So-net無料ブログ作成

しあわせな思い出をたどって見えたこと [幸せに生きる]

  今日は、ゆったりとした時間があったので、自分がしあわせだったなあという思い出をたどってみました。

小学生時代
 この墓場から続く道をずっと行くと、ばあちゃんの家に行けるよ。
この母の言葉をたよりに、こっそり弟と2人で山道を歩いていきました。
 草ぼうぼうの山道を不安な気持ちの中歩き、本当にばあちゃんの家に着いたときのこと。そして僕たちの姿を見てびっくりするばあちゃんの顔。強烈に覚えています。

高校時代
 高校受験に失敗し、猛勉強の日々でした。しかし僕の通っていた高校から、国立大学に合格した人は、創立以来いませんでした。
 だがしかし地元有名校〇松高校を含めた模試の数学で1番になったこと。国立大学へは行けなかったけど、受けた大学は全部合格。倍率10倍の公立大学に合格したこと。苦しかった分、喜びも大きかったです。

無職時代
 東京の友だちのところまで自転車で行ってしまいました。道中、土管の中や橋の下で寝るなど。野宿をしながらの旅でした。蚊にさされまくったり、終わりがないと思えるような長い峠道と大変だったけど、着いたときの友だちのビックリした顔。これも忘れません。

教員になって1
 「二度と担任になるなや!!」って言われたクラスを再度持ちました。そのとき、子どもたちが喜んでくれると評判の仮説実験に挑戦しました。本当にすっごく喜んでくれました。そして今までやったことのないものづくりや授業書に挑戦。授業記録を毎時間書いたり、ガリ本を出したり。その時の子どもたちの笑顔。忘れません。

教員になって2
 音楽経験ゼロの僕が合唱と感動的に出会い、のめりこんでしまいました。小学校3年生のクラスでNコンに出てしまいました。その後、合唱団までつくってしまいました。毎日が感動と挑戦の日々でした。

教員になって3
 学校を異動し、二校合同でNコンに出てしまいました。そして昨年は全国にまで出てしまいました。あの大きなステージの上で、子どもたちと一つになって演奏したこと。そのときの幸福感、今でも忘れません。

 こうやって振り返ると、僕のしあわせな時って、何かに挑戦しているときだってことがわかりました。そのときが困難な状況であればあるほど、幸福感が大きいこともわかりました。

 ちなみに大学時代は好きなことばかりやっていたのに、記憶が薄いのです。時間がたっぷりある自由な時代だったのにです。そう考えると困難な状況って、しあわせを感じるための大切な要因になるような気がしました。

 最近いろんなことで迷いの日々でした。でも今僕は、しあわせの中にいることがわかりました。だって今も困難な中、新しいことに挑戦しているから
 明日からまた、がんばります。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。