So-net無料ブログ作成

二分の一成人式。保護者の感想 [行事への取り組み]

 旅行へ行く楽しみは3つあります。
 まず計画するときの楽しみ
 行って観光地を見たり感じたりする楽しみ
 そして、行った後、その時を思い出す楽しみ。

 行事も同じです。二分の一成人式が終わり、今はその時を思い出す楽しみを味わっています。それに大きな役割をなしているのが、現在貸し出しているDVD。
 DVDを家族全員で見て、みなさん、楽しんでいるようです。
 その感想が続々と寄せられています。
 今日は、その感想の中からいくつかを紹介します。

DSC00469.jpg

二分の一成人式の感想

夢に向かって翔けるように
 本当にすばらしい会でした。ビデオを見て、また涙が出ました。いつの間にか10年も経ち、あらためて私は子供に何をしてあげることができたんだろうと考えました。よ~く考えると、子供からもらったものの方が多いのでは・・・
 照れながら「ありがとう」と渡してくれた感謝状でしたが、本当は私の方から「ありがとう」と渡さなければいけなかったのかな?
 夢に向かって翔けるように、これからも応援してあげようと思いました。
 今日から私も初心に戻って、一日一日を大切にし、感謝の心を忘れることなく子供達と楽しく過ごしていこうと思いました。本当にこのような会を開いてくださり、ありがとうございました。

今の純粋な気持ちを見守っていきたいと思います
 素敵なDVD、ありがとうございました。行けなかった家族も観る事が出来て良かったです。私が小学生だった頃よりも真剣に夢を考えていて、すごいなあって思いました。今の純粋な気持ちを見守っていきたいと思います。先生には感謝しています。こんなDVDを作ってくれたり、いつも楽しく学校に行っているようで、この一年間は心に残る一年になると思います。あと少しですが、またよろしくお願いいたします。

これから希望ある人生が価値あるものでありますように
 DVD見返してみても、こみあげるものがありました。あらためて10年の月日がたったんだなあ~と10年間を振り返ってみました。
 あんな小さかった子が自分の意思を、思いをしっかり伝えられるようになり、よくぞここまでしっかり育ってくれたなあ~と感謝しました。
 親への感謝状渡しの時、気まずいように「はい」とあっさりと渡されましたが、その表情の照れくさそうな顔からは、言葉以上のあたたかいものを感じさせてもらいました。実際20歳にになったら・・・と今から想像しちゃいました。
 夢を持つ、感謝の気持ちを持つことは、とてもすてきな事です。これから希望ある人生が価値あるものでありますように、親としてあたたかく見守っていきたいです。 最後に先生作DVD、すばらしかったです。ありがとうございました。

常に「感謝」の心と「目標」を持つということは・・・
 ビデオを拝見させていただきました。キーワードで言えば、「感謝」と「目標」でなかったかと思います。「感謝」するということは、謙虚さを養うと共に、人や物事をいろんな角度から見るという大切な事だと思います。
「目標」を持つということは、自らの進むべき方向を決めるということです。目標を決めることによって、今現在の自分の立ち位置がわかり、常に自分を見失わないための大切な事です。
 今の子供達が大人になる頃を考えると、日本全体の活力の低下など、ますます難しい社会になっていくだろうと想像します。もちろん嬉しい事や楽しいこともたくさんあるでしょうが、つらいことはそれ以上にあるかもしれません。
 常に「感謝」の心と「目標」を持つということは、そんな厳しい社会を一人一人が生き抜き、幸せになるために「明日への活力」につながる大切な事だと思います。今後の家庭での教育としてはもちろん、現在大人である私自身もあらためて実践していきたいと思いました。
 先生をはじめとして、今回二分の一成人式に携わってくださった先生方、本当にご苦労様でした。「感謝」します。(父)

心の中に「感謝」の二文字
 二分の一成人式のDVDの貸し出し、ありがとうございました。この日のために、子供達や先生方は熱心に指導されて練習をしてきたのだっろうなあ~と感じました。この「二分の一成人式」を通して、娘もいろんな事を考え、長い人生のたった10年ですが、振り返って様々な事を感じ取っているので、良い機会を与えていただきました。
 どんな勉強よりもまず生まれてきたこと、成長できたこと、何よりも人は一人では生きられないこと、自分を支えてくれる人がいること・・・を学べたと思います。 普段はいえない事でも当たり前と思うのではなく、心の中に「感謝」の二文字を持っていれば、私はそれだけで良いと思います。そして本当の成人式を迎えたときに、コノ二分の一成人式の姿を振り返ってくれたら、最高ですね。

 たくさんのこころ温まるお便りを一枚一枚パソコンにうっているうちに、思わず胸が熱くなりました。それは、お便りの言葉から、保護者のみなさんの気持ちを感じたからです。
 言葉は言霊(ことだま)とも言います。僕が熱くなったのは、子どもたちに対する愛情、優しさ、夢、希望、喜び。まるでお日様の陽ざしのような暖かい気持ちを、ひしひしと感じたからです。
 DVDを貸し出すことで、このような思い出す楽しみを味わっています。

 保護者の中には、DVDをコピーして、本当の成人式に見せたいという方もおいでになります。
 行事のあとのDVD貸し出し。あとあとまで楽しめていいものですよ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校