So-net無料ブログ作成

良い事もあれば、悪いこともある。でも選ぶのは自分! [幸せに生きる]

 毎日の教室での出来事には、いろんなことがあります。良い事もあれば、悪いこともあります。そのどちらを見て過ごすかによって、幸せ度は決まるような気がします。
 良いことに注目し、それをほめ、「ありがとう」と感謝する。するとクラスの雰囲気がハッピーになります。

 たとえば、今日、給食準備が遅れました。それは、一人一人に配ったご飯の量が多すぎ、後で足りなくなったのです。しかしその時、「自分の分を減らして」って提供した子がたくさんいました。

 給食の準備に時間がかかった・・・悪いこと
 自分の分を提供した子がたくさん・・・良いこと

 一つの場面には、プラスとマイナス。どちらもあるような気がします。どちらに注目するか。どちらを大切にするかによって、幸せ度は決まります。
 もちろん、僕は自分の分を提供した良いことを、う~んとほめました。

 クラスだけでなく、日々の出来事にも、良いことと悪いことがごちゃまぜになっています。そのどちらに注目するか。選ぶのは自分です。

 また、世の中の出来事もそうです。あらゆることが起きています。どんな出来事に注目するか。選ぶのは自分です。(だから最近テレビを見ません!!)

 どうしても避けられない悪いことは、軽くかわし、良いこと、ハッピーなことに注目していきたいです。それがハッピーになれる方法だと思うし、幸せを引き寄せる方法だと思うからです。(事実次々と幸せが引き寄せられていますよ)

二人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めたとさ。
 一人は泥を見た。一人は星を見た。
 (フレデリック・ラングブリッジ『不滅の詩』)


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校