So-net無料ブログ作成

山頂の神社までランニング [幸せに生きる]

 今日は、10時まで仕事。

  その後は、山の中の秘密基地へ行きました。
 眠くなり、川のせせらぎの音を聞きながら、毛布にくるまって仮眠しました。
 自然の中に包まれ、幸せ気分でした。

IMG_5977.jpg
 その後、林道をひた走り、山頂にある神社までランニングです。
 ずっと坂道ですが、ところどころで平野が展望でき、山登りに近い感覚でランニングができます。
 こんなオーディオブックを聴きながら、走りました。


渋沢栄一「論語」の読み方

渋沢栄一「論語」の読み方

  • 作者: 渋沢 栄一
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2004/10/01
  • メディア: 単行本
渋沢栄一というと今度のお札になる人です。
たくさんの会社を作り、偉業をなした人です。
「論語」を生きる指針にしてきたとのこと。
                    ※
 難しくて、半分もわかりませんでした。しかし、目先のことでなく、自分という人間を磨かなければいけない、ということがわかりました。
 そんなことを考えていると、最近僕の肩が痛い原因がわかったような気がしました。それは、
あまりにも合唱という部分しか見ていなかったのではないか。
生き方がカタよってしまっていのたのではないか。
だからそれが、カタ痛という症状となってあらわれたのではないか・・・
シャレではありませんよ。
           ※
 僕に、ブラスバンド部の顧問という役どころがきたのも、もっと幅広くやっていけよっていう神さまからのお告げなのかもしれない。そんなことを思いました。
           ※
最終的には、自分という人間をどこまで磨いていけるのか
それがしあわせになるために大切なことだと思います。
だから、もっと幅広く、自分を磨いていきたいと思いました。
IMG_5983.jpg
 桃色の花と立派な鳥居が僕を迎えてくれました。
 山頂の神社で、祈りました。
IMG_5990.jpg

 きょうは、何のために生きるのか、そんな根源的なことを走りながら考えました。
 それはしあわせになるため。
 だから自分を磨いていきます
 そんな決心をしました。

IMG_5992.jpg

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。