So-net無料ブログ作成

「空気のあたたまり方」のおすすめ実験 [授業]

 今、理科では「もののあたたまり方」という単元の学習をしています。

 二学期にやった仮説実験授業「三態変化」のおかげで、教科書の学習ですが、分子論的な意見がたくさんでます。単に現象面で楽しむだけでなく、予想を立て実験するので、子供達、スリルを持って実験に取り組んでいます。

 今日は「空気のあたたまり方」の実験をしました。
 「暖められた空気は、分子があばれているので、上へのぼっていく」という意見が出ました。本当かどうか確かめようと、次のような実験をしました。

 「ガスバーナーで熱した空気をゴミ袋にあつめたら上にいくかどうか?」という実験です。たまたまネットでその実験を発見しました。

水や空気のあたたまり方

 今までは熱気球を作って飛ばしたりしました。しかし準備が大変でした。この方法は簡単です。しかし、ゴミ袋がバーナーの熱でとけてしまう可能性もあります。うまくいくかどうかわかりませんが、やってみることにしました。
 使ったゴミ袋は45リットル。厚さ0.015mm。たまたま家にあったゴミ袋を持って行きました。

 注意したのは、バーナーから30㎝より上に離して、みんなで持つということです。

 やってみると・・・

 みごとフワフワと天井まで浮くではありませんか。大歓声です。
 どの班も成功しました。こんなに簡単にできるなんて、ビックリ。

 今日はその映像をアップします。

この実験、お勧めです。

 


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校