So-net無料ブログ作成

濃い学びの1日でした [合唱]

  今日は、濃い学びの1日でした。さまざまな曲の味つけを超一流の先生方から学びました。新しい学びがいくつもありました。

アルシスとテーシス
アルシスは意は「飛躍」もしくは「とぶ」。
テーシスは「休息」。アルシスを求めた結果の「安心」
主にグレゴリオ聖歌で使用されているとのこと。

これを意識することで、リズム感のある歌が歌えるようになる、ということです。

今年の中学のNコンの課題曲は、まさにこれの繰り返しです。
また、このふたつを意識することで、表現に幅が出るようにも思いました。

水道の蛇口をあけっぱなっしにしない。
出すところでは、出す。
しかし、出しっぱなし(フォルテ)ばかりではいけない。
つまり・・・楽譜に忠実に大きな対比をつけることが大切。

先生の声で見本を見せる。
すばらしい声の先生がいました。
理屈と共に、歌声で手本を示されていました。すると、生徒がそれを真似し、急激に表現が変わりました。声は武器です。しかし男の声でもそれは可能かも・・・
 理屈だけでなく、感性に直に訴える指導が効果的だとわかりました。

超一流の先生方の味付けは学びになりました。
その味付けをするためには、指導者の深い解釈と感性が必要だと感じました。


そしてもう一つ強く感じたこと。
やはりだと思いました。
今日は、中高生の歌声ばかり聞きました。
中高生であろうと、やはり声が大切。それを体感しました。どの団体も声がすばらしく、その声があっての表現だと思いました。
  特に声の豊かな団体は、表現が重なるごとに身震いするほどの音楽に変わっていきました。

 休憩中に超有名な中学校の先生に、「声と表現の指導の割合はどれくらいですか?」
と聞いてみました。
 すると、声あっての表現。その両方をどちらも並行してやっている
と真摯に答えて下さいました。

 僕は、小学生では、声はすごく大切だと思っています。
 しかし、中学生も同じなんだということが、新たな発見でした。そして中学生でも、声作りをしっかりやっているということが大きな学びでした。

 いろんな団体の生の声をホールで聞くこと自体が大きな学びです。学校に違いはありましたが、どの学校もすばらしい歌声でした。その歌声を聞いているだけで寿命が伸びました

 今日は、かつてお世話になった懐かしい方々との再会もありました。すっごく有名な方たちばかりなのに、覚えていてくださいました。うれしかったです。

 音楽大学という豪華な環境で、すばらしい学びができました。

IMG_6182.jpg
 感激だけにおわらせず、すこしでも自分の血肉にしていきます。
 たくさんの学びを提供してくださる方々がいます。

 ただただ感謝です。

 帰り、音楽大学のある町の神社に感謝と願いのお祈りをしてきました。音楽の神さまに届きますように。

IMG_6191.jpg
 

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。