So-net無料ブログ作成

東日本大震災復興支援チャリティコンサートがおわりました! [合唱]

 今日は、地元のデパート(イオン)で、コンサートをしました。

 このデパートは地域の振興、貢献のために、地元の中学校や高校の吹奏楽部にコンサートの場所を提供してきました。そして、うちの合唱団にもお呼びがかかったのです。喜んでさせていただくことにしました。

 「東北支援のための募金をしたい」という申し出をしたところ、快くOKを頂きました。今日のコンサートは、題して、東日本大震災復興支援チャリティコンサート!!です。

 午前中、学校で流れ通りに練習しました。約2時間半の密度の濃い練習でしたが、子供達、よくがんばりました。

 一旦家に帰り、午後1時30分、デパートに集合です。保護者の皆さんに送迎をお願いしました。本当に感謝です。

 場所は、食品売り場の横のサービスカウンターの前、セントラルコートという名前のちょっとしたスペースでした。僕たちのためにひな壇やマイクなどの会場が準備されていました。

 更に楽屋まで用意してくれていました。その楽屋が、デパートの扉を開け、迷路のような倉庫を歩いていった末にある部屋でした。普段見ることのできない裏側を見ることができ、子供達喜んでいました。楽屋と会場を行ったりきたりしていました。

 午後2時、開演時間となりました。保護者をはじめ、たくさんのお客さんが来ていました。教頭先生や先生方も応援に来てくれていました。子供達、とってもうれしそうでした。

 歌ったのは以下の曲です。

★演奏曲
①ゆかいに歩けば
②合言葉
③ふるさと
④サンタが町にやってくる
⑤線路はつづくよどこまでも
⑥歩いてゆこう
⑦サウンドオブミュージックメドレー
⑧いのちの歌
⑨わたしはリンゴ

「ゆかいに歩けば」では、高音の小鳥のさえずりが見事でした。

「合言葉」は、歌いなれた曲、いい表情で歌えたと思います。

 「ふるさと」はソロの二人がマイクを通さずに見事な歌声を披露しました。また、この曲を、4年生の団員がいい演奏をしてくれました。今回は、ほとんどが自動演奏ピアノ「ピア子ちゃん」による演奏です。ピア子ちゃんは、とても正確に演奏してくれるのですが、僕の指揮を無視して勝手に弾いてしまうわがままなところがあります。ですから、団員による演奏、ほっとします。

 「サンタが町にやってくる」では、赤い衣装を着た3人のかわいいサンタさんが、自分達で考えたダンスを披露してくれました。また、2年生の二人がトナカイ役で、かわいいく鈴を鳴らしてくれました。

DSC00243.jpg

 「サウンドオブミュージックメドレー」では、ヒップホップを習っているダンサー2人がステージを華やかにしてくれました。
 「さようならごきげんよう」のソロの部分では、一人一人が自分達で考えた振り付けをして歌ってくれました。本当に今年はいろんな意味でみんな表現力がついたと思います。

 「いのちの歌」は、ソロが良かったです。特に6年生のソロ。一人は女子、一人は男子(団長)です。いい歌声でした。

 最後に「わたしはリンゴ」を歌いました。
 この曲を作った坪口純朗先生のことを話しました。
「5月に亡くなった坪口先生、そして震災で亡くなったたくさんの人たちにこの歌を捧げます。」
 そう言って、この歌を歌いました。最後は僕も子供達の中に入り、一緒に歌いました。本当に気持ちが良かったです。

 あとで「歌詞を聴いていると、涙が出そうになりました。」そんなことをおっしゃってくれる人もいました。本当にいい歌だと思います。

 なんと帰りがけ、去年の校長先生が来て下さり、こんなことを言ってくださいました。
「初めてお客さんとして聞いて、とっても良かったよ。」
 心からうれしかったです。

 呼んで下さったデパートの担当の方や店長さんも「良かったですよ。」とほめてくださいました。

 さて、募金ですが、今までの最高額、なんと26233円もの善意が集まりました。心から感謝です。

 子供達の演奏、コンサートがこの善意の金額を生んだのです。そう考えると、子供達はすごいことをしました。

 今日は、たった一人の引率でしたが、たくさんの保護者の皆さんが助けてくださいました。送迎に始まり、ピアノの準備、配線、そして片付け。
 本当に涙が出そうなほどうれしかったです。
 また子供達もよく動いてくれました。

 このような素晴らしい機会を与えてくださったイオンの皆さん、そして保護者の皆さん、更に聞いてくださったたくさんの皆さん、そしてがんばって歌った子供達に心から感謝です。
 いい一日でした。

PS.コンサート後、あるお母さんから、こんなメールが来ました。

こんばんは♪
今日はお疲れさまでした
また聞きたいなぁって思えるコンサートでした
そして一緒に歌いたくなるような楽しそうな子供たちの声
先生の子供達を見る目が完全に我が子を見てる目になってるとこ…
ほんとにこの合唱団に入れてよかったと改めて思ってます
先生に出会えたことに感謝します。

 本当に、今は合唱団の子ども達がわが子のように思えます。素晴らしい出会いに感謝しています。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0