So-net無料ブログ作成

一点集中 [名言]

攻撃は一点に集約しろ 無駄な事をするな 織田信長

  やることは山ほどあるけど、大切なことには本気で挑まないといけません。
限られた時間の中、何をやれて、何をやれないか。
 大きなビジョンが求められます。

 今の僕は、やることが山のようにあります。
 そんな中で本質を見極め、力の入れるところに集中する必要があります。
 一点に光を集めて炎をつける虫眼鏡のように、すべてのエネルギーをどこに集中するか。

 それは、みんなが笑顔になれること。
 幸せになれること。

 人生をトータルで見た場合、何に力を集中することが、幸せにつながるか。
 一点集中です。

成果をあげるための秘訣を一つだけあげるならば、それは集中である
成果をあげる人は最も重要なことから始め、しかも一度に一つのことしかしない
ドラッカー


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

いっぱいいっぱい [名言]

世界の大偉業の大半は、もはやこれで絶望かと思われた時にも、
なお仕事をやり遂げた人々の手によって成し遂げられた。
デール・カーネギー

  今までの人生の中で、もうだめだ!!と思ったことが何度あるでしょう。そのたびに踏みとどまり、続けたことで、突破口が開きました。

 もうだめだ!と思ったとき、あきらめるのか。
そこからもうひとふんばり続けるのか。
 それを決めるのは自分です。

 振り返ると、続けていくことで、考えられないほどの喜びが得られたことが何度もありました。

 そして今も、たくさんのことに、もうだめだ!!と思う自分がいます。
 でも、もうひとふん張りです。

 いくつになっても、いっぱいいっぱいで生きています。
 でも、そのいっぱいいっぱいが、いっぱい、いっぱいの幸せを運んでくるものだと信じています。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱を通してたくさん学び [幸せに生きる]

 今日は、早朝から一気にいろんな仕事をやりました。

卒団生のプレゼント作り
合唱団合宿の会計処理。
印刷費の支払い。
全国大会の楽譜を送る。
3月練習予定表作成と印刷
スタッフカードとプレゼント購入
練習場を貸していただいている方々のところへお礼方々
定期演奏会のチケットとパンフをプレゼントにまわる。

我ながらよくやりました。
合唱団の運営は、一つの会社を経営しているのと似ているのかもしれません。
運営にはお金がつきものです。何かをやろうとすると、必ず付いて回ります。
またそれに伴う様々な事務や雑務。
練習場の確保。
そして、様々な人たちとのつながり。
普通の教員ではありえないような方々とお会いしたりしています。
(会社経営はもっともっと難しいものだと思います)

本当に、良い社会勉強になっています。
だからこそ、自分自身、より広い視野、見識が必要だと思います。
善意に甘えての運営では、いつかは破綻がきます。
お互いが、よかったなあという思いと形を大切にしていきたいと思います。

合唱を通して、本当にたくさん学びがあります。成長ができます。

だれがこのような人生を予想していたでしょう。人生はおもしろいです。

PS.合唱団の校区を回っていたら、定期演奏会のポスターを発見しました。団員たちが町内会長さんのところへ行ってお願いしたのです。団員たちも、顔晴っています。良い体験をしています。

2017-02-26_17-38-59_472.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

若杉合唱の会35周年記念コンサートのゲスト出演 [合唱]

 今日は、前校長先生が指導されている若杉合唱の会35周年記念コンサートのゲスト出演をしました。場所は、こまつ芸術劇場大ホール。久々の大きなステージで歌いました。

2017-02-25_22-18-24_628.jpg

 しかし35周年というのは、本当にすごい数字です。合唱団をやってみて、この数字のすごさを感じます。一年一年、継続していくことがどれだけ大変なことか。そんな合唱団にゲストで呼ばれるなんて、光栄でした。

 若杉合唱の会の歌声は、とにかく大人ならではの迫力がありました。
 男性の声と女性の声が混じりあい、混声もいいものだなあと感じました。
 また、前校長先生のこだわりがどの曲でも見られました。
 かならず山場や聞かせどころがありました。勉強になりました。
 そして、前校長先生の情熱的な指揮も学ぶところが多かったです。

 今日歌ったのは、以下の曲です。

人形劇「やん助とやん助とやん助と」の中から「木をはこぶ歌」
樹形図
未来へつなぐメッセージ

uvs170225-002.jpg

1曲目は、人形劇団「ほうき星」の演ずる劇の中の挿入歌でした。
 若杉の合唱団と一緒に歌いました。前校長先生作曲によるオリジナル曲でした。
 大人と子どもの声のコラボです。大人の迫力ある声と透明感のある子どもの声が混じりあい、聞き応えがありました。

uvs170225-001.jpg

残りの二曲は、うちの合唱団だけの演奏でした。
出来ばえは・・・。

実は合宿以後、インフルエンザが蔓延し、この日もそのせいで3名が欠席しました。
また、蔓延を防ぐために、練習も中止にしていました。

そのため、声の響きは今一つでした。

練習を一日休むと自分にわかる。
二日休むと批評家にわかる。
三日休むと聴衆にわかる。

とはパデレフスキーの名言(ポーランドのピアニスト・作曲家)です。

合唱も同じだなあと子どもたちは実感したことでしょう。
良い経験になりました。

 今日は至れり尽くせりでした。
練習場としてリハーサル室をいただくやら。
お弁当を出していただくやら。
お礼をしていただくやら・・・。
子どもたちは立派なステージで歌わせていただくやら・・・
本当に感謝です。

2017-02-25_12-44-09_975.jpg

 うちの合唱団の子の中に、将来この合唱団に入りたいという子もいました。
 また、若杉合唱の会のみなさんから、たくさんの応援の声もいただきました。

 小中高そして大人へと、合唱の流れができればいいなあと感じました。
 合唱は一生できるすばらしきものなのです。今日はそれを実感しました。

 今日もたくさんの方々にお世話になりました。
 若杉合唱の会のみなさん、品行劇団ほうき星のみなさん、送迎をしてくださった保護者の皆さん、そして前校長先生、本当にありがとうございました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ブラスバンド部がより楽しくなってきました [ブラス]

  今、5年生がリーダーとなって動いています。
 新体制となり、ブラスバンド部が、より楽しくなってきました。
 
 あいさつがとても良くなってきました。
 放課後、音楽室へ入るとき、明るく大きな声であいさつしてくれる子が増えてきました。
 笑顔も多くなりました。

 練習は、僕がメインとなり、僕流のやり方でやっています。

 それは、とにかく吹く。
 ポイントを言っては吹く。
 ひたすら吹く。
 合唱と同じです。
 吹いて吹いて吹きまくる。
 限られた時間です。その短い間。ひたすら吹かせています。
 ブラスバンド部も、合唱と同じように練習量がものを言うと感じています。
 
 今日は、CDを大音量でならし、それに合わせて吹かせてみました。
 すると、急激にうまくなった感じがしました。

 これは合唱の応用です。
 合唱の場合も、いい歌声にあわせ一緒に歌うと、上達します。
 ブラスバンドも同じだと感じました。

 本当は、うまいプレーヤーと一緒に吹かすといいのですが、そういうわけにもいきません。CDの一流金管バンドと一緒に吹かすのが、一番手っ取り早いのです。

 今年度、初めてブラスバンド部の顧問になりました。
 途中からメインになりましたが、やはり誰かがつくったものの中に自分が入ることに違和感がありました。

 新体制となった今、これからは、僕流に子どもたちと新たなブラスをつくっていきます。
 明るく、切れのいい、迫力のあるバンドにしたいと思っています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

運命の女神 [名言]

運命の女神は、引き止めるよりも見つけ出すほうが容易である。シルス(詩人)

 運命を引き寄せたいなら、前例にこだわるより、新しいことに挑戦するほうが、容易である、という意味だと思います。

 今までと同じでやろうとすると、苦しくなります。しかし、新しいことをやると、新しい運命の女神と出会えます。

 ただ、何もせず、無難に生きていくだけなら、そんな必要はありません。・・

 しかし、成長しようと思うなら、新しいことに挑む必要があると思います。

常に成長していくイメージを持ち、未来を切り開いていきたいです。

PS.今日も走って帰りました。インフルエンザで大変な状況ですが、挑戦的な生き方は、インフルをも跳ね返すようです。春を待ち、水鳥がたくさんいました。水鳥も僕も、まだまだ成長していきます。

2017-02-23_17-07-11_819.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は現任校の「6年生を送る会」でした [行事への取り組み]

 今日、現任校の6年生を送る会がありました。
 わが町防犯隊のみなさんや保護者の方もたくさん見えられていました。

 今の学校は、入学式・卒業式以外に、保護者に発表会を見せる場面が少ないです。そういう意味では、おそらく一年の中で最大級のイベントだと思います。

 僕は音楽関係で、以下の発表に関わらせていただきました。

4年生の歌「365日の紙飛行機」
5年生の合奏「威風堂々」と合唱「あすという日が」
6年生の合唱「TOMORROW」三部合唱

 いずれも、赴任して一年目の指導にしては、まあまあの出来だったと思います。
 もっと響きと表現のある発表にするには、積み重ねと、僕自身の指導力が必要でしょう。

 「威風堂々」の合奏では、新しいチャレンジをしました。
 最初はリコーダーと小太鼓とピアノ。
 曲が進むにつれ、
  ピアニカ
  シンバル
  タンバリン
  木琴
  アコーディオン
  鉄琴

 こんなふうに楽器が増えていく構成にしました。
 
 そして最後には、ティンバニー・コルネット(トランペットの親戚)も入れてみました。
 おかげで最後は大迫力の演奏になりました。
 ブラスバンド部のある学校ならではです。

 どの学年も、一生懸命にやってくれました。
 これは、先生方の学級経営の賜物です。

 6年生を送る会。
 ようやく僕がお役に立てる機会でした。
 ちょっぴり頼りにしてもらえるようにもなりました。
 新しい学校で少しずつ少しずつ、僕の居場所ができつつあるようです。

 明日、前任校の送る会です。
 合唱団の子どもたちも得意分野でがんばってほしいです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

感謝です。累計アクセス500万突破! [幸せに生きる]

 今日、久々に累計アクセス数を見て、ビックリしました。
なんと、いつの間にか500万アクセスを突破しているではありませんか。

Picture1.jpg

 このブログを始めて、丸10年が過ぎました。
塵も積もれば山となる・・・です。
しかし500万という数字にビックリしました。
これも、みなさんのおかげです。

このブログのおかげでいいことがたくさんありました。
このブログは合唱関係の方が、かなりご覧になっています。
いろんな講習会へいくと、「ムッシュさんですか?」って何度も声をかけられました。
このブログを通して、知り合いになった方もいます。
このブログは、素敵なご縁をひろげてくれました。

 毎日欠かさず書き続けました。それは、継続する力を僕につけてくれたように思います。継続することのよさを教えてくれました。読んでくださる方がいるということが、励みになりました。

 ありがとうと思うこと。幸せだと思うことを書き続けていくことで、そういう思考に僕を導いてくれました。それも良かったことです。

 さらに、500万アクセスの媒体を、僕個人が持っているということも、これからの合唱団活動に、メリットになるような気がしています。
 個人で、こういう媒体を持てるなんていうことは、昔なら考えられないことです。本当にいい時代になりました。

 これからも、コツコツと書き続けます。
 たくさんの人たちに、ありがとう。幸せな毎日


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

強い思い [名言]

具体的な智恵や発想は、
本気で『優勝するんだ』という
強い思いがなければ生まれてこない
栗山英樹(北海道日本ハムファイターズ監督)

 本当にそう思います。
合唱に例えると、「金賞をとれたらいいなあ」では、とれません。
本気で『金賞をとる』という強い思いがあって、初めて具体的な知恵や発想が出てきます。
いいなあでは、だめです。それは、何年も何年も経験したことです。
必ずとる!!ダントツでとる!!そういう強い思いが必要だと思います。
それが、具体的な行動を促すものだと思います。

あとは、運です。
でも強い思いと行動は、運をも引き寄せるものだと思います。

強く願い行動すれば、夢は実現します。

そう強く思い、行動します。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱団創立以来初!!合宿がおわりました [合唱]

 今、合唱団の合宿が終り、家に帰ったところです。
 とにかくやりきりました。
 合唱団創立以来初!!
 念願の夢だった合宿がおわりました。

2017-02-19_15-21-02_935.jpg

 ずっと歌の練習をしていました。
 それだけでも、テンションがあがるのに、その後の食事指導。お風呂。就寝など。
 二日目の午後は、フラフラでした。
 でも、やりきりました。
 これも、協力してくださったお母さん方とがんばった子どもたちのおかげです。

 おかげで、歌や振り付けが、かなり完成しました。
 また、寝食を共にすることで、子どもたち、より仲良くなれた感じがします。

次年度に生かすために、反省点を書きます。
常に連絡がつく連絡先を得ておくこと。
ゆとりのある計画を立てること。(特に食事の時間)
3年生は日帰り。泊まりの場合は保護者同伴

 特に、体調不良やケガなどが一番こわいことです。
 それに対応できるようにしておくことが大切だとおもいました。

 合宿した場所は、練習場としてはすばらしい環境でした。
 一回経験しましたから、次回はもっと楽になることでしょう。

2017-02-19_15-06-45_392.jpg

 子どもたちや僕にとって、良い経験になりました。

やりきりました!!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校