So-net無料ブログ作成

子供達が作った「なぞかけ」 [授業]

 4年の国語の教科書に「言葉遊びの世界」という単元があります。
なぞなぞや回文など、いろいろな言葉遊びが紹介され、とても楽しいところです。
そこに「なぞかけ」というコーナーがあります。教科書の例文はこうです。

「秋の夕日」とかけて、なんととく
「おふろ上がりのお父さん」ととく
そのこころは
どちらも、真っ赤です。

 この例文を参考にして子供達に作らせたところ、なかなかの傑作が生まれました。
そのいくつかを紹介します。

富士山とかけまして
紳助ととく
そのこころは
どちらもしかいがいいでしょう

動物園とかけまして
ボディガードととく
そのこころは
どちらもカバいます。

ボールとかけまして
腹ぺこな人ととく
そのこころは
どちらもくうきがあるでしょう

電池とかけまして
サイダーととく
そのこころは
どちらもたんさんがあるでしょう

もう客がこない店とかけて
つるっぱげのおっさんととく
そのこころは
どちらも、もうけがないでしょう


 どうどうすか?なかなかやるもんだと、僕は感心しました。(どこかで見たものもあるかもしれませんが)


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校