So-net無料ブログ作成
検索選択

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする [本]

  ここ数日、このオーディオブックを繰り返し聞いています。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

  • 作者: グレッグ マキューン
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

内容紹介より
1%に集中し、「より少なく、しかしより良く」生きるための方法をお教えします。
 身を粉にして働いても成果が出ない、たくさんやりたいことがあるが中途半端になってしまうそんな生活を送るあなたの考え方、ものの見方を大きく変えるきっかけとなる一冊です。

 最近、あれもこれもと手を広げる傾向がありました。また無駄なことに時間を費やす傾向もありました。それでは、力が分散します。なぜなら、時間は限られています。何を選び行動することが、自分を生かすことになるのか。

 この本で、大切なことに焦点を当てて生きることの大切さを再認識しました。

 自分自身一番大切にしたいことは、何か。
 それを常にみつめ、そこに焦点をあてて生きる。
 すると、自分の人生を自分の足で歩むことができます。。

 そのためには、断る勇気も必要。
 現場でどこまでそれができるかは、疑問ですが、少なくともたくさんある仕事の中で軽重をつけることはできそうです。

 僕にとって大切なことは、
  人生を楽しむこと。
  成長すること。

 そのことで、しあわせが広がれば最高です。

 そのために、選んだものが、音楽です。それに全力をつくします。

目次です

推薦の言葉
PART1 エッセンシャル思考とは何か
 第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考
 第2章 選択──選ぶ力を取り戻す
 第3章 ノイズ──大多数のものは無価値である
 第4章 トレードオフ──何かを選ぶことは、何かを捨てること
PART2 見極める技術
 第5章 孤独──考えるためのスペースをつくる
 第6章 洞察──情報の本質をつかみとる
 第7章 遊び──内なる子供の声を聴く
 第8章 睡眠──1時間の眠りが数時間分の成果を生む
 第9章 選抜── もっとも厳しい基準で決める
PART3 捨てる技術
 第10章 目標──最終形を明確にする
 第11章 拒否──断固として上手に断る
 第12章 キャンセル──過去の損失を切り捨てる
 第13章 編集──余剰を削り、本質を取り出す
 第14章 線引き──境界を決めると自由になれる
PART4 しくみ化の技術
 第15章 バッファ──最悪の事態を想定する
 第16章 削減──仕事を減らし、成果を増やす
 第17章 前進──小さな一歩を積み重ねる
 第18章 習慣──本質的な行動を無意識化する
 第19章 集中──「今、何が重要か」を考える
 第20章 未来──エッセンシャル思考を生きる
 最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ
謝辞


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ハンカチ理論 [合唱]

  何の本で読んだのかは記憶にありませんが、僕の中にハンカチ理論というものがあります。
 ハンカチのつまみやすいところを持ち上げたら、他の場所も同時に持ち上がっていく。
というものです。

 つまみやすいところというのは、好きな分野。そこが持ち上がると、他の能力も一緒に伸びていくというものです。
 
 僕の場合は、合唱指導です。好きだから、どんどん追求していきました。すると、もっといい音楽をつくりたいという気持ちになりました。

そして、楽譜を読む勉強を始めました。
指揮練習も始めました。
子どもとの新しい対応の仕方も勉強しました。
リーダー論も勉強しました。

 そんなことをやっているうちに、他の能力も上がっていったような気がします。

 合唱団の子どもたちも、好きな歌をどんどん追求して欲しいと思います。
 すると、他のことも伸びていくものだと思います。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

指揮の威力 [合唱]

  今日は離任式でした。
 サプライズで、子どもたちに卒業式の歌を歌わせようということになりました。
 そして突然、指揮を頼まれました。

 朝の声出しなし。
 春休みの真っ最中。
 しかも一発本番。

 まだまだ新参者ですから、断るわけにもいきません。
 挑戦のつもりでやってみました。

 すると、どうでしょう。子どもたちは、僕の指揮に応えて歌ってくれるではありませんか。

 伸ばすところ。
 息を吸うところ。
 クレッシェンド。
 お腹から出すところなど。

 歌に表情がつきました。このコンディションにも関わらず、いい歌になったのではないかと思います。

 改めて思ったことがあります。それは指揮の威力です。
 指揮は言葉以上のことを伝えることができるのだなあ・・・と思いました。

 もっとうまくなれば、まだまだ子どもたちの歌声を伸ばすことができそうです。指揮の技術、まだまだですが、指揮の持つ力を感じた離任式でした。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

強い決意 [合唱]

 今日、合唱団の練習がありました。
 今日は、新6年の中から、団長を選びました。
 一番思いの強い子を選びました。
 そして、みんなが認めました。それは、みんなで支えていくという意味を持ちます。
 副団が3人。団長をフォローします。強い思いでフォローします。
 
 みんなで強い決意を持ちました。

 強い思いは、行動を促します。
 大切なのは、行動すること。

 強く願い行動すれば、現実を引き寄せます。
 
 新しい挑戦のスタートです。

「実現できる、やり遂げるのだ」と決断せよ。 方法を見つけるのは、それからだ。
エイブラハム・リンカーン(政治家)

勝てる、と思えば勝てる。勝利には信念が必要なのだ。
ウィリアム・ヘイズリット(作家)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

未来に向けての貯蓄 [幸せに生きる]

  少しずつ生活を平常パターンに戻しています。

 正直、今までが異常パターンの日々でした。
  合宿。定期演奏会。卒業式の歌。成績つけ。全国アンサンブルコンテスト。
 それらが、二つ三つと同時進行で進んでいきました。
 よくやったものだと思います。

 その間に、いくつかの習慣がなおざりにされてきました。

 走ること。
 指揮練習。

 これらは、僕にとって未来の貯蓄となるべき大切な習慣です。

 二つとも、緊急ではないけど、僕にとって重要なことなのです。

 ピアニストがピアノの練習を欠かせないように、
今の僕は、走ることで、基礎体力の維持。
指揮練習で、子どもたちにわかりやすい指揮の向上が欠かせないのです。

  子どもたちを育てるためには、自分を育て成長させる必要があります。

 目の前のことだけにエネルギーを消費するのではなく
 未来に向けての貯蓄も大切にしていきます。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分を成長させてくれる方を選ぶ [幸せに生きる]

 自分を成長させてくれる方を選ぶ

 人生の中で、どちらかの道を選ぶときがあると思います。
 例えば、クラブ。高校。大学。仕事・・・。
 そんな時の基準がこれです。

どれが自分を一番成長させてくれるか。

 時間は限られています。
 例えば3年という時間。
 どう過ごしても、過ぎてしまいます。
 そんな時間の中で何を選ぶのか。
 その時の基準がこれです。

 この条件に見合うものは・・・

 自分が夢中になれるものです。
 時間を忘れて、一生懸命になれるものです。
 それは、苦しくても幸せな成長を促してくれます。
 
 それが何かわからない時は、困難な方を選んだほうがいいと思います。
 なぜなら、それは一生懸命にならざるを得ないからです。
 それは知らず知らずのうちに、自分を成長させてくれます。

 資格は、持っているだけでは、意味がありません。
 肩書きは、その役職を終えれば、なくなってしまいます。
 お金も、死んで持っていくことはできません。

 最終的に残るのは、資格でも肩書きでも財産でもなく、自分という人間だと思います。

 人生は成長を楽しむゲームです。
 人生の選択に迷ったときは、この言葉を基準にしています。

人は環境によって人生を左右される生き物。だからこそ己の身を投じる環境は、慎重に選ぶべき。「自分を成長させてくれそうな場所」や「自分の可能性を伸ばせそうな場所」を選ぶことが大切。 野村克也


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

小中高の合唱の道の第一歩 [名言]

  今日、合唱団の練習がありました。そして今日が実質、新年度合唱団のスタートの日でした。

 うれしいことがあります。それは、中学生になっても合唱団に残ってくれる子が、2人現れたことです。
 本当に、心からうれしいです。

 それは、小中高と合唱の流れを作ることにつながるからです。
 あとに続く団員たちも、その流れに乗ることができます。

 小学校の合唱団のときは、卒業と同時に、合唱の流れは、プツリと切れてしまいました。なぜなら、中学校には合唱部がないからです。市内には、合唱部が一つもないのです。

 外部となった今、うちが、その受け皿になればと思っています。

 彼女たちの歩みは、偉大な歩みです。
 それは、あとの団員たちの道を作ることになるからです。

 初めてのことなので、大変なこともあるかもしれません。 
 しかし僕は、彼女たちの歩みを応援していきます。
 彼女たちが、これからも生き生きと歌い続けられるように。
 彼女たちの成長を、これからも心から応援していきます!!

 今日は、小中高と続く合唱の道の「第一歩」でした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

教員の異動発表 [幸せに生きる]

 今日、教員の異動が発表されました。
 異動があるかなあという気持ちもあったのですが、1年目ですので、当然のようにありませんでした。

 異動の先生の数は、規模のわりには小さいものでした。

 ようやく怒涛の一年が終わろうとしています。
 強烈な一年でした。
 教師を辞めることさえ考えた一年でした。
 しかし、よく持ちこたえました。

 そんな一年の間に、少しずつ自分の立ち位置ができたような気がします。
 まだまだ狭い立ち位置です。

 この立ち位置を踏み固め、少しずつ広げていきたいと思っています。

 地道に一歩一歩です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

息子の卒業式 [幸せに生きる]

今日は、息子の卒業式でした。
まあこの間入学したと思ったら、あっという間です。
ひさびさの親子3人水入らずでした。

入学式と同じように、大規模な卒業式でした。びっくりしたのが、女の子の紋付袴姿が多かったこと。小学校の卒業式で、6年生の担任の女の先生が着ることがありますが、ここでは、そんな姿をたくさん見ました。

IMG_2846.jpg

  入学式では、合唱部の歌声が記憶に残っているのですが、今回はブラスバンド部の演奏が気になりました。なんとなく音の良し悪しがわかるようになっている自分に気づきました。

IMG_2856.jpg

  あっという間の4年間だと思いましたが、その4年間の
自分のことを思い出すと・・・

全国アンサンブルコンテスト出場3回。
nコン県大会、9年目にして初の金!
東海北陸ブロック出場、2回の銅賞
東京マラソン完走
金沢マラソン完走
全国植樹祭の参加
ラ・フォルジュルネ金沢出演
異動
ブラスバンド部顧問
nコン、石川県初の合同出場。そして金
4回のドームでの定期演奏会


超密度の濃い4年間でした。
息子はどんな4年間を過ごしたのだろう。

大学時代は、自由な時代。自分なりの青春を謳歌しました。そしてそれが終わるとつまらない生活になるだろうなあと思っていました。

しかし卒業してみると、激動の日々が待っていました。たくさんの失敗がありました。しかしそれは僕を成長させてくれました。
そして、年数を経るごとに僕は変化していきました。

  昔は年をとると、閉塞感に満ちた生活になるだろうなあと思っていました。
しかしどうでしょう。失敗や挫折、成功の経験とともに、さまざまなことに挑戦することに喜びを感じる自分へと変身していきました。

正直、僕は今がいちばん楽しいです

卒業生のみなさん。これから夢と希望に満ちた生活が始まります。失敗は宝物となります。そして人生は加速度的に楽しくなって行きますよ。

IMG_2859.jpg

   卒業おめでとう。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ただただ感謝です [合唱]

 今日、前任校に所用があって行きました。
 すると声楽アンサンブルの賞状と楯がメッセージつきで職員玄関に飾ってありました。横には美しい花が並んでいました。

 先生方が合唱団を大切に思い、応援してくださっていることを感じました。

IMG_2841.JPG

 また、職員室に入ると、
おめでとうございます。
の声。
 本当に心からうれしかったです。
 これからも合唱団を通して、学校に地いきに貢献していきたいという気持ちを、また強くしました。

 団員募集のチラシを3年生以上全員分置いてきました。
 明日配られる予定です。
 前任校を中心に、この歌声がどんどん世界に広がればいいなあと思っています。

 ありがとうございます。ただただ感謝です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校