So-net無料ブログ作成

「教師のチカラ」久々に読み込んだ教育誌! [鉄人]

 久々に読みこんでしまいました。今回創刊された「教師のチカラ」という教育誌です。

hyousi.gif

  執筆陣を見ると、僕の知っている方々がたくさんいます。いずれもすごい方ばかり。気に入ったところを折り曲げながら読んでいきましたが、たくさんの箇所が折れ曲がりました。その中でいくつか、書き出して見ます。

 ある日、「遊び時間の元気が一番。これでいいか」と思い、叱るのをやめてみた。一緒に遊んでほめる事を始めた。すると目に見えて変わってきた。(中略)まず受け入れること、存在の受容が基本だ。
「居場所、こだわり、ここ一番」上越教育大学准教授 橋本定男

 これは、まさに今年僕がつかんだことです。体でつかんだことだからこそ、ググッと来た文章でした。

 ひとりひとりが「真面目」な子らでありたい。集団の質を高めるには、ここの成員が誠実であることが肝要だ。真面目さが嘲られ、笑われ、茶化されるようだとクラスは危い。
植草学園大学発達教育学部教授 野口芳宏

 これも大切なことです。正統派が評価されるクラス。真面目さが評価されること。しかし今の世の中(特にテレビ番組やドラマ)の動きと逆のことなので、教師は腹をくくって挑まなければならないことだと思います。

 全員の名前を一日に10回呼ぶことをノルマとする。名前+言葉かけ、名前+言葉かけこれの繰り返し。特に一学期は授業で子どもと仲良くなる。教材という共通のもので子どもと対話する。
俵原正仁

 合唱指導でも大切な事です。全体指導だけでなく。個の指導。これをすれば、一人一人とのパイプが作りやすくなります。一人一人マル付けをするときなんかにできそうです。

 また同じく俵原先生の「Bzoneの子を教師は常に意識してください」は意識していきたい部分です。
  Bzoneの子とは「問題行動を起こして叱られることもないけれど、ほめられることもないような子どもたち」です。特に問題を起こすわけでもないので、たしかに一番教師が手をかけてない子供達の集団です。しかし大多数の子供達が実はBzoneなんですね。

 あ~書き出したらきりがありません。ここには書きませんでしたが、Sさん、Fさん、そしてMさんの記事も面白かったなあ。とにかくおもしろい雑誌が久々に誕生しました。これからが楽しみです。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

鉄人倶楽部より緊急のお知らせ [鉄人]

いつも御世話になっている鉄人倶楽部の森實さんからのお知らせです。 

◆緊急のお知らせ

こんにちは。教育の鉄人倶楽部事務局のライダーシン@神戸 森實です。
緊急連絡です。
新型インフルエンザの感染拡大により、
5月に予定していた教育イベントはすべて中止とさせていただきます。

関係各位にお知らせしたいのですが、 ライダーシンの発信の力が及ばないところもあります。
アクセス数の多いブログ、メルマガなどを運営の関係各位におかれましては、 重複しても、転記、転送していただきますようお願い申し上げます。


国からの要請を受けて、兵庫県、大阪府の指定された学校が休校になりました。
その範囲も刻々と広がっています。
児童、生徒への電話連絡や行事の変更などで、職員室は忙殺されています。
幸い、私の勤務先では現在感染者はいません。
今後の推移を連絡等で把握しなければなりません。
長い休みはさみしい限りです。 ご家庭によっては親も子も大変な負担だと思います。

それに伴い、教育の鉄人倶楽部の5月のイベントはすべて中止。
5月22日 俵原学級の1日公開中止。 それに伴う、堰八先生、杉淵先生の授業もなし。
同日の堰八先生を囲む会も中止。
5月23日 20代&40代講座(堰八先生が講師)も中止。
歴史的なイベントが中止になり、残念無念です。
天地人・・・そろうことの難しさを痛感しています。
  
遠く高知県からもご参加予定の方がおられました。
すべてのご参加を予定された皆様に対し、大変申し訳なく、こころより お詫び申し上げます。

ライダーシン個人の安易な判断は出来かねる状況で、人の集まる企画自体の自粛が必要と考え、
中止にさせていただきました。ご理解いただきますようお願い申し上げます。


5月18日現在、今後の予定につきましては、変更の予定はありません。
しかし、臨時休校に伴う変更により、講師のご予定が変わることも考えられます。
今後の推移を見ながらお知らせします。

以上、よろしくお願い申しあげます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

一点突破 [鉄人]

 鉄人講座で一点突破という話しがありました。何か一つのことを極めることで、それが他のことにも波及することだと理解しています。僕は「継続すること」も一点突破の理論が通じるのではないかと思っています。

 僕の場合はランニング。これで8年目になります。ランニングを雨の日もかぜの日もただひたすら続けています。実はそのことで、それが知らない間に重みを持ち、僕の自信となっています。そして、「他のことも継続できるようになるのではないか」という気持ちになり、実際他にどんどん波及しています。

 続けるこつは、一日のシステムに入れてしまうということ。たとえば、朝起きたらすぐにするとか。帰ったらすぐにやるとか。そして、それをとりあえず3日続ける。次は3週間。そして3ヵ月。こうなればしめたものです。
 僕はそれで、朝の冷水シャワーや靴をそろえること。そして最近は、毎日の皿洗いを習慣にすることに成功しています。

 こういうことをどうやって身に着けたか、考えると、禁煙を成功した体験が大きいです。一日3箱に迫るヘビースモーカーだった僕。よくやめられたものです。

 ただひたすら、一日一日と積み重ね、それを当たり前にしてしまうこと。このブログだってそうなのかもしれません。

 大切なのは、自信。一点突破は、自分だってやれるんだという自信を持たせてくれるのだと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

教育の鉄人実践講座 [鉄人]

 昨日から、教育の鉄人講座・合宿に来ています。
 ブログで関わりのあるいろんな人たちと会いました。いつもブログで御世話になっているし~さん。とてもきれいな人でバレリーナのよう。ドキドキしました。
 ふっとわーくさん。笑顔で元気いっぱいでした。
 いっぱい道草さん。3年生の担任をしているそう。やはり始終笑顔でした。
 キッキョンさん、少しやせられて精悍な感じに見えました。
 その他にも、何人もの方から「ブログを見ています」って声をかけていただきました。うれしかったです。

 鉄人講座で印象に残ったのは次のようなこと。

・一点突破はとても大切。
その後点と点をつないでいく。
全部やろうとすると失敗する。
一点突破すると、他もいけるようになる。(S先生)
・まずこれだけを子供にさせようということをセットする。
一点突破。
たとえば「声を出す」
今の状況を見て実践する。
マイナスをモグラたたきするのではなく、何かを徹底する。(F先生)

 両先生とも一点を徹底させることで見えてくるものがあることをおっしゃっていました。

 夜はN先生に、5年合唱団の歌声を聞いていただきました。
歌声をほめてくださいました。そして、指揮法についてのアドバイスをいただきました

ひじをあげ、小ぶりにふるといいということ。鏡を見て、練習すること。
 毎日練習していきたいです。
 いろいろと刺激があります。
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

鉄人合宿がおわりました [鉄人]

今日、教育の鉄人合宿が終わりました。今回もいろんな学びがありました。いまは電車のなか。帰ったら書き込んでみます。

****************************

 教育の鉄人合宿から、今帰ってきました。
いろいろと学ぶ事がありました。その中から一つ紹介します。
 T先生というすごい実践家がいます。
学級経営の基本は、「居心地の良い教室を目指す」ということだそうです。また、笑いのあるユーモア教育を実践されている先生です。
 そのT先生から、一人一人に氣を送る方法(関係を結ぶ方法)を学びました。
 T先生は、その時間を授業中に持っているとのこと。授業中のいつ?

 それは、机間巡視の時。このときに、子供達一人一人にプラスの言葉かけをしているそうです。特に、中間層の子供たちを意識しているそうです。
 考えてみると、こちらに近づいてくる子、お勉強の出来ない子とは、関係を作りやすいです。でもそうでない中間層は意外と関係が薄くなりがち。でも、その中間層って、結構多い人数になります。

 中間層の子供達って、黙っていても、問題なく勉強をやってくれるありがたい存在です。でも、この中間層とうまく関係ができ、この子たちが伸びる時、クラスはグーンと飛躍するそうです。
 本当にいいことを聞きました。
 今は、本当に忙しい時代になりました。昔みたいに休み時間に遊ぶ余裕なんてありません。また遊んだとしても、全員の子供達と関係を結ぶ事は難しいものです。
 やはり、授業は基本です。その基本の時間に、子ども達にプラスの氣を送る。目からウロコのお話でした。

PS.今回の教育の鉄人合宿も本当に楽しかったです。杉渕先生をはじめ中井先生、そしてスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。深く感謝します。また、僕のブログを見ている方から、声をかけていただきました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。明日からがんばります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

教育の鉄人合宿に向けて [鉄人]

 昨日は、教育の鉄人合宿に持って行くためのビデオ編集をしていました。ようやくDVDにできました。
 4月からの子供達の音読や歌声の様子を見ていると、少しずつ微妙な変化をしています。
 更にステップアップするために、みなさんに見ていただき、いろんなアドバイスをいただきたいなと思っています。
 久々の杉渕先生の講座です。たくさんの刺激を受けてきたいです。では、行ってきます。


大なわ100回達成への道のり(番外編) [鉄人]

 子供達の大なわの様子を撮ったビデオをサークルで見ていただきました。また、学校公開の時、保護者の方にも見ていただきました。その時に頂いた感想です。

 ビデオで見ましたが,すごいスピードでした。体育の時間,毎回5分ずつ練習をしてきた積み重ねと,迫力の成果ですね。

 大なわとびで男子が1分間100回突破したビデオにびっくり!話には聞いていたけど、見るとそのすごいスピードは予想以上でした。いや~、すっごいですねえ!薄紙を重ねるように、少しずつ練習を積み重ねると大きなものになっていくという話が印象的でした。

 大なわがあんなに迫力があるとは、思わずビックリしました。みんなの心が一つになり、声をかけあい、助け合い、すばらしい体育を参観できました。

 今年度、最後の参観日でしたが、毎回毎回感動させられっぱなしです。
 体育の時間の大なわは、ぜひこの目で生でと思いかけつけました。すばらしかったです。集団での力と言うものをまざまざと感じました。子供達の秘めたる力をいかに引き出すか。先生のご指導には深く感謝いたしております。

 こんなにうれしい感想をもらえるのも、すばらしい子供たちと出会えたこと、そして、教師という素敵な仕事をしているからです。幸せです。

ps.今日は、午前中目一杯仕事をした後、午後は久しぶりのオフ。筋トレの後、姿勢プラスというスタジオトレーニング。その後プールで1000mほど、ひと泳ぎ。息抜きも必要。気持ちよかったです。

下の文字をクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 教育ブログ


 


大なわ100回達成への道のり7 [鉄人]

いろんな体験を
  すべての子供達が輝くには、大なわだけでなく、あらゆることに挑戦させ評価される環境が大切でしょう。僕はその他にも、計算、音読、合唱、百人一首、バスケ、自主学習など子供達が評価される機会を数多く設けています。一つのことだけで評価されるのではなく、いろんなことを体験させていきたいです。

 そういう意味で、いろんなことに挑戦していく事は、個人でも大切な事だと思います。何が得意なのかはやってみないとわかりません。僕自身のことを言えば、ずっと苦手で避けてきた音楽や合唱指導がこんなに楽しいものだとは知らなかったからです。やってみて初めてわかることです。

おわりに
 色々書いてきましたが、大なわを通して子供達から、いろんなことを学びました。こういうことを学び、そして日々、成長できる教師という仕事は何とすばらしいものでしょう。本当に、感謝です。
 あとわずかですが、子供達をもっともっと伸ばし、自分も成長していきたいです。  おしまい

 下の文字をクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 教育ブログ


大なわ100回達成への道のり6 [鉄人]

大なわから学んだ事
  今回の大なわ指導を通して、僕自身学んだ事がたくさんあります。
  まず、大なわには心を含めた指導が大切な事。マイナスではなくプラスの指導が大切です。
  次に、子供達のその時その時のレベルに応じて、指導法が変わることです。最初は、指導者が一人一人手取り足取り教える指導。次に、それを子どもたちに任せ、マンツーマンで助けあわせる指導。あるレベルまでいったら、得意な部分を伸ばす指導。これは、子育てにも通じるのではないでしょうか。その年齢年齢に応じて、子供達へ言葉かけや対応の仕方が変わります。
 最後に、大なわの指導が、学級経営と大きく関係している事を感じました。特に最後に杉渕先生から受けたアドバイス
「得意な子が苦手な子のためにがんばればよい」
ということは学級を伸ばす、あるいは子供達を伸ばす根幹に通じるものだと思いました。
 得意な子が長所を生かしがんばる。するとそれは、得意な子を生かすことにもなるし、苦手な子を引き上げる事にもつながり、全体が大きく伸びていきます。
 これは、一人一人の中でも言えることではないでしょうか。「自分の中の得意なことをがんばればよい。」そうすることで、自分の中の得意な事を生かすことになるし、苦手な部分を引き上げることにも通じます
そうです。みな、得意な所で自分を活かせばよいのです。そうやって世の中は動き、発展しているからです。

下の文字をクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 教育ブログ


大なわ100回達成への道のり5 [鉄人]

鉄人のアドバイス
  冬休み中、僕は教育の鉄人合宿という先生の勉強会に行きました。あの杉渕先生に学ぼうと全国からたくさんの先生が来られます。僕もその一人です。現状を話し、今後の指導法を伺いました。すると次のようなアドバイスを頂きました。

・得意な子は前の方に、苦手な子を後ろの方にかためる。
・「得意な君らが苦手な子のために回数を稼げ。助け合え。それが本当の思いやりだ。」という声をかける。

作戦実行
  さっそく3学期の体育で、この作戦を実行しました。もう子供達は誰が得意で誰が苦手であることはわかっています。子供達に並び方を考えさせました。また、こんな事も言いました。

「苦手な人は気にする必要はない。なぜなら、君たちは多分、よその学校に転校したら、間違いなく大なわの得意な方に入るから。うちのレベルが高すぎるのです。」

  子供達、うれしそうです。でも、実際その通りです。続けてこんな話もしました。

「また、苦手な子は、自分の得意なことでこのクラスをひっぱっていけばいい。」

  事実、苦手な子の中には、計算の速さがトップクラスの子もいます。彼の出した記録を目標にみんながんばり、このクラスの計算レベルは、確実に伸びています。そんな話もしました。
  暖かい雰囲気が流れます。
  そうやって、3学期6回目の体育の時、100回突破が実現できたのです。
やったー!!

下の文字をクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 教育ブログ