So-net無料ブログ作成

息子の作った短歌 [言葉は言霊]

 今朝、顔を洗おうとして、ふと横をみると、洗濯機の上に一枚の紙切れがおいてありました。なにやら文が書いてあります。3首の短歌が書かれていました。

 もしや・・・と思い、息子に聞いてみました。
「もしかして、これ、お前が書いたんか?」
「そうや」
そう言って、息子はそれをポイとゴミ箱に捨てました。
「ちょっと、これお父さんもらっていいか?」
そう聞いて、短歌の書かれた紙をもらいました。

 その息子の書いたのが、これです。

実りの秋 桃栗三年 柿八年 名前の後ろに 大きな努力

 大学受験で毎日受験勉強に追われている今、自分の体験や希望から書かれたものかもしれません。

山の中 先祖の眠る 墓がある 近づくことなく 離れもせず

 うちのお墓は、山の入り口にあります。近づくことなく、離れもせず。これはまさにその通り。今、ご先祖様とはそういう付き合いです。短歌のことはよくわかりせんが、いい表現だと思いました。

ペダル踏み 足を奮わす 丘の上 坂を下りれば 広がる景色

 学校への往復には、急な峠があります。僕も自転車で通ったので、この気持ちよくわかります。これは学校へ行くときでしょうか。それとも家路に帰るときでしょうか。

 息子は高校3年生。文芸部に所属しています。僕の父も文芸部でした。その血が流れているのでしょう。

 いつの間にか、こういうものを書くようになったのですね。親馬鹿ですが、息子の作った短歌を見て、うれしかったです。今の息子の気持ちが表われているようです。
 死んだ父に見せてあげたかったです。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 2

コメント 2

延岡ツトム

どれもいいですね〜。こういうのは天性のセンスもあると思います。

作詞を頼んでオリジナルの合唱組曲でも作りますか!?
「少年少女のための合唱組曲 目指せ幸せな生き方」なんてどうでしよう?
by 延岡ツトム (2012-09-18 21:33) 

ムッシュ

延岡ツトムさん、ありがとうございます。
息子が喜びます。
合唱組曲、夢ですね。
夢がふくらんでいきます。
by ムッシュ (2012-09-24 07:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0