So-net無料ブログ作成
検索選択

攻めか守りか [名言]

攻めか守りか・・・迷っています。

二つの対極する名言があります。

待ち構えている相手に攻めるばかりで引くことを知らなければ、必ずと言っていいほど失敗する。野村克也

守ろう、守ろうとするとうしろ向きになる。
守りたければ攻めなければいけない。
羽生善治

 どちらも真実だと思います。
ケースバイケースということでしょうか。
 ただ、守りに徹すると、後退することは確かです。
 時には攻め、時には守り。
 その両方が必要なのでしょう。

 今は攻めるときなのか、守るときなのか、迷うところです。

 ただ、与えられたチャンス。攻めの姿勢でいきたいと、今の時点では思っています。

明日は明日の風が吹く [名言]

  今日は、自分自身の疲れがたまって、グダグダ?の一日でした。
 子どもたちにも申し訳ないことをしました。

 しかし、この名言を見ると、その通りだなあと思います。

あくる朝起きたら、また違う風が吹いているからね。河合 隼雄

 今日がどんなに後悔の日だとしても、明日は、違う一日になるはずだ。
 今日がどんなに楽しくても明日は、違う一日になってしまうはずだ。
 朝起きたら、今日はまた違う風が吹くものなのだ。これが人生。

 証拠があります。
 その時は、すごく深刻だ!!という悩みを抱えていたとしても、しばらく日が経つと、スッカラカンと忘れているからです。
 そんな経験がたくさんあります。
 今日のことも、翌日覚えているかどうかわかりません。

 だから、一日一日でけじめをつけ、明日はまた違った人生を生きるつもりで、生きていけばいい。
 ひきずることなく、良きことは思い出として残し、後悔は経験としていこう。
 
 明日は明日の風が吹きます。

大切なことを忘れています [名言]

  大切なことを忘れています。
 行動しないといけない事を。

 大切なことを忘れています。
 一歩一歩の積み重ねが必要なことを。

 大切なことをわすれています。
 地道なコツコツが、ゴールへたどり着くことに必要なことを。

 そして、それは自分の足で歩いていかなくてはいけないのです。
 誰も連れて行ってはくれません。

 自分の足で一歩一歩、歩いていくことが大切なのです。

ステップ・バイ・ステップ。どんなことでも、何かを達成する場合にとるべき方法はただひとつ、一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。これ以外に方法はない。
マイケル・ジョーダン(米国のバスケットボール選手 / 1963~)

焦らない。でも、あきらめない。
斎藤茂太(日本の精神科医、随筆家 / 1916~2006)

私たちの人生は、私たちが費やした努力だけの価値がある。
モーリアック(フランスの作家、ノーベル文学賞受賞 / 1885~1970)

悔しさをバネに [名言]

  かつて、悔しいことやいやなことがあったら、自分を悔い、責め、落ち込んでいました。
 しかし今は、違います。
 それをエネルギーに変えていくようにします。自分の中でなく外へ!!感情の方向を変えるのです。

 なにくそ。
 今に見ておれ!!
 もっと大きくなって見せるぞ!!
って。

 すべてのものはエネルギーに変わります。
 悔しさをバネに。

悔しさは戦うための最大のモチベーションになるのである。
野村克也

明るく前を向いて [名言]

不平不満ばかりの暗い思いや、いやな思いだけを持っていれば人生はさらに暗くなってしまうし、明るく前向きな思いを抱いて頑張れば人生は好転していく
稲盛和夫(京セラ名誉会長)

 そう信じて、常に光を、前を向いて歩くのみです。
 その積み重ねが奇跡を生むと信じて。

なんとなくケンケン [名言]

  今日は、朝調子良かったのですが、時間が経つにつれ、だんだんと気持ちがケンケンしてきました。連休明けで、気持ちがついていかなくなったのです。今日、そんな方はいませんでしたか?

 そんな自分に与える名言

不平不満を抜きにして、すべてをありがたい方面から考えるようにしなさい。中村天風(思想家)

 明日からまた仕切りなおします。

夢があるから [名言]

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。吉田 松陰


夢があるから、

今日も走りました。
指揮練習をしました。
靴をそろえました。
小さな器の自分を反省しました。
そして、このブログも更新しています。

夢があるから、行動できます。

幸運を強く感じる習慣 [名言]

  少しずつ展開しています。
 一つ一つの出来事で、明るくなったり暗くなったり・・・。
 僕の気分はまるで、秋の空のようです。

 しかし、こういう心持がいいようです。

よくないことがあっても理屈は考えずに、自分の幸運を強く感じる習慣をつける。
これが幸運を引き寄せる一つの大切な要素
渡部昇一(上智大学名誉教授)

 一つの出来事をどう感じるかは僕の自由です。

 幸運を強く感じる習慣を身につけます。


小中高の合唱の道の第一歩 [名言]

  今日、合唱団の練習がありました。そして今日が実質、新年度合唱団のスタートの日でした。

 うれしいことがあります。それは、中学生になっても合唱団に残ってくれる子が、2人現れたことです。
 本当に、心からうれしいです。

 それは、小中高と合唱の流れを作ることにつながるからです。
 あとに続く団員たちも、その流れに乗ることができます。

 小学校の合唱団のときは、卒業と同時に、合唱の流れは、プツリと切れてしまいました。なぜなら、中学校には合唱部がないからです。市内には、合唱部が一つもないのです。

 外部となった今、うちが、その受け皿になればと思っています。

 彼女たちの歩みは、偉大な歩みです。
 それは、あとの団員たちの道を作ることになるからです。

 初めてのことなので、大変なこともあるかもしれません。 
 しかし僕は、彼女たちの歩みを応援していきます。
 彼女たちが、これからも生き生きと歌い続けられるように。
 彼女たちの成長を、これからも心から応援していきます!!

 今日は、小中高と続く合唱の道の「第一歩」でした。


全国アンサンブルコンテストに出発 [名言]

いよいよ全国アンサンブルコンテストに出発。福島に向かっています。

苗代小学校の校長先生をはじめ3人の先生方、そしてたくさんの保護者のみなさんが見送ってくれました。ありがたいです。

ただ今、出発後一時間が過ぎました。
子どもたちは、誰彼なし歌い出し、バスの中は歌声でいっぱいです。次から次へと続く歌声。例年にないようすです。

用意したDVDは、流す必要はないみたい。いつまでこの歌は続くのでしょう。

IMG_2709.jpg

 良い天気の中、遠く立山連峰も見送ってくれました。