So-net無料ブログ作成

一日で、天国と地獄 [幸せに生きる]

 朝、教室でいつもの歌、「ありがとう」を歌いました。教室でもだんだん三部合唱ができるようになってきました。

  しかし、今日はなぜか、口の開いてない子。友達同士顔を合わせにたにたしている男子が気になりました。思わず、いつにない、お説教をしてしまいました。
 子供達は素直に聞いてくれたのですが、あまりいい気分のものではありませんでした。

 学期末の忙しいとき、自分の心のコップが満たされていないことが原因だと自己分析できました。 

  午後、疲れはピークに達しました。
 
 そして5限目は理科。最後の単元、「冬の夜空」です。
 教材研究も十分ではない授業。申し訳ない気持ちから、最後は星座カルタを楽しんでもらおうと思いました。サービス精神いっぱいに、わざとお手つきなんか言ったりして。すると大盛り上がりでした。

 授業後、職員室に行くとき、子供達が4,5人。まとわりついてきます。一人は背中に乗り、一人は右手。一人は左腕。一人は服。あと一人はクルクルと僕の周りをまわっています。何がなんだかわかんない状態。でも、なんだかうれしかったです。
 いつしか疲れは吹っ飛び、元気になりました。

朝と午後の対照的な出来事。違いは何でしょう?

それは、僕の気の持ち方です。

朝は、「やって当たり前」という傲慢な自分。
午後は、「こんな授業につきあってくれてありがとう」って、謙虚な自分。

傲慢な気持ちは、不幸を呼びます。
逆に、感謝と謙虚な気持ちは、幸せを呼びます。

一日で、天国と地獄。対照的な体験ができました。

あのとき失敗して
よかったのです。
そのおかげであなたは
「新たなスタート」を
切ることができたのですから。
(人生を好転させる「新・陽転思考」、和田裕美)

 何年たっても失敗します。
でも失敗のおかげで、幸せのヒントが学べます。

 今日もよい体験ができました。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校