So-net無料ブログ作成

ヴォーカルアンサンブルコンテストが終わりました! [合唱]

 今日は、アンサンブルコンテストでした。
たった今戻ってきました。

  朝、すごい路面で、保護者の皆さんの送迎、大変だったことでしょう。本当に心から感謝です。

 僕は予定していた時間をオーバーして、会場に着きました。早めに出ていて、本当に良かったです。もう、何人もの子供達や保護者の方たちが来ていました。

2013-01-27 15.43.07.jpg
 
 合唱団閉鎖の後で、今日はどこまでやれるかわかりませんでしたが、とりあえず、今の状態のベストを出せるようにと心がけました。それは早くから飛ばさないでやろうということです。

 練習場の部屋がいっぱいだったので、練習もそこそこにして、近くの尾山神社へ行って遊んだりしました。行き帰りの路面は凍結状態で、子供達はスケートのようにわざとすべり、ヒヤヒヤしながらも、ほほえましい思いで見ていました。

2013-01-27 13.20.44.jpg

 本格的な練習をしたのが、本番出場30分前ぐらいでしょうか。
 子供達の声もだんだん出てきました。

 そして、本番。子供達、がんばりました。
全部で3グループ出場しました。8人編成が1グループと、16人編成が2グループです。

 「いのちの歌」では、8人で美しいハーモニーを響かせました。この少ない人数でよく上手にハモれたと思います。

 16人編成のグループでは、2曲歌いました。

 一曲は、「わたしはリンゴ。」です。これは、今回絶対に歌いたい曲でした。
坪口先生が亡くなりました。でも、その魂は生きています。そのことをこのステージで表現したかったのです。

 厳粛な雰囲気でしたが、最後には、タンバリンの音に合わせ、会場全体に手拍子が起きました。そして、僕は子供達と手をつなぎ、バンザイの姿勢で終わりました。会場に大きな拍手が生まれました。僕には坪口先生が見えるようでした。ほ~んとうに気持ちよかったです。

 もう一曲は、「ねがい」という曲です。1986年に起きたチェルノブイリ原発事故をテーマにした曲です。福島の原発事故に思いは重なっていきます。でも、未来に希望の持てる壮大な曲です。この曲、僕が指揮ミスをしたのにも関らず、子供達、上手に歌ってくれました。いくつかのミスはあったものの、いい出来だったと思います。

 さて、結果発表です。
 審査員の講評の中に、「小学生グループは表情が良くてとても良かった」という御意見がありました。なんだかうれしかったです。

 ドキドキしながら結果発表を聞きました。

「いのちの歌」グループは金賞でした。しかも北國新聞社賞まで頂きました。

「わたしはリンゴ」チームは・・・・
 金賞でした!!しかも審査員特別賞までいただきました。

「ねがい」チームは・・・・
 金賞でした。しかも!なんと!これも北國新聞社賞を頂きました。

 結果を聞いて、信じられない気持ちでした。
 涙が止まりませんでした。
 なんと3チームとも金。そしてそれぞれ特別な賞を頂いてしまったのです。
 
 正直に言うと、僕は自分の中で限界を感じていた部分がありました。
「音楽が素人の僕には、これが限界ではないか・・・。」という思いです。子供達に悔しい思いばかりさせてきましたから。
 でも、今回の結果は、僕に自信を与えてくれました。すべて子供達のおかげです。がんばってくれた子供達に深く感謝しました。
 同時に、こんな僕に子供達を預けてくださっている保護者の皆さんにも深く感謝しました。

 今回は、賞を取ることに、そんなに重きをおいてはいませんでした。ただいい歌をみんなで歌いたかっただけ。そんな無欲な思いも良かったのかもしれません。

 また、たくさんの方々のおかげでもあります。
 前校長先生・ピアニストのOBの女の子、そしてお母さん方、教えを受けた先生方。本当にたくさんの方々に助けていただいたおかげです。深く感謝です。

 今まで自分のやってきたことに、ある程度間違いはなかったんだなという思いを持つことができました。そして、子供達にいい思いをさせてあげられたことを、うれしく思いました。

 本当に今日は、いい一日でした。

 陰で動いてくださっていたたくさんの関係者の皆様、そして、こういう機会をあたえてくださった合唱連盟の皆さんに心から感謝します。

PS.ソアーベの女先生に電話しました。
心から喜んでくださいました。そして、子供達に、こう伝えてください、とおっしゃいました。

「わたしはリンゴ、歌ってくれて、ありがとう」
 


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 8

shira

 おお、それはすごい。長く教職をやっていても、こんな感激的なできことは滅多にないんじゃないでしょうか。おめでとうございます。
by shira (2013-01-27 22:13) 

きりたん

おめでとうございます!
by きりたん (2013-01-27 22:15) 

フルールフルール

心からおめでとうございます♪私も合唱が専門でないながら合唱にすっかり魅了されて指導に加わっている一人です。
だいぶ前からブログ拝見させて戴いていました。元気をもらったり、勉強させて戴いたりしています。
Nコンの時期には私が関わっている学校の子供達と重ね合わせながら応援していました。
これからも頑張って下さいね♪
本当におめでとうございました♪
by フルールフルール (2013-01-27 22:29) 

池ポチャ

すばらしい結果、おめでとうございます。
無欲の結果が一番いい形になったというのでしょうかね。
人生って不思議なものですね。
でもこれまでのムッシュさんの努力が今日に結晶したものではないでしょうかね。
本当におめでとうございます。心からお祝い申し上げます(^^)


by 池ポチャ (2013-01-27 22:37) 

ムッシュ

shiraさん、ありがとうございます。
本当に涙が止まらないうれしい時間でした。
これも子供達のおかげです。
by ムッシュ (2013-01-28 18:21) 

ムッシュ

きりたんさん、ありがとうございます。
by ムッシュ (2013-01-28 18:21) 

ムッシュ

フルールフルール様、うれしいメールありがとうございます。
文面から、本当に合唱が好きなんだなあということが伺えました。
僕たちががんばることで、合唱が広がることに貢献できるのではないかと思っています。
合唱は心に幸せを運んでくれます。
これからもお互い顔晴りましょう。
ありがとうございます。
by ムッシュ (2013-01-28 18:23) 

ムッシュ

池ポチャさん、うれしいメールありがとうございました。
「無欲の結果が一番いい形になったというのでしょうかね。」
本当にそうかもしれません。ソアーベの女先生にもそう言われました。やっぱり、一回一回の練習が楽しく充実したものであって、その積み重ねが大切なんだなと思いました。
 本当にうれしいメールありがとうございました。


by ムッシュ (2013-01-28 18:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0