So-net無料ブログ作成
検索選択
行事への取り組み ブログトップ
前の10件 | -

日々、全力投球です [行事への取り組み]

  日々、たくさんの書類と格闘しております。

  まずNコン関係の書類。
 練習日程関係の書類。
 送迎計画関係の書類。
 ブラスバンド部関係の書類。

  特にブラスバンド部は、Nコン全国大会当日、コンサートがあります。それに対して、万全の準備をしておく必要があります。迷惑はかけられません。
 ブラスバンド部の保護者会もそのために早めました。
 それに伴い、先の先まで計画しておく必要があります。

  合唱とブラスバンド部。二つのチームを抱え、やること満杯!!

 自分ながら、よくやっているなあと思います。
 唯一、授業がそれらを忘れられる時間です。
 日々、全力投球です。

  合唱指導だけしていればいいのではなく、これら諸々のことを含めたことが全国だということがわかってきました。体力勝負です。

 「今は、全国へ出るために、その器があるかどうかを試されている時だ」と思っています。そして、これらは、きっと僕の器を大きくしてくれるものだと信じています。

  さあ、今日は早く寝ましょう。

nice!(3)  コメント(0) 

なせばなる!! [行事への取り組み]

 今日は、現任校の卒業式でした。
 心配していた歌ですが、子どもたちやってくれました。
 クレッシェンドや響きのある声など、やることをきっちりとやってくれました。厳しい条件の中でしたが、いい歌が歌えたのではないかと思います。

 来賓の方からおほめの言葉があったそうです。
 また君が代の声がきれいだったということも聞きました。

 練習時間が少ないという条件の中、一度はあきらめかけたのですが、挑戦!!という意識に変えました。
 
 今日も卒業式前、10分の練習時間をもらいました。
 その時間にできることは何か、ポイントを絞りました。
 そんな与えられた条件の中、精いっぱいのことができました。
 子どもたちもがんばりました。

 何事もなせばなる!!です。


想定内の結果 [行事への取り組み]

 昨日はうまくいった卒業式の歌の指導ですが、今日の練習では、歌声は落ちていました。特に響きが落ちていました。想定内のことでしたが、やはり、回数の少ないのは厳しいなあと感じました。

 前の学校では、毎回10分という短い時間でしたが、何回も練習させてもらえ、定着できたのですが、一回の指導では、すぐもとに戻ってしまいます。

 今日は、校歌と君が代の指導をさせていただきました。
 新5,6年生のお手本のおかげで低学年の歌声も美しくなりました。

 指導して、僕が前にたてば、歌声は変わります。しかし、通しの練習では、歌が進むごとに、また元気な歌声になっていきました。

 今の学校は、一年目。
 高学年の歌声は美しくなりました。あとの課題は、息です。息を流せば、響きも大きくなるはずです。
 低学年は、別の歌声です。

 この卒業式の練習で、どこまで歌声が融合できるでしょうか。

 でも子どもたちは真面目に取り組んでくれます。

 今年は与えられた環境の中でやるしかありません。
 今からここからスタートです。


卒業式の歌の指導 [行事への取り組み]

卒業式の歌の指導
綿密な作戦を練り、大丈夫でした。

 並び方を確認し、言葉の指導後、与えられた35分の時間で、いかに効率よく二曲の指導をするか。朝から、綿密な作戦をたてました。

歌を劇的に変えるには、・・・山場で大きく響かせること あとは美しく
そのメリハリをつけることに焦点をしぼりました。

在校生の歌は、「この星に生まれて」です。

指導でも、メリハリ・テンポ・ほめるを意識しました。

ラストの三部のエンディングを、徹底的に繰り返しました。
合言葉は、ここさえ響けば大成功

そして響きの大きさがわかるように騒音測定器で、数値を測定し発表しました。
繰り返すごとに、数値が上がり、声のボリュームと響きが増していきました。

また、歌詞があいまいな子もいるので、
0.1秒でこたえましょうと言って
テンポ良く1題目、2題目の歌詞の確認を何度もしていきました。

あとは、中学生になった気持ちできれいに歌いましょう。
それで歌に表情ができました。

校歌も山場を徹底的に繰り返し、騒音測定器で数値を発表していきました。
響かせるポイントは、次の三つです。
腹・口ラッパ・校章

 そんなポイントをおさえながら、やっていくと、やはり迫力のある響きになっていきました。数値があがるごとに、子どもたちも歓声をあげました。

 最初はきれいなだけだった歌が、メリハリのある歌声に変わったように思います。
 他の先生方も歌声が変わったと言って下さいました。

 今回の結果は、今までの授業での積み重ねが大きかったように思います。大切なのは、授業だと改めて感じました。頑張ってくれた子どもたちに感謝です。

 ただ、急激に変わったものは、急激に元にもどるものです。
 今日の指導の歌声が、卒業式で出せるかというと、?です。
 やはり繰り返しの練習が必要です。

 しかし、あと卒業式まで指導する時間がなさそうです。
 明日の通しの練習。明後日の総練習での歌声を聞いて、様子を見ていきたいと思います。

 しかし追い詰められるとやれるものです。何事も成せばなる!!現状をうれいて嘆くのではなく、今の現状で、できるベストのことをやる!!

 自分自身、本当に良い勉強になりました。


ところ変われば [行事への取り組み]

  異動し、学校が違うだけで、こんなにも違うのか・・・と驚きの一年でしたが、最後にまた、驚いています。

 高学年の卒業式の歌の指導を任されました。
 その合わせ練習が一時間(45分)しかないのです。

 その一時間に以下のことをすることになっています。

並びの場所の確認
言葉の指導
在校生の卒業式の歌の指導
校歌の指導
一連の流れ。

 そして、あとは水・木の流れの中で通し、本番です。

 歌の全体指導が1時間もないのです。
 しかも2曲も。

 前の学校との大きな違いに驚いています。
 
 一年の中で一番の大切な行事である卒業式。
 その中で大きなウエイトを占める歌の指導が、こんなにわずかな時間しかないとは・・・。

 正直、ドキドキしております。
 しかし、新参者としては、与えられた条件の中でやるしかありません。

 挑戦の日々です。

PS.前の学校に祝電をもって行きました。その時、こんなお話しを聞きました。卒業式の歌の練習の時、合唱団の子どもたちが前に出て、お手本で歌ったとのこと。
 うれしかったです。子どもたちに負けないよう、僕も顔晴ります。


行動あるべし [行事への取り組み]

今日は、どんどん行動しました。

・被災地コンサートの打ち合わせ
・全国大会の補助金の書類作成
・全国大会の部屋割りと詳細なスケジュール作成。

そして来年度の構想を立て、メールで保護者にお知らせまでしてしまいました。

一つ一つはエネルギーがかかるものばかり。でもやりだすとどんどんエネルギーに拍車がかかり、次々にできてしまいました。

 できるときに、どんどん行動。
 行動あるべし。

人生の目的は行為にして思想にあらず トーマス・カーライル
「まず動く」。そこからあなたの新しい人生が始まります 多湖輝
まず何よりも肝心なのは、思いきってやり始めることである ヒルティ


今日は現任校の「6年生を送る会」でした [行事への取り組み]

 今日、現任校の6年生を送る会がありました。
 わが町防犯隊のみなさんや保護者の方もたくさん見えられていました。

 今の学校は、入学式・卒業式以外に、保護者に発表会を見せる場面が少ないです。そういう意味では、おそらく一年の中で最大級のイベントだと思います。

 僕は音楽関係で、以下の発表に関わらせていただきました。

4年生の歌「365日の紙飛行機」
5年生の合奏「威風堂々」と合唱「あすという日が」
6年生の合唱「TOMORROW」三部合唱

 いずれも、赴任して一年目の指導にしては、まあまあの出来だったと思います。
 もっと響きと表現のある発表にするには、積み重ねと、僕自身の指導力が必要でしょう。

 「威風堂々」の合奏では、新しいチャレンジをしました。
 最初はリコーダーと小太鼓とピアノ。
 曲が進むにつれ、
  ピアニカ
  シンバル
  タンバリン
  木琴
  アコーディオン
  鉄琴

 こんなふうに楽器が増えていく構成にしました。
 
 そして最後には、ティンバニー・コルネット(トランペットの親戚)も入れてみました。
 おかげで最後は大迫力の演奏になりました。
 ブラスバンド部のある学校ならではです。

 どの学年も、一生懸命にやってくれました。
 これは、先生方の学級経営の賜物です。

 6年生を送る会。
 ようやく僕がお役に立てる機会でした。
 ちょっぴり頼りにしてもらえるようにもなりました。
 新しい学校で少しずつ少しずつ、僕の居場所ができつつあるようです。

 明日、前任校の送る会です。
 合唱団の子どもたちも得意分野でがんばってほしいです。


ブラスバンド部、最後のコンサートに向けて [行事への取り組み]

 今日も、放課後、ブラスバンド部の最後のコンサートに向けて練習しました。

今回のテーマは、音と光のファンタジー。

朝早く行き、暗い中、体育館でミラーボールを点けてみました。
これが、フラッシュをたいたときの画像。
天井まで光が投影されています。

2016-12-09_07-01-43_453.jpg

そして、これがフラッシュをたかずに撮った画像。

2016-12-09_07-01-56_168.jpg

なかなかのもんだと思いませんか。
広い体育館の中をたくさんの光が自由奔放に踊っていました。
これは、使えます。

ちなみに本番は、下の窓も封鎖します。

今日は、体育館で、3時から練習をしました。
暗幕を張り、真っ暗にしてやってみました。

プロジェクタで映される映像がきれいでした。

ミラーボールを点けたとき、子どもたちから
わ~~~
という歓声が沸きました。

 これは、ふるさとの二部合唱の時に使います。
 体育館を真っ暗にして、プロジェクタに映される歌詞入りのふるさとの映像とともに、ミラーボールが輝きます。
 音で反応するので、子どもたちの歌声で、どんどん色が変化します。

 今回のコンサートは、歌あり、バンド演奏あり、9種類の映像あり・・・と様々な趣向を凝らしました。

 だんだん形になってきました。
 
  合唱団での今までの経験が生きています。新しいことにも、挑戦しています。それは、きっと今後の僕の様々な活動に生きてくいく予感があります。

  しんどいけど、観客よりプレーヤーの方が楽しいです。

 あと2回の練習で本番です。


残るはブラスバンド部のコンサート [行事への取り組み]

 合唱団のコンサートも終わり、あとは、ブラスバンド部のコンサートを残すのみとなりました。
 しかし、これが労力的に、最大級になりそうです。

  まず音楽性を高めていくこと。
 次に映像を作ること。
 そして、光で演出するための周到なリハーサルが必要です。

 しかし時間がありません。
 あと6回の練習で本番です。

 映像の方は、合計9本用意します。
 現在7本まで完成しました。

 演奏の方も、少しずつよくなってきました。
 あとは会場を暗くし、プロジェクタをつけたり、ミラーボールを使ったり、スポットライトを使ったり・・・
 その効果のほどを試す必要があります。

 やらなければならない・・・ではなく、
 攻めの姿勢で、楽しみながらつくりあげたいと思っています。


ブラスバンドのコンサートに向けて [行事への取り組み]

 ブラスバンド部の最後のコンサートが12月14日にあります。
6年生にとって最後のコンサートです。
また、ブラスバンドにとって今年度最後のコンサートということもあって、気合が入ります。

今回のテーマは、音と光。
今のメンバーと限られた時間の中でできる範囲でいい音楽を聞かせたい。まずそこにベストを尽くしたいと思っています。

そして、光を演出に加えること。
そこで、買ったのが、ミラーボール。
昨日とどいたので、音楽室で試運転してみました。

2016-12-02_08-33-20_012.jpg

これが広い体育館でどこまで威力を発揮するか。
やってみないとわかりません。

もう一つの光の演出があります。
それは、映像を駆使すること。

当日は体育館を真っ暗にし、演奏のバックに曲に関係する映像を流すつもりです。
今日はその映像作りに集中しました。

4本の映像を作りました。

オープニング映像・・・コンサートの最初に流す映像です。派手派手です。
ビートルズ映像・・・ビートルズの紹介映像。たくさんの曲が次々と流れます
日本の歌映像・・・教科書に載っている文部省唱歌映像。これも次々と流れます。
ふるさとPV・・・ふるさとの2曲目からバックに流す映像です。ずっと昔の写真。先輩たちの写真。地いきの写真を入れました。

いずれも2分ちょっとの映像です。
これらの映像を間にはさんだり、入れたりしながらコンサートを構成します。

音と光で夢の世界に。そうできたらいいなあと思っています。

あと4本の映像作りが残っています。明日明後日が勝負です。

楽しみながら、コンサートを作っていきたいと思っています。

PS.明日明後日と合唱団のコンサートも連続してあります。合唱団の年内最後のコンサートになります。最後の山場です。


前の10件 | - 行事への取り組み ブログトップ