So-net無料ブログ作成

「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会の子供達の感想 [合唱]

 今日は「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会の子供達の感想を特集します。いろいろと書いてますが、この講習会で、子ども達のつかんだことを、他の団員たちに広げていきたいです。

講習会でわかったこと

SA
・歌詞の意味を考えていた。
・歌詞を想像していた。
・歌詞に気持ちを入れていた。
・「何度も練習して体に覚えさせるように」と言っていた。
・手拍子して、リズムをとっていた。
・一つ一つの音をていねいにとっていた。
 大西先生が言ったことをやって、Nコンで金賞をとりたいです。

TT
 今日合唱を見たとき、思ったことがたくさんあります。一つ目は、初めて会った人なのに、すごくきれいな声で歌えていたことです。なぜあんなにきれいに歌えているか考えてみると、普段からみんなと仲がいい人がたくさん集まっているからだと思います。
 二つ目は、「いのちのいっちょうめ」の最後のところが上に気持ちをあげるように歌えばいいということがわかりました。
 最後は、みんなと歌ったことです。大阪の人はすごくきれいな声だったので、すごかったです。

NS
 メモをとっててわかったけど、メモしたことをだいたいまとめると、「イメージするということが大切だ」ということが多かったから、それだけイメージは大切だなあと思いました。ジャンプ。虹のはじからはじまで。頭の真上に穴があいて高い音を出すなど、いろいろなことを学びました。
 また、他の曲でも使えるというのは、「こだわる所に磨きをかける」ということ。「弱くてもしんのある音を出さなければならないこと」などを学びました。
 私たちの歌声は弱かったらすべてが弱いので、そこからなおしていきたいです。

HM
 今日合唱を見たとき、長く伸ばすところや今までに思ってもなかったメロディーなど、いっぱい学びました。「いのちのいっちょうめ」でもう少し伸ばすところやメロディーなどに気をつけたいです。最後にみんなで歌ったときも、そこを気をつけて歌いました。
 これから「いのちのいっちょうめ」をがんばって、合唱コンクールに生かしていきたいです。

OH
 私が講習会に行って学んだこと・感じたことは、
1.らんぼうでない。(終わり方が)
2.二部になっても、声の量が変わらない。
3.心の中で場面の切り替えをすること。
4.歌が始まっても、笑顔で歌うこと。
5.歌詞の言葉に気持ちを込めて歌う。
6.体を使って声を出すこと。
7.どんどん個性を出して歌うこと等等。
 行ったことによっていろんなことがわかったので、その分わかったことを生かしてNコンで金を取りたいです。

HM
 今日のNHK講習会で「いのちのいっちょうめ」の歌の練習の仕方を見ました。大西先生という日本一の合唱団を育てたすごい人の指導で二つわかったことがありました。
 一つ目は歌うときに、その歌詞の意味を考えて歌うことです。
 二つ目は「ねっこからねっこまで」という歌で、遠くのねっこを探すように歌うということでした。 この2つのことをマスターすれば、金に近づくと思うので、がんばりたいです。

 広い世界を体験した子供達。これからどう変化・成長していくか、楽しみです。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会 [合唱]

 今日は、合唱団の子供達6人を連れて、大阪まで行って来ました。「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会に参加するためです。

  朝、6時30分発サンダーバードに乗って行きました。朝早いのに、保護者の皆さんが駅まで送ってくれました。本当に感謝です。

DSC01481.JPG

  会場の大阪音楽大学、ザ・カレッジ・オペラハウスは、とても素敵な建物です。入る前からワクワクしました。

DSC01486.JPG

 指導者は、大西裕子先生と言って、Nコンでも全国一に導いたことのあるすごい方です。そして、本当に勉強になりました。
 いろんな学校から来た子供達で混声合唱団を作り、その子たちがモデルです。その子たちの指導を通して、今年の課題曲「いのちのいっちょうめ」の指導のポイントを教えてくださいました。

 今年の課題曲は、いろんな場面をいかにサッと切り替えるか。そこが大きなポイントみたいです。
 たくさんのことを学んだのですが、すべて書くと、きりがありません。そこで、今の僕にとってなるほど~と思ったことをピックアップしてみたいと思います。

曲の中で発声練習をする
 発声練習がいくらすばらしくても歌で生かされなければ意味がありません。発声練習をするなら、歌の中で、あるいは歌との関連を考えながら行うようにしたらよいとのこと。言われれば、その通りです。

伸ばす音、自分の声を追いかける
 大西先生のおっしゃっていたおまじないの言葉です。伸ばす音の時にこの言葉を意識すると、声が伸びるのです。

練習するとき、あきらめない
 自分の目指す音を作るまで妥協しない。あきらめない。繰り返し指導することが大切。美しい歌声を作るには、そしてコンクールで勝ち抜くには大切な要素です。

イメージが大切
 言葉のイメージを具体的にリアルに細やかに描くことで、歌声はどんどん変わっていきました。これは、詩の音読指導にも通じる部分です。方向や遠近、色など。

伸ばすことで音の狂いがわかる
 さーっと歌い流してしまうところでも、あやしい音を伸ばしてみることで、音の狂いを発見できます。

音読を取り入れる
 音読をする事で、言葉を意識し、へんな所に力を入れた歌い方を防ぐことができます。そういえば、ソアーベ合唱団の坪口先生は、「日本語を大切にして、オシャレに歌うことが大切」っておっしゃっていました。なんとなくその意味がわかってきつつあります。へんな所で力を入れて歌うと、方言で歌っているみたいになり、田舎くさい歌い方になってしまいます。(田舎が悪いって意味ではありませんよ。)

重心を下げる
 高い音を出す場合、重心を下げ、気合を入れて歌う指導をされていました。合唱ではここぞというとき、下半身の使い方が大切です。

 こうやって書き出すときりがありません。とにかく1時間30分という短い間に、たくさんの技を見せてくださいました。そして、何よりも大西先生のパワー、学ぶところが多かったです。妥協のない繰り返し。それも明るく飽きさせないように。

 次のような言葉が強く心に残っています。
「どこか研ぎ澄まされた所がないと…そこに磨きをかける。」

 そこが僕に足りない部分です。

 最後、会場に来ている子供達が全員舞台に上がって、課題曲を歌うことになりました。うちの学校の子ども達も舞台にあがって、歌いました。わが事のようにうれしい光景でした。こんなすばらしい会場で歌えたのですから。

 帰ってきた子供達に感想を聞いてみると、一人の子が「背中がゾクっとした」って言ってました。そう、学校では味わえないそんな感覚です。そんな感覚を味わって欲しかったのです。

 良いものを見聞きし、体験することで、人は大きく変われます。そんな体験の後押しをしてくださった保護者の皆さんには、感謝です。

 僕も大きな刺激を受けました。意識が変わりました。良い一日でした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱三昧 [合唱]

 今日は合唱団の土曜練習。みんながんばってやってきました。朝練に加え、今年から毎週土曜日は、3時間練習です。本当に部活みたい。合宿の準備や行事で追われる6年生をはじめ、他の習い事にも追われている5年4年、そして合唱団ジュニア、3年生のがんばりには頭が下がります。
 そう考えると、来てくれる子供達に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 今日は、来週のステージに備えての練習をしました。今度のステージは、屋外です。声の響きを意識させ、練習しました。練習したのは以下の曲です。

ゆかいにあるけば
崖の上のポニョ
ふるさと
この星に生まれて
いのちのいっちょうめ
わたしはリンゴ

 少しずつですが、お腹を使う意識が出てきた子が多くなってきました。しかしまだまだ響くようになるはずです。これからです。

 一番最後には、遊びタイム(約20分)というのを入れています。これは、6年生におまかせする時間。「3年生から6年生まで全員が仲良く遊べるように」というように言って、遊びを企画させています。 団員には「6年生の言うことをしっかりと聞き、どんな遊びでも仲良く遊ぶように」って言っています。 

6年生には、リーダー性を育てるというめあて
下の団員には、リーダーの言うことをしっかりときくというめあて
そして、最後にパーッと遊んで発散しておしまいってめあてもあります。

 今日は体育館でボールを使って、なにやらおもしろいボール当てゲームをしてました。6年生、遊ばせ方がうまくなってきました。
 少しずつリーダー性を育てていって、練習でもリーダー性を発揮できるよう、シフトしていくつもりです。

 さあ、明日はNHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会へ6年生の希望者6人を連れて、大阪まで行きます。まさに合唱三昧。どんな刺激が待っているでしょう。6年生は、どんなことを感じるでしょう。全国の空気を感じてきます。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日も楽しい一日でした [幸せに生きる]

 金曜日、僕も子供達も解放的な気分になります。
 特に休み時間や放課後、その気持ちは、パワーアップします。

  今年は4年生の担任ですが、休み時間になると、たくさんの子が甘えてきます。「先生」「先生」ってまとわりついてきます。

  考えると幸せです。たくさんの子供達に囲まれ、甘えられ、頼られ、いろんなお話をしてくる。たくさんの子供ができたようです。

  いろんなことがあるけど、教師って楽しい仕事です。特にここ数年はそう思います。

  そういえば、ここ数年、僕は変わりました。一つのことを良い方にとらえる。子供を信じ、良い所を意識して見る様にする。そしてどんどんほめる。そんな風にかわってきました。

 そんなふうになると、子供達がどんどん、そばにやってきました。みんないい子だと思うと、みんないい子になっていきました。鏡の法則です。

 せっかく生きてるんだもん。楽しまなきゃ。そう、人生は楽しむためにあるのです。たくさんの笑顔を見て、ありがとうを言ってもらって。本当にありがたいです。
 今日も楽しい一日でした。幸せです。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

豆電球を、電池1個で光らすのと、電池2個を直列につないで光らすのでは、どちらが長持ちするか? [授業]

 今、4年生の理科で電気のはたらきという勉強をしています。
その中で、電池2個の直列つなぎと並列つなぎでは、どちらが長持ちするか?という問題があります。これは、並列つなぎの方が長持ちします。

ところで、教材研究をしているうちに、下のような問題が話題となりました。

1つの豆電球を、電池1個で光らすときと、電池2個を直列につないで光らすときとでは、どちらが長持ちするか?

R4B3A004C.jpgR4B3A003C.jpg


 さて、みなさんはどう思いますか?
先生方の間でも喧喧ガクガク、どちらが長持ちするか、意見の分かれたところです。

さて、みなさんは、どう思いますか?

ア.電池一個で光らす方が長持ちする。
イ.電池二個を直列でつないで光らす方が長持ちする。

 下のサイトでは、このことについて、活発な意見がだされています。電池1個派と2個直列派に意見が分かれています。

http://q.hatena.ne.jp/1109154803

僕はこの中の5 回答者:yhkimuraさんの以下の考えに賛成します。

 電池が2個直列の場合は1個の場合に比べて電圧が倍,従って電流が倍,従って消費電力は約4倍となる。よって消費電力量も約4倍となる。
 答え_電地1個と2個が同一電力と仮定すると電池2個直列の方が2倍早く切れる。実際は電力(明るさ)が違うのであるが,それでも電池2個の方が早く消耗する。

 でも、理科の専門の先生は、難しい数式を書き出して、それは違うといいます。わけがわからないので、実際に実験してみました。

 昨日の夕方5時40分。電池1個の回路と2個の直列つなぎの回路をつくり豆電球をつけました。そして、ずっと放っておきました。
 さて、今日の朝8時30分見てみました。どうなっていたと思いますか?

 1個の方は、昨日と同じ明るさで細々と光り、2個直列つなぎの方は、明るく輝いていました。電池ってけっこう長持ちするものですね。

 午後1時30分結果がでました。さて、どちらが先に消えたでしょう。

 電池2個の直列つなぎの方が消えていました。

正解はア.「電池一個で光らす方が長持ちする」という結果になりました。

 理由も回答者:yhkimuraさんの考えでいいと思うのですが、いかがでしょう。
おもしろい問題だと思ったので、書かせていただきました。

 でも、それでは、電池100個直列つなぎだったら、あっという間になくなってしまうことになりますよね。それって、どう考えたら、いいのでしょう。だれか教えてくださるとうれしいです。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校