われてるんじゃないか」と思うと、その子の一つ一つの行動がすべて、そう見えてしまうようなこと。また、何気ない行動をも疑って見てしまうようなこと。

 「あるある!」って、自分の心の声が聞こえてきます。

   しかし、それは、自分で選んでいるんですね。疑心が起きることによって、そう感じるよう、自分の心が選んでいるのです。

 やがて、ありもしなかった鬼が本当に鬼と化してしまうようことがあります。

『あなたの信じる人は、あなたが信じる通りの人になる。あなたの疑う人は、あなたが疑う通りの人になる』中谷彰宏
 
 これは、真実だと思います。自分自身の体験からも言えることです。「あの子は、とんでもない子だ」って思っていると、とんでもない子になってしまったことが、何度もあるからです。あるいは、クラスがうまく行かなかったときも、こういう思いでいっぱいになっていました。

 では、気づいたとき、どうしたらいいのでしょう・・・?

 

 とにかく信じることだと思います。丸い月が三日月に見えるときがあるように、今はたまたまそういう風に見えているんだって。

 人は誰でも、「良くなりたい」って思っています。それが本能として備わっているものだと思います。

 でも、どうしてもダメな場合もあります。そんな時はどうしたらいいでしょう。
 
 しばらくそこを見ないというのも一つの選択肢だと思います。

 近づきすぎるから見えるものってあります。あの美しい富士山も近くで見るとゴミだらけ。でも、すこし距離や時間を置いてから眺めることで、その良さを信じる心で眺めることが出来る場合があります。また、がんばっている子や楽しいことを見つめ、自分の気分を楽しくしている方が、ずっといいです。

『こちらが信用することによって、信用される人間が生まれる』 本田宗一郎

 相手を信じる力。それは自分の人間力を試されるときです。
 でも、逆に言うと、人間力を高めていくチャンスでもあります。
 
 疑心を取り払い、それぞれの良さが見える自分でありたいです。
 ポイントは「感謝」の気持ちだと今は思っています。

 今日は自分に言い聞かせるような内容となってしまいました。でも、同じような思いの人のお役に立てばと思い、アップしました。

 人生は一度っきり。感謝の気持ちで、お互いの良さを認め合い、幸せに生きていきましょう。