So-net無料ブログ作成
検索選択

合唱団、これからの展望 [合唱]

 前任校の合唱好きな子どもたちの受け皿としてつくったコマツHAPPYMELODY児童合唱団ですが、これからの展望を書いてみたいと思います。

 僕のビジョンは、うちの合唱団が、市内の小中学生で合唱をやりたい子の受け皿になること。小中とも合唱をやる環境がないのです。
合唱を好きな子が合唱を楽しめる場所になればいいなと思っています。

 また、合唱を通して、次の世代を育てること。
学校教育ではできないことが、合唱を通してできるような気がします
それは、歌を通して、ひとつになれること。協力すること。それは歌うことで自然と体験していけます。心の成長。人としての成長。そんなことのお手伝いができればいいなあ。

 小中高大人という合唱の流れをつくるお手伝いもしていきたいです。このすばらしき合唱という文化がずっと続き、広がっていくように。歌の広がりは、人の心にしあわせを広げることになると思うからです。

 歌を通して、みんながHAPPYになれること。
 それが一番の根っこにあることです。
 だからコマツHAPPYMELODY児童合唱団という名前なのです。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ブラボー!!! [合唱]

  今日はすごく豪華でおいしいフルコースの料理を食べた気分です。
 ある合唱団のコンサートを見に行ったのです。
 僕が大好きな歌声です。
 目標としてきた歌声です。

  いいものを見ると、上達します。合唱団の希望者を連れて電車で行きました。保護者の方も一緒に何人も来てくださいました。
 車で連れて行ってもらった団員もいます。総勢40名近くがおじゃましました。

 本当に行って良かったです。

 そこには、明るい歌声が待っていました。
 聞きほれるような声がありました。
 言葉がはっきりと伝わってきました。

 時には突き抜けるような声。
 少ない人数でも、広いホールの空間全体の空気を包むようでした。
 動きがさらに歌声をお日さまのように輝かせます。

 下は小学校の低学年から上は中学3年生までの歌声。
 小さい子の声は、自然な声です。それがだんだん年齢と共に、美しく清らかに変化していきました。その変化の様子が良くわかりました。
 ただ共通していることがあります。それは声が明るいということ。
 声の明るさって、とても大切だなあと思いました。

 歌声がどんどん僕の心の中に入ってきました。
 そして、最後の方になると僕の心をブルブルと震わせていきました。
 知らない間に、涙が流れていました。

 本当に心に染みるコンサートでした。
 中学3年生は、高校受験に備えて、このコンサートを機に、しばらくお休みになるとのこと。この子達は、小学校3年生の頃から知っています。その成長した姿に、また涙・・・。

 本当に涙・涙のコンサートでした。
 合唱はすばらしい。音楽はすばらしいと歓声をあげたくなるようなコンサートでした。

 この合唱団は外部となり5年目となります。うちは2年目。未来の目指す合唱団の姿がそこにありました。

 本当にすばらしいものを聞かせていただき、ありがとうございました。
 合唱団のみなさん、そして保護者のスタッフのみなさん、そして指導者の先生に、
ブラボー!!!
 
 音楽はすばらしい!!本当にありがとうございました。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

どんどん伸びろ!!! [合唱]

  今日は、合唱団の練習でした。
 びっくりしたことがあります。
 僕が公民館に行った時、子どもたちは勝手に練習を始めていたのです。
 自分達でいろんな曲をアカペラで練習していました。

 公民館の鍵を開けてくださっている方も、驚いていました。
 先生、この子達すごいですねえって。

 自分達でやるという動きは昨年度からありました。
 自分達で集まって練習したり、自分達で、練習させてくださいって、先生方にお願いしたり。
 そんな先輩の様子を見て、今年はさらにそんな行動がパワーアップした感じです。

 特に6年生リーダー4人の動きは、すばらしいです。

 学校でミニコンサートをさせてくださいって、
校長先生や担任の先生にお願いしたり・・・。
 歌う曲を考えたり・・・。
 企画書を書いたり・・・
 コンサートの司会原稿を考えたり・・・。

 もうビックリ仰天でした。

 来週、学校でミニコンサートをする予定です。
 自分達だけでどこまでやれるでしょうか。

 自分達で行動することに意義があります。
 僕が離れたからこそ、ついた力だと思います。

 子どもってすごいです。
 どこまで、伸びていくのでしょう。

  どんどん伸びろ!!子どもたち!

PS.それを認めてくれる前任校の先生方、本当に温かいです。深く深く感謝です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

違いのわかる男 [合唱]

 今日は合唱団の練習がありました。
 音取りをしています。
 時には、難しいところを、あえて一人一人順番に歌わせます。

 驚いたことが二つあります。
 一つ目は、自分自身、わずかな音の違いがわかるようになったことです。微妙な音の違いを違和感として感じられるのです。

 もう一つは、音のとれなかった子が、ずいぶん音をとれるようになったことです。

 練習を重ねることで脳に刺激が入り、その刺激が重なることで、それが束のようになる、ということを聞いたことがあります。

 そんな束が自分の脳の中にできたのかなあと思います。音のイメージが自分の中にあるのを感じます。

違いのわかる男!(笑)になれた・・・かな?

 新年度でヘロヘロだったけど、そんな成長がみられ、うれしい合唱練習でした。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は合唱団にとって、歴史的な日でした [合唱]

  今日は、うちの合唱団にとって歴史的な日です。
なんと、あの福井ソアーべ児童合唱団の女先生が、うちの合唱団にやってきたのです。

 福井ソアーべ児童合唱団は、僕が目指す合唱団でした。

  故坪口純朗先生は、僕のあこがれの人です。年配の人で、あれだけかっこよく生きている人を知りませんでした。
  そしてその奥さんである女先生は、これまた僕を温かく見守ってくださる観音様のような存在です。

 合唱を続けていく中で、ず~~~っとソアーベが僕の中にありました。

 しかし今は、ソアーべとは違う感じの合唱団になってしまいました。
ソアーベが温泉のようだとすると、今の僕の合唱団は、熱湯です。なんせ僕自身が熱血ですので。
 それをどう思われるか、ドキドキしながらの指導でしたが、「わたしはリンゴ」のように「わたしはワタシ」と思いながらの指導でした。

 富山から古くからの友人であるS先生も参観に来てくださいました。
 まるで同窓会のようです。
 二人が温かく見守る中、次第に持ち前の血が騒ぎ、今日も熱血指導をしていました。

 最後に女先生の伴奏で僕が指揮をふり、みんなで、ソアーベの名曲「わたしはリンゴ」を歌いました。坪口先生に届くよう願いながら、指揮を振りました。指揮を振りながら、胸が熱くなりました。

 みんなで記念写真を撮りました。合唱団にとってこれは歴史的な写真です。

IMG_2875.jpg

 あとで3人でお食事会をしました。
 女先生から、指揮が上手になりましたね。とおほめの言葉をいただきました。心からうれしかったです。そして3人で、ソアーベの思い出話に花が咲きました。

 ソアーべとは、違った合唱団になりましたが、しかし僕の心の奥底にはソアーベの魂が流れています。

 音楽を通して人々を笑顔にしていくこと。
 ソアーべから学んだことです。
 今日は合唱団にとって、歴史的な一日でした。

ps.熱湯から更に別のものに進化していきます。サウナとか薬湯とか寝湯とか・・・。露天風呂も備えた効能いっぱいのムッシュ温泉を追求していきます。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ハンカチ理論 [合唱]

  何の本で読んだのかは記憶にありませんが、僕の中にハンカチ理論というものがあります。
 ハンカチのつまみやすいところを持ち上げたら、他の場所も同時に持ち上がっていく。
というものです。

 つまみやすいところというのは、好きな分野。そこが持ち上がると、他の能力も一緒に伸びていくというものです。
 
 僕の場合は、合唱指導です。好きだから、どんどん追求していきました。すると、もっといい音楽をつくりたいという気持ちになりました。

そして、楽譜を読む勉強を始めました。
指揮練習も始めました。
子どもとの新しい対応の仕方も勉強しました。
リーダー論も勉強しました。

 そんなことをやっているうちに、他の能力も上がっていったような気がします。

 合唱団の子どもたちも、好きな歌をどんどん追求して欲しいと思います。
 すると、他のことも伸びていくものだと思います。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

指揮の威力 [合唱]

  今日は離任式でした。
 サプライズで、子どもたちに卒業式の歌を歌わせようということになりました。
 そして突然、指揮を頼まれました。

 朝の声出しなし。
 春休みの真っ最中。
 しかも一発本番。

 まだまだ新参者ですから、断るわけにもいきません。
 挑戦のつもりでやってみました。

 すると、どうでしょう。子どもたちは、僕の指揮に応えて歌ってくれるではありませんか。

 伸ばすところ。
 息を吸うところ。
 クレッシェンド。
 お腹から出すところなど。

 歌に表情がつきました。このコンディションにも関わらず、いい歌になったのではないかと思います。

 改めて思ったことがあります。それは指揮の威力です。
 指揮は言葉以上のことを伝えることができるのだなあ・・・と思いました。

 もっとうまくなれば、まだまだ子どもたちの歌声を伸ばすことができそうです。指揮の技術、まだまだですが、指揮の持つ力を感じた離任式でした。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

強い決意 [合唱]

 今日、合唱団の練習がありました。
 今日は、新6年の中から、団長を選びました。
 一番思いの強い子を選びました。
 そして、みんなが認めました。それは、みんなで支えていくという意味を持ちます。
 副団が3人。団長をフォローします。強い思いでフォローします。
 
 みんなで強い決意を持ちました。

 強い思いは、行動を促します。
 大切なのは、行動すること。

 強く願い行動すれば、現実を引き寄せます。
 
 新しい挑戦のスタートです。

「実現できる、やり遂げるのだ」と決断せよ。 方法を見つけるのは、それからだ。
エイブラハム・リンカーン(政治家)

勝てる、と思えば勝てる。勝利には信念が必要なのだ。
ウィリアム・ヘイズリット(作家)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ただただ感謝です [合唱]

 今日、前任校に所用があって行きました。
 すると声楽アンサンブルの賞状と楯がメッセージつきで職員玄関に飾ってありました。横には美しい花が並んでいました。

 先生方が合唱団を大切に思い、応援してくださっていることを感じました。

IMG_2841.JPG

 また、職員室に入ると、
おめでとうございます。
の声。
 本当に心からうれしかったです。
 これからも合唱団を通して、学校に地いきに貢献していきたいという気持ちを、また強くしました。

 団員募集のチラシを3年生以上全員分置いてきました。
 明日配られる予定です。
 前任校を中心に、この歌声がどんどん世界に広がればいいなあと思っています。

 ありがとうございます。ただただ感謝です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

福島観光 [合唱]

昨日、僕たちの全国アンサンブルも被災地コンサートも終わり、今日は午前中、すっぽりと空きました。

IMG_2788.jpg

  そこで、福島観光をすることにしました。
過去2回福島へ大会で来ていますが、そのいずれもが、大会と被災地訪問のみで、福島らしいところへは、行ってません。バスをチャーターしているので、どこへでも行けます。そこで選んだのが、野口英世記念館です。

子どもたちにはお札の人のところへ行くよと言いました。すぐにわかりました。

  向かう途中、磐梯山がきれいでした。この山を見て、野口英世は、志を育てていったのでしょう。

IMG_2792.jpg

  野口英世は、すごい人です。左手の大火傷というハンデにも関わらず、努力を積み重ね、世界的に誇れる活躍をした日本人です。その人の生き様を見て見たいと思ったし、子どもたちにも見せたいと思ったのです。

IMG_2800.jpg

 行ってみて、本当に良かったです。野口英世の功績のすごさがよくわかりました。そして数々の名言が心を打ちました。

志を得ざれば再び此の地を踏まず

IMG_2801.jpg

これは、英世が生家の柱に刻んだ言葉です。
こういう思いの強さがあったからこそ、数々のことが実現できたのです。

合唱団の子どもたちにも言いました。何事かをやろうと思ったら、強い思いが必要だということ。そして強い思いは、夢を現実に引き寄せること。

それは、その後の展示で英世が次々と証明していました。
細菌学の研究に主に従事し、黄熱病や梅毒等の研究で数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前があがるほどの功績が記されていました。

天才なんてあるもんか。誰よりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ

IMG_2807.jpg

 この名言が勇気をくれました。
才能より努力すること。勉強すること。それが大切だということを教えてくれました。

そのことは、英世が証明していました。
そして身近なところでは、合唱団の6年生が証明しています。本当に努力し、行動する6年生でした。だからこの一年、大きく伸びました。その成長が証明です。
見学後、そんなお話をバスの中でしました。
同時に、ぼくも勇気を得ました。
天才なんてあるもんか!!

   その後、鶴ケ城へ行きました。個人的に最近は忙しくて、旅なんてしていません。観光地はひさびさです。良い天気の中、合唱団の子どもたちとこういう観光地を廻れるなんて、しあわせだなあ・・・と思いました。
天気の良い中、城をバックに、記念写真。
合唱団の子どもたち、思い出になるだろうなあ・・・

IMG_2821.jpg

  そしてぼくの中にも・・・
ほんとうにしあわせです。

帰りのバスの中にて


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog