So-net無料ブログ作成

音楽の授業や気分転換にお勧め。手拍子遊び [授業]

  サッカーや野球などの応援でこういう手拍子、聞いたことがありませんか。

タンタンタタタン タタタタ タタン

音符にするとこうなります。

音譜1.JPG

これを二つのグループで、下のように一拍ずらしてやると、おもしろいのです。

音譜2.jpg

 2年生の音楽で、子供達を二つに分け、こんなふうにずらしてやってみました。最初はなかなかできませんでしたが、2年生でもできてしまいました。コツは、教師が一拍遅らせたグループの方についてあげることです。その手拍子の音声をアップします。

 なんだか、複雑なリズムができているでしょう。
 子供達は手拍子を打つので精一杯だったので、僕はこれを録音して聞かせました。子供達、複雑なリズムにびっくりしていました。

 合唱団では、子供達を3つのグループにわけてやっています。その音声をどうぞ。

 超複雑なリズムでしょ。子供達、喜んでいます。

 これ、リズム感を養うのにとってもいいです。
余裕が出てくると、周りの手拍子の音を聞き、複雑なリズムにのって楽しむことができます。

 音楽の授業などで、歌と歌との間のネタとしていいです。また普段の授業での気分転換にもいいかもしれません。
 手拍子を打つことで、手のツボがしげきされるのか、新鮮な気持ちにもなれます。

前の音楽教育研究大会で学んだネタです。

ps.これ、遊びのように、休み時間にも友達同士で練習しています。なんと3人だけで3パートの手拍子を成功させたグループもいます。子どもってすごいです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0