So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

成長を感じた一日 [合唱]

  今日も広い場所で長めに歌いました。
 お盆前に比べ、明らかに暑さが緩んでいるのがわかります。

 今日は、時々ゲリラ的な雨。
 しかし運動場で歌う時間には、ラッキーなことに雨がやんでいました。
 その隙にどんどん外で歌いました。

 今日は不思議でした。
 運動場なのに、なぜかホールのような響きがあるのです。
 雨で地面がぬれているせいかな・・・とも思いました。
 しかし、声を出すたびに出るいつも以上の反響音がおもしろかったです。

 今日は、子どもたちの集中力が伸びているのを感じました。
 以前に比べ、さっと指揮の方を見ることができるようになってきているのです。
 そんな成長を感じるのが何よりもうれしいです。
 また練習中に笑い声が聞こえるのも、うれしいなあ。
 きっと僕自身の気持ちが変わったからかもしれません。

 しかし、大きくなったり、小さくなったり。これは変わりません。
 たくさんの課題はありますが、充実した一日でした。

 さあ、明日から、ブラスバンド部(午前)合唱(午後)のニ連チャンの夏練がスタートします。
 どこまで前へ進めるでしょう。
 明日のために、早く寝ます。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

まずは子どもありき [合唱]

 今日の練習では、前校長先生が来られました。
 一日空いただけなのに、ボリュームアップした様子に、にっこりされていました。

 いろいろやっていくうちに見えてくるものがありました。
 短い音の中に、いかに母音の響きを入れていくか。これがポイントのようです。
 そのためには、常に母音を意識すること。
 身体を意識すること。
 それを意識できる環境が、響きのない場所であること。
 逆境こそ、成長できる場所なのです。

 さて、昨日のブログを読まれて、ある先生からこんな言葉をいただきました。
目の前の子どもを見て、ありのままを受け止めて、寄り添っていきましょ!!
 まさにその通りです。
 今の子どもたちを見ていきます。
 一緒に前へ進みます。
 まずは子どもありき
 コンクールは、成長していくための手段なのです。

 迷いながら、行ったり来たり。それが僕の欠点でもあり、長所なのかもしれないと今思っています。
 さあ、明日のために、今日も早く寝ましょう。

IMG_6432.jpg

Ps.今のシンボルポスターです。Nコン東海北陸に向け、スケールを大きくするため、ポスターも、スケールを大きくしました。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

前へ、ひたすら前へ!!!!! [合唱]

  今日は、Nコンブロックに向けての夏練二日目。
 スケールを大きくするために、外練習と体育館の時間を長めにとりました。
  理屈よりも行動!!!
 行動量で決まるという予想の下に、どんどん歌わせました。

 すると、響きが少しずつ大きくなっていきました。
 特に運動場で歌うと、校舎に声が反響し、意外と響きます。
 おもしろかったです。

 しかし、ある現象が起きました。
 それは、音程が不安定になること
 響きを大きくすると、上ずる子が出てきます。
 ユニゾン(同じ音)のところの音程がバラバラになってしまいました。
 体育館でその音の修正をしました。

 すると、また、声のスケールが小さくなってしまいました。
 行ったり来たり。その繰り返しです。

 さて、今年の練習では、現任校の先生が何度も練習を見学に来ています。
今日、その先生に二つのお願いをしました。
一つ目は、指導の中で気になることがあったら、教えてほしい。
 僕は指導しているうちに熱くなってしまうので、僕の指導を客観的に見たアドバイスが欲しかったのです。

二つ目は、質問をして欲しい。
 これは、ただ見ているだけでなく、考えながら見る。そしてわからない点をあとで質問するほうが、その先生にとっての成長につながるからです。

一つ目で言われたことは、以前に比べ命令形が多かったということです。
以前は、響きのある声をください。ちょうだい。
という言い方だった。
 しかし今日は、もっと大きな声を出す!!!と言った感じ。
 ありがたかったです。これは僕の焦りが、言葉という形で現れたものです。コンクールへ向けての合唱指導は、自分との戦いでもあります。焦る自分。不安な自分との戦い。
 だから、もっと心にゆとりを持って指導していくことにします。

二つ目の質問・・・。たくさんありました。その中のひとつ。
 僕の指導の熱量と子どもたちの熱量に差があったが、これをどう考えていますか?
という質問に対して・・・。

 本来は僕と子どもたちの熱量が同じになることがベスト。
 でも、現実にはなかなかそうならない。
 僕のやり方は、まず僕自身が熱く指導し、その熱が子どもたちに伝染していく方法だと思う。つまり歌っているうちに、どんどん熱量がふえていっていけばいい。
 そんな答えをしました。

 もっと子どもたちのやる気をうまく引き出す先生はいると思います。
 もっとスマートなやり方ができる先生もいると思います。
 しかし僕は不器用です。だから自分の背中を見せて、少しずつ子どもたちのやる気が自然と湧き出してくるのを待つ方法です。
 まず自分が汗をかく。それを見てやる気を出す子が出てくる。少しずつ少しずつ、それが多数派になることを願いながら、ひたすら歌う。行動する

 その他にもいろんな質問をされましたが、その質問に対する答えの中で、
あ~僕は、今だに左往右往し、悩みながら、前に進んでいくタイプの人間なんだな~
ということがわかりました。
 その先生は、そんなところに惹かれると言ってくれました。

 前へ、ひたすら前へ。行動あるのみ。
 迷いながらも、子どもたちと共に前に進みます。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

Nコン東海北陸ブロックに向けて夏練初日 [合唱]

 今日はNコン東海北陸ブロックに向けての夏練初日でした。
課題は見えています。

声のスケールを大きくする。
言葉
 今日は、その他の問題点も見えました。
 それは、音が取れていない箇所の発見。。
 正しい音程が前提の声です。

 お盆休みの間に、声も音程もふにゃふにゃになっていました。

 しかし、ここからです。
 一旦0に戻して、スタートする気持ちで!!!
そんな思いを新たにしました。

 今日は、スケールを大きくするために、運動場で練習しました。
 その後、体育館へ。
 お盆休み前に比べて、なんだか暑さがゆるくなっている感じがしました。
 季節はめぐっているのです。
 時間は待ってくれません。
 あせる気持ちとの戦いが始まりました。
 今から、ここからスタートです。

一日生きることは、一歩進むことでありたい。湯川秀樹

明日は、そんな気持ちにさせてあげたいです。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

人の力を借りる [幸せに生きる]

  いや~~~、今日もがんばりました。
 Nコンブロックに向けての準備、がんばりました。
 明日からいよいよ練習再開です。

 今、同時に大きなプロジェクトも進行中です。
 僕の力だけではやりきれません。
 今回は保護者の皆さんのお力をお借りしています。
 大きな仕事を丸ごとお願いしました。
 快く動いてくださっています。
 ものすごい方々がいることがわかりました。
 本当に僕は恵まれています。
 ただただ感謝です。

 人間、優れた仕事をするためには、 自分一人でやるよりも 他人の助けを借りるほうが、良いものが出来ると悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。アンドリュー・カーネギー

 こんな成長をしていく時期にさしかかっているのかもしれません。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

他喜力 [幸せに生きる]

  今日は合唱練習・臨時の保護者会とあり、今戻ってきました。
他喜力。
自分に必要な力です。
人の喜びを力にする
そのことで、大きなパワーが生まれます。
そういう意識変革が必要です。

 たくさんの力が必要なことが起きました。
たくさんの保護者のお力が得られました。
すべては、子どもたちが喜ぶ顔がエネルギーの元。
今、自分の器を大きくするチャンスです。

ただただ感謝です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

今日はひらめきがありました [幸せに生きる]

  今日は、Nコン東海北陸に向けての準備の一日でした。
 細々とした準備物が少しずつそろい、それらが一つの形になってきました。
 それに向けて、僕の心の準備もできつつあります。

 そんな今日、、僕の中に、あるひらめきがありました。これからの合唱団の新たな展開です。急いでメモし、即、行動に移しました。こんな時の僕の行動力はすごいです。我ながら感心します。でも、これは合唱を通して培ったもの。後天的なものだと思います。

 コンクールも大切だけど、それ以上に、合唱団をより良くしたい。
 より楽しいものにしたい。
 大切なのは、合唱を通して、一人一人がしあわせになること
 それは、子どもたちもそうだし、関わる人たちにも、そうあってほしい。
 だから、合唱団の仕組みを変化させることにしました。

 今日はいろんな方面に打診し、うまく行きそうな感じ。また本決定したら大発表をします。

 大切なのは、今の状況にあわせ、変化すること
 そのことが、新たな成長を生むような気がしています。
 よどんだ水は、悪臭を放つようになります。
 新しい流れ。変化を生んでいきます。

 そこから僕の中に新たな想像や夢が生まれてきました。
 変化します

最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である チャールズ・ダーウィン 

人間は想像できる事なら どんなことでも実現できる ヘンリー・フォード

自分で何かを変える努力をしないと、世の中は変わってくれない。いつまでも、人のせいとか世の中のせいにしてちゃダメだよね 唐沢寿明

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

ムダにならない勉強法 [本]

今日は、思いもよらないほど、どんどん合唱関係の仕事がはかどりました。
仕事というよりは、ゾーンに入って夢中になっていたといった方がいいかもしれません。

昨年度の合唱団の記録映像、未編集のものを一気に何本も仕上げました。
かつての思い出がよみがえり、楽しい作業でした。

また9月に新団員募集をかけるため、チラシ作成作業を行いました。
先ほど印刷会社に発注を終えたところです。
両面カラー印刷、1000枚で、3000円ちょっと。
下手に自分で印刷するより、手軽で安い時代になりました。ありがたいです。

こんなふうに、活動したのも、この本を読んだからです。
ムダにならない勉強法

ムダにならない勉強法

  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: Kindle版

刺激になるいい本でした。
学んだことを3点書いて見ます。

インプットよりもアウトプットが大切。
 情報が溢れた現代、無計画なインプットをするよりも、アウトプットすることが大切。アウトプットを前提にしたインプットをすることで、成長につながっていく。

アウトプットとは・・・
 人に話したり、こういう形で書いたり。実際にやってみたり・・・
 つまり行動すること。
インプット→アウトプット→インプット→アウトプットの繰り返しで、成長が促される。

フィードバックが必要
 インプット→アウトプットの後にフィードバックすることが大切。つまり効果があったかどうかの振り返りである。そのことで、やりっぱなしを防ぎ、自分の成長に効果がある方法を習慣化に落とし込むことができる。

 こうやって書いている文章は、この本から学んだことを、自分の脳みそから引き出して書いています。だから原文と違う表現になっていることもあるかと思います。
 しかし、インプットし、自分の言葉で発信することで、学びが自分のものになるとのこと。また3つに絞るということも大切だということも書いてありました。3つ以上は覚えられない。

 学びを行動に移すことが大切だということが、貫かれている主張。。
だから今、僕は、このブログでこの本からの学びをアウトプットしています。
今日のビデオ編集やチラシ作成も、アウトプットです。

 インターネットは情報の宝庫です。しかし、漫然とネットサーフィンをしていても、成長につながりません。学びもそうです。行動に結びつけるインプットをすること。

僕の今の学びのキーワードは
 合唱 人間性 チーム リーダー 成長 楽しさ 
それは、しあわせに生きるため。 

めあてをもったインプット&圧倒的なアウトプット(行動)によって、まだまだ成長します。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

25年間「落ちこぼれチーム」を立て直し続けてわかった マネジャーとして一番大切なこと [本]

  今日からボチボチと後半戦に向けて、活動を始めました。

送迎アンケート・・・合同チームですので、送迎一覧表の作成のため。
NHKの書類・・・Nコン東海北陸に向けての書類作成
合唱練習の備品(スクリーン)修理。

少しずつ、そういうモードに高まっていくのを感じました。

今日は、これらの作業を、このオーディオブックを聞きながら行いました。

25年間「落ちこぼれチーム」を立て直し続けてわかった マネジャーとして一番大切なこと

25年間「落ちこぼれチーム」を立て直し続けてわかった マネジャーとして一番大切なこと

  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2018/02/15
  • メディア: Kindle版
  何度も聞きなおしました。それほど、いい内容です。マネージャーを、指導者や学級担任に置き換えても通用する内容だと思いました。
いくつか心に残ったことを書いてみます。

強いリーダーより、応援されるリーダーが実績を残す。
 強いリーダーシップでチームを率いる人は、最初は勢いがいい。しかし頭打ちになる。メンバーは、リーダー以上になれないから。しかし、応援されるリーダーは、チームのメンバーが何とかしようと動く。それがチーム全体の力となる。

チームのメンバーの方に、目を向いていることが大切。
 上の方針や自分の体裁などではなく、メンバーのしあわせや成長に目を向けていることが大切。メンバーは、リーダーがどこに目を向けているか、敏感に見抜く。

2・6・2の法則
 チームでの成績を上げているメンバーを分けると以下のようになる。
2割(好成績)6割(中間層)2割(低成績)
 どこを伸ばすのが一番、いいか。
それはずばり6割の中間層。ここのメンバーを伸ばすことで、チーム全体が伸びる。
 これは、学級経営でも言えること。中間層は、ほめられも、おこられもしない層。だからこそ、目をかけることが大切。伸び幅が一番大きい層でもある。

これらは、合唱指導でも言えることです。
この本から学んだことを、次のように行動していきます。
・応援されるリーダーを目指す!!
 それは、甘く優しいというのではなく、
 常に子どもたちのしあわせや成長を一番に考えること。
 一生懸命行動すること。
 上手な子。問題点のある子だけに注目するのではなく、
(その傾向がありました)
 中間層、一人ひとりに目をかけ、声をかけていきます

まずは自分自身が変化・成長することが大切だということを教えてくれました。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

あ~~夏休み [幸せに生きる]

  今日も完全オフの一日。
 白峰へ行きました。
 今日は、ここでランニングと温泉を楽しみました。

IMG_6415.jpg
 国道ですが、あまり車が通りません。ここをゆったりと二時間のランニング。
 車は来ませんが、時折ブトがまとわりつきます。

IMG_6417.jpg

 途中、2ケ所の神社に参拝しました。
どうかみんながしあわせになりますように
 霊水を飲み、ランニングを続けます。しあわせな気分が押し寄せます。

IMG_6418.jpg
 その後は、ここ。白峰温泉の総湯です。

IMG_6422.jpg
 ここの湯の泉質が大好きです。湯がつるつるしています。
 露天風呂に入ったり。サウナに入ったり。水風呂に入ったり。外でボーーっとしたり・・・。そんなことを繰り返しているうちに、身体と心から変なものが一掃された気分になりました。

 ふにゃふにゃになりながら、いい気分で帰途に着きます。

IMG_6423.jpg
 帰りは、白峰で、もつ煮込みうどんを食べました。最後はご飯をいれ、おじやに。

 そして夜は、家族で焼肉。今戻って来ました。

 こういう中でも、将来の夢や合唱団のことがわくわくと温泉のように湧いてきます。

 人生、楽しいです。
 あ~~夏休みです。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | -