So-net無料ブログ作成

絶対に諦めちゃだめ [名言]

がんばり過ぎちゃだめだよ。
自分が追い込まれてしまうよ。
でも、絶対に諦めちゃだめ。
諦めた瞬間に、幸福の種が飛んで行ってしまうから。
さだまさし(シンガーソングライター)

 さだまさし、大好きなシンガーの一人です。
がんばり過ぎちゃだめ
無理したらだめ。
 これはよく言われる言葉です。

でも、絶対に諦めちゃだめ。
 これは、日常ではなかなか言われない言葉です。

 でも、さだまさしさんの言葉だから、重みがあります。
 なぜなら、さだまさしさんは、映画「長江」の制作で35億円という!借金を抱え、そこから復活してしまったからです。

だから僕も、どんな状況に陥ろうと諦めない。絶対に諦めません。
諦めた瞬間に、幸福の種が飛んで行ってしまうから。

あきらめないで続けていけば、またチャンスは必ず訪ます。
大切なことは、続けること。
無理にならないよう、日々の習慣にして続けることだと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行すること [名言]

平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが非凡なのである。アンドレ・ジッド(フランスの小説家)

 この名言は、この毎日続くことを飽きもしないで、やり通すことが、非常に素晴らしいことだと言っています。

 平凡なことでも毎日飽きもせずにコツコツ繰り返すこと。そうすれば、必ず高みに登っていくことが出来る。非凡になっていくものだと信じています。

 イエローハットを創業された鍵山秀三郎さんのトイレ掃除がそのいい例です。

 平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行すること。考えると、これはすごいことだと思います。

 合唱に例えると、立ち方・口の形などの基本を、平凡な気持ちで実行できること。
 それが非凡を生みます。

 僕はまだまだその領域には行っていません。
 だから僕は飽きもせずにコツコツ繰り返すのです。
 このブログもその一つです。

 平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行すること
 それが、人の器を育てていくものだと思います。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

善の心と悪の心 [名言]

 なんらかの善を心の裡に持たない悪人はなく、なんらかの悪を心の裡に持たない善人もない。アディソン

 人の心には、善の心と悪の心があります。
 どんな善人といわれる人の中にも悪の心があると思います。
 逆に、悪人といわれる人の中にも善の心があると思います。
 そのどちらを出すか・・・。
 つまりどちらを行動するか、が大きな問題だと思います。

朱(しゅ)に交われば赤くなる
という言葉がありますが、どちらを行動するかは関わる友だちとも関係します。

とってもいい子でも、友だちと一緒になって、悪い行動をする。
逆に、悪い子と言われる子でも、別の友だちといるとすなおな行動をする。

おもしろいものです。

そのどちらの行動を引き出すか・・・。それが指導者の役目かなと思っています。

 まずその子の存在自体を認めること。大切に思うこと。
その上で、善の心。お日さまの行動を引き出すことが大切。

そして善の心で行動する子が過半数を超えたとき、その集団は、明るく前向きな集団となる。

善と悪との闘争は絶えずいたるところに支配している。善悪の彼岸は存在せず、ただ多いか少ないかである。ヒルティ

 そのためには、まず自分自身がお日さまの心で行動すること。
今日、子どもたちと接していて思ったことです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

向上とは [名言]

向上とは変化することである。完璧とは変化し続けることである。チャーチル

  私たちが住んでいる世の中は、日々少しずつ変化しています。
  環境や子どもたち。あらゆるものが。

  田んぼばかりだった場所に、突如大型ショッピング街ができる時代です。
 情報のやりとりが自由にできる時代です。
 だからこの変化に対応するために、僕も変化しなくてはいけません。

  昭和の時代の子どもたちへの対応と同じようにしていると、時代に合いません。

  だから、僕も変化しようと思います。
 この変化を向上と言うのでしょう。

 現状維持は、退化を意味します。
 常に変化し、成長していくことが大切です。

  それは迎合することを意味しているのではありません。

  向上とは、くと書きます。
 常にお日さまに向かって、変化成長していくこと。
 それが今の僕に求められていることです

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

常に前を向いて [名言]

自分にはそれができないと言った瞬間から可能性の道は閉ざされてしまう。同じ能力の持ち主でも、プラス思考で取り組んだ人は、うまく行き、マイナス思考で取り組んだ人は、うまく行かない。ウィリアム・ジェームズ(哲学者)

 自分で自分の可能性を閉ざしてしまわないように気をつけたいと思います。
この名言を見て、知らない間に、それはできない。それは無理だ。ということを口にしている自分に気がつきました。

できない・無理だといった瞬間から、そこで思考停止になってしまいます。思考停止は行動停止につながっていきます。
そうではなくて、どうやったらできるか。という言葉に言い換える習慣が必要です。

無意識のうちに考え方が消極的になれば、それは行動にも影響します。

今、ブラスや合唱、仕事・・・。やることは、山のようにあります。
でも、夢に向かって、常に前を向いて進んでいきます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

一度きりの人生 [名言]

人生はゼロから生まれゼロに戻るのだから、失敗しても何も損はしない。モンティ・パイソン(コメディユニット)

 昔は失敗をすごく恐れていました。失敗したらどうしよう・・・。だからやめとこう。そんな人生を歩んでいました。
 しかし、一度死ぬような目にあったときから、僕は生き方を変えました。
 死んだら何も残らない!!それを体感しました。
 だから、死んだつもりでゼロからスタートしました。
 恥をかいてもいい。
 丸裸でスタートしました。

 いっぱい失敗もありました。
 でも、それらは自分の糧になることがわかりました。

 だから今回も元々なかったものだと考えて、思い切ってチャレンジをしたいと思っています。守りに入ると、どうしても慎重になってしまいます。
 だけど、僕たちはチャレンジャー!!何を守る必要があるのでしょう。思い切った演奏をしていきたいと思っています。

 一度きりの人生。やりたいことをやりきりたい!!
 だからたくさんの思いを声に乗せ、心に残る演奏をしていきたいと思っています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

決意の凄み [名言]

自分に能力がないなんて決めて、引っ込んでしまっては駄目だ。なければなおいい。今まで世の中で能力とか、才能なんて思われていたものを越えた、決意の凄みを見せてやる、というつもりでやればいいんだよ。岡本 太郎

 今日、この名言で、救われました。
 コンクール間近。練習の状況で、心はコロコロ行ったり来たり。
 でも、どうなっても死んでしまうようなことはないのです。
 決意の凄みを見せてやる。音楽の専門ではない自分。しかし才能や能力を越えた決意の凄み。守りの姿勢でなく、攻めの姿勢。その覚悟が必要です。

 どっち道、いつかは死んでしまうのです。だからこそ、生きている今。覚悟をもって生きることが大切だ!と教えてくれます。

 それが生き生きした人生を歩むことにつながっていくのです。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

充実した人生 [名言]

  忙しい中、今日は成績を全部つけ終わりました。
 合宿でいない6年生の担任以外には、成績を渡しました。
 13クラス分の成績をやりきりました。

  放課後は、ブラスバンド部の指導。皆さん忙しく、結局一人での指導でした。6年生がいないにもかかわらず目標の10シートに到達しました。蒸し暑い体育館の中、子どもたち、よくがんばってくれました。

  成績も、マーチングも、今日はやりきりました。
 気持ちがいいです。

長生きしても人は満足しないかも知れないが、充実した人生には満足する。ベンジャミン・フランクリン(政治家)

  忙しいという言葉の代わりに、充実しているという言葉を
 疲れたという言葉の代わりに、がんばった!!と言う言葉を

  今まさに、充実した人生です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

一歩踏み出す [名言]

できるかできないかを考える前に、まず一歩踏み出す
堀江泰(堀江車輌電装社長)

  今年は新しいことに挑戦します。
 うまくいけば、子どもたち、自分で成長できるツールを手に入れることができます。

最終的には、自分で成長していける自立した人間になってほしい。

  しかし、うまくいくかどうか、やってみないことにはわかりません。
 だからこの名言のように、まず一歩踏み出す。
 今日は、一歩踏み出した日です。

 現状維持では、退化してしまいます。
 だから、新しいことに、まず一歩踏み出します。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

攻めか守りか [名言]

攻めか守りか・・・迷っています。

二つの対極する名言があります。

待ち構えている相手に攻めるばかりで引くことを知らなければ、必ずと言っていいほど失敗する。野村克也

守ろう、守ろうとするとうしろ向きになる。
守りたければ攻めなければいけない。
羽生善治

 どちらも真実だと思います。
ケースバイケースということでしょうか。
 ただ、守りに徹すると、後退することは確かです。
 時には攻め、時には守り。
 その両方が必要なのでしょう。

 今は攻めるときなのか、守るときなのか、迷うところです。

 ただ、与えられたチャンス。攻めの姿勢でいきたいと、今の時点では思っています。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校