So-net無料ブログ作成

苫米地式「幸せ脳」のつくり方 [本]

苫米地式「幸せ脳」のつくり方 倍速版

 

 今日は、一日中何度もこのオーディオブックを聞きながら、教室の移動作業をしていました。オーディオブックのいいところは、単純な移動作業の時間も学びの時間にしてくれます。

所々難しいところがあるのですが。結論を言えば、

幸せだと思えば、実際その人は幸せである。
不幸だと思えば、その人は実際不幸になる。

ということになります。

幸せというのは、脳の作り出した、幻想でしかない。
また、不幸というのもそう。
すべては幻想である。

そういう大前提に立って、どうせ幻想を抱くのなら、幸せな幻想を描いた方がいいではないか、という主張だと受け取りました。

今が幸せだと思えば、幸せである。
結局、本人の受け取り方次第、考え方次第だということになります。

 幸せは幻想である。でもその前提になって夢を抱き、ワクワク感を感じることが大切。だって、取り越し苦労ばかりしているより、楽しい夢を考えている方が、幸せですものね。


 斉藤一人さんの「ついてる」「しあわせだなあ」という幸せ言葉を口に出して言うことは、今が幸せだと思うための有力な手段だと思いました。そのことで、そのための理由を知らず知らず、脳はその理由を探しているんですから。

 同時に笑顔もそうです。幸せだから笑顔になると同時に、笑顔になるから幸せな気持ちになる。

 書評では賛否両論があるようですが、個人的におもしろかったです。(でも、好き嫌いがあるかもしれません。)

 大金持ちで権力を持っていても不幸な人がいる。
 逆にホームレスでも幸せそうな人がいる。
 結局どんな環境でも、今の幸せをみつけられる人が幸せになれるんでしょうね。

 どうせ、生きるのです。楽しまなくっちゃ。

苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 (East Press Business)

苫米地式「幸せ脳」のつくり方-「本当の自由」を手に入れる いちばん簡単な方法 (East Press Business)

  • 作者: 苫米地 英人
  • 出版社/メーカー: イースト・プレス
  • 発売日: 2010/05/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 6

コメント 2

ymurayam

私は「幸せと不幸せはいつも半々」(私の幸福論 雑誌PHP 平成16年2月号)という曾野綾子の考えが大好きです。
by ymurayam (2011-04-01 11:13) 

ムッシュ

ymurayamさん、コメントありがとうございます。
「幸せと不幸せはいつも半々」
僕も同感です。
光があるから影ができる。
不幸せがあるから、幸せを感じられる。
どちらも永遠に続くのではない。
だから、不幸せでもその先には幸せが待っている。
ありがとうございます。
by ムッシュ (2011-04-03 18:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0