So-net無料ブログ作成

子どもたちの声はエネルギー [合唱]

 今日は、急きょお休みの先生が出て、補欠を組むことになりました。僕は補欠係なのです。
その先生の授業枠を他の先生に頼んで組むことになります。
他にも3人の先生の出張があります。
まるで、手配士のようです。

  授業が始まるまでに、誰がその教室へ行くか、交渉して回らなくてはいけません。
自分の空き時間はもちろんなくなります。そのクラスの授業へ行くからです。
それでも足りない授業枠を頭を下げてお願いに回ります。

 離れ業も使って、なんとかぎりぎりセーフ。
それでエネルギーの大半を消費しました。


ふらふらになりながら、授業をしていました。
ところがです。

その後の音楽の授業で、あるクラスの3年生が、とても美しい声で歌えるようになりました。その声を聞いて、心が癒されました。
 普段はギャーギャーやかましいのですが、歌になると別人のように美しい響きを出します。その声には合唱団のような響きがありました。
 子どもの声の響きには、心をいやすエネルギーがあるようです。

 そして夜の合唱団の指導では、声だけでなく、子どもたちの表現力がグーンと伸びました。表現力とともに、声の響きもより明るくなっていきました
その声を聞き、また元気になりました。

 消耗することもあるけど、子どもたちの声はエネルギーのもとです
 子どもたちに感謝です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。