So-net無料ブログ作成
検索選択

Nコンブロックまであと二日です [合唱]

  今日は、午前練習でした。
 そして細かい修正ができる最後の日でした。
 今日のめあては、みがく、修正5箇所、そしてレギュラー最終決定です。

 修正しているうちに歌が小さくなるだろうなあと思ったので、最初に外で歌わせました。
 遠くで聞いても、良く響くようになりました。今日は運動場の対角線上の一番はしっこに立って指揮をしました。
 言葉で歌っても、響いてきます。

 ところが中で、修正作業をやっていくうちに、だんだんと歌声は小さくなっていきました。
 覚悟はしていたのですが、響きがだんだんとなくなっていくのがわかりました。

 とにかく修正すべきところは、やりました。
 明日からは、本番を想定した中で、歌わせます。
 大会でどこまで出せるか・・・です。

 知らない間に、ビデオをずっとつけっぱなしでいたようです。今、練習のビデオを見ていました。
 自分の指揮を見ると、とても大降りです。練習とは言え、大振りすぎます。
 伝えたいという気持ちが先に立っているのはわかりますが、これではわかりにくい。
 明日からは少しずつ、小振りにしていきます。
 また、言葉がくどい。反省です。

 言葉も指揮も的確にコンパクトに。子どもたちの活動を多く。これはすべてのことに言えそうです。

uvs160831-004.jpg

 今日は、某テレビ局さんが、また取材に来ていました。
 軽く引き受けたのですが、密着取材になりました。明日も来る予定です。
 これは、つけっぱなしのビデオに映っていました。

uvs160831-002.jpg

 子どもたち、こんなにカメラに映されたのは初めてのことでしょう。貴重な体験です。

 みんな、カメラ慣れしたようです。
 最終的に5分程度の映像にまとまるようですが、
 子どもたちの輝きと合唱のすばらしさが伝わるような、
 見た人がしあわせな気持ちになるような映像になればいいなと思っています。

 そして子どもたちの歌も、そんな歌にしたいです。

 知らない間に時間が流れていきます。
 Nコンブロックまであと二日です。


Nコンまであと3日です [合唱]

  今日は、午前練習でした。
 大会から逆算すると、表現上の細かい修正や磨きができるのは、今日と明日の二日だけです。
 その貴重な一日でした。

今日のめあて・・・表現を磨く+声大
 
とにかく時間がないので、来た人から児童玄関前で歌わせました。
広い場所で歌い、声を大きくするのが目的です。
雨が降りますが、児童玄関前は、屋根が付いていてぬれません。
僕は傘を持って、遠い場所で指揮をします。いぜんと比べるとずいぶん声が響くようになりました。
 しかし中での練習がつづくと、とたんに小さくなります。
 なにごとも継続です。

 その後、音楽室で基礎練習。
 口形、響き、発声など、繰り返し繰り返しのトレーニングです。

 10時に、ピアニストの先生が来ました。
 体育館へ移動し、課題曲・自由曲とひたすらピアノと合わせ、細部をみがいていきました。

 雨が滝のように降ります。雨がたき付ける音のする体育館の中で、ひたすら修正・修正を重ねました。

uvs160830-003.jpg

 練習の中で、正式レギュラーを決めていきました。
 しかし、明日、まだ流動していくでしょう。

uvs160830-004.jpg

 ひたすら歌いつづけ、ふと時計をみると、12時です。
   時間!!
 君たちはシンデレラみたい!!

思わず言いました。

 12時にはお家の人がお迎えに来ています。時間延長はききません。

ありがとうございました!!
さようなら!!
さようなら!!

あ~~、時間が欲しいです!!!!

激しい雨の降る中、今日もたくさんのお家の人が迎えに来てくださいました。
感謝です。

今日の午後は年休をとり、Nコンに向けての準備を行いました。やってもやってもやることはあります。

夕方になると、うそのように雨がやみ、晴れ間が見えてきました。

涼しい中、ひさびさのランニングに出かけました。

太陽の声、おはようの声、ぼくらの真上にふりそそぐ

2016-08-30_080922598_DE287_iOS.jpg

夕方だけど、課題曲の歌詞をイメージさせる太陽でした。

Nコンまであと3日です。


Nコンブロックまで4日となりました [合唱]

  今日は、午後練でした。

  午前中は消化し切れなかった特別休暇をとり、Nコンの準備をしました。
レギュラー案を決めました。(まだまだ変化していくでしょう)

  その後、前任校へ行きました。バス引率のお手伝いをしてくれる先生に、Nコンブロック当日の動きの説明をするためです。この先生は、今の学校にいた方です。子どもたちのことも、よく知っています。強力な助っ人です。
 学校では、運動会の応援団の練習をしていました。5年生だった子どもたちが、6年生に変身していました。

 午後の練習では、テレビで放映された映像をみんなで見ました。
気づいたことを言ってもらいました。

・笑顔が少ない。
・三部が成功していない。
・指揮を見ていない人がいる。
・地声が聞こえる。
・ピアノとあってないところがある。
・伸ばしが足りない。
・突然クレッシェンドしている他・・・

的を得た意見が出ました。聞く耳ができました。

「これからは、本番に通用する練習をしてきます。」と言って練習を始めました。
ポイントは集中力の持続です。
1時間集中できれば、本番の演奏、10分間の集中は続くはずです。

 しかし、なかなか集中できないのが人間。すぐに顔をさわったり、頭をかいたり、視線が宙を泳いだりと・・・。そんな子がまだたくさんいます。
 本番は一度きり、その本番に輝けるための今です。
 本番で指揮を始めたら、注意はできません。だから、今注意します。
そう言って、どんどん直してもらいました。

 繰り返し繰り返しの練習の中で自分のものにしてもらうしかありません。
 同時に表現も同じです。
 一度教えても、身につきません。何度もの繰り返しが必要です。

 外の練習後、音楽室での練習。そして最後は体育館での練習。
 気がつくと、4時になっていました。

 早いなあ・・・。そう言って練習を終えました。
 時間は限られています。だからこそ、計画的で、密度の濃い練習が必要です。

 大会出場順が決まりました。
うちは2番目です。
条件的には、不利です。
開会式前にリハーサルをするため、ステージまでの時間が長く空くからです。
また、最初の方だと、よほどインパクトが強くないと印象に残らないからです。

だからこそ、明るく他を圧倒する歌声が必要です。
最後の練習量が物をいいます。

Nコンまで4日となりました。


歌と絵 [合唱]

 Nコン東海北陸ブロックに向けての練習と並行して描いて来たお城の絵が、ここまできました。
 歌の指導で大切にしたいことが一目でわかるように。
 今の歌の段階がわかるように。
 二つの学校の歌声が一つになるようにと、毎日コツコツと描き続けてきました。

IMG_2090.JPG

 合唱と絵とは、とても似ています。
それは、どちらも描きこむ(歌いこむ)時間と比例して、深い表現になるということです。
また、明暗(強弱)などのメリハリが大切です。
更に両方とも基本が大切だということ。
絵の場合は、形がしっかりしていること。歌の場合は声です。
そして、最後に、どちらもキリが無い世界だということです。

しかし、今回の場合はキリがあります。
歌も絵も、9月3日。東海北陸ブロックに向けて、完成させていかなければいけません。

 この絵は歌声の象徴です。
どちらも、更に大きく磨きをかけ、思いを込めていきたいです。

 大会まで、あと5日になりました。


今日は、Nコン県大会の歌声が放送されました [合唱]

  今日は、Nコン、県大会当日の歌声が放送されました。遠い昔のようですが、映像をみると、その当時の自分にワープしました。

 いろいろと思うところがありました。改善点や修正点などシビアに見てしまいます。たくさんありました。

 金賞で名前が呼ばれたとき、またその当時の思いがよみがえりました。

 ただ、泣いている他の学校の子どもたちを見ていると、私たちは、そんな子どもたちのを含めた代表として出るのだなあと、改めて思いました。

 悔し泣きしてる子どもたちの気持ちは、痛いほどよくわかります。なぜなら、僕やOBたちも、同じように6年間、悔しい思いをしてきましたから。

 だからこそ、悔しい思いをさせたOBや他の学校の子どもたちの思いをのせた歌声をつくっていきたいと強く思いました。

 自分達の、歌声を分析し、練習を積み重ね、Nコン東海北陸ブロックにつなげていきます。


あと7日。子どもたちとともに顔晴ります [合唱]

 今日は事情があり、合唱練習はお休みです。
 Nコンブロックに向けて、一気に走り続けてきましたが、今日はホッと一息ついた感じです。

 大会前は、いつもと生活がガラリと変わります。
 朝早く出勤し、お茶をわかしたり、練習のために音楽室や体育館の準備をする。
 前日の録音した音声を聞き、修正点を探る。
 指揮練習をする。
 送迎の確認。欠席の確認。
 練習計画。
 そして、子どもたちとの練習!!
 帰った後も、録音を繰り返し聞きながら、片付け作業。
 やることは山ほどあります。

 寝ていても練習のことを無意識に考え、歯ぎしりをする・・・。いわゆる戦闘モードに近い状態です。
 大会までという限定だから、なんとか持ちこたえることができます。

 なぜ、こんなにがんばれるのだろう・・・と思います。
 本来の僕は、のんびり屋で、こんなにパワーを集中できる人ではありませんでした。

 それはひとえに、子どもたちや子どもたちをとりまくたくさんの人たちがいるからだと思います。

 一人ではできません。でも、たくさんの人がいるからがんばれる。

 奥さんは、子どもを生んで、強くなりました。(笑)
 それは、愛しいわが子の為だと思い強くなり、がんばれたのだと思います。
 それと同じなのかなあと思います。

 そのがんばりは、次の時代をつくることにつながっていきます。
 合唱を通して、子どもたちが成長してくれればいいなと思っています。

 あと7日。子どもたちとともに顔晴ります。


Nコン東海北陸まで、あと8日です [合唱]

  今日は、会議のため、また前校長先生にお世話になりました。
 会議の前、30分ほど時間があったので、来た子から、外で歌わせました。
 今日は、運動場の真ん中で輪になって、歌わせました。
 反響板となるような校舎や壁はありません。自らがひびきをださないといけません。 
 あえて歌いにくい場所で歌うことで、声を大きくしていくのです。

2016-08-25_042045958_4C35A_iOS.jpg

 暑い中、子どもたちがんばりました。

 その後、前校長先生によるレッスンです。
 今日も三部のところを、見ていただきました。本当に感謝です。

 録音した様子を聞いていると、三部ができない原因は、様々でした。
 一番の原因は、低音が低くなってしまうことです。
 下の声でやるとどうしても低くなります。
 鼻腔をひびかせる上の声でないと、高中音とうまく溶け合いません。
 また、口の形も原因です。正しい口形ができないため、こもった声になり音程が低くなる場合もあります。
 高音がうわずる場合もあります。お腹が使えてないと、高い音程になってしまうのです。
 中音がとれないという場合もあります。
 そんな様々な要因をクリアして、初めてひびきのあるハーモニーが生まれるのです。

 一時間以上かけて三部の部分をレッスンしていただきました。
 今日は成功しました。

 しかしまだまだ練習が必要です。
 身体で覚えてしまうまで・・・。その感覚が身体に染み込むまで。そこまでやる必要があると思っています。時間が無い中、どこまでやれるか・・・。集中力と練習密度が問題です。

 会議が思いのほか早く終わったので、最後は体育館に場所を変え、僕がレッスンをしました。
 最初は汗をだらだらかいて、暑そうにしていたのですが、時間が進むごとに慣れてきた様子でした。

 いろんな条件の中、繰り返し繰り返しの練習が必要だと思いました。

 愛知県代表も、今日決まり、東海北陸ブロック出場校がすべて決まりました。なんと昨年全国に出た学校ではなく、名古屋市立滝ノ水小学校でした。(愛知県、激戦区です。)

 Nコン東海北陸まで、あと8日です。


本当の力 [合唱]

  今日からうちの学校は、ウォームアップ週間と称し、学校が始まりました。
1、2限のみ授業を行い、その名のとおり、2学期に向けてウォームアップをするのです。
実質、学校が始まりました。

  今日は、2限終了後、12時までブラスの練習。そして1時からは合唱練習がありました。超ハードです。
 しかし、今日は僕が会議のため、前校長先生に二時間ほど練習を見ていただきました。

 課題山積です。
 まず三部の所がまだ決まらないこと。
 音程が違うところ多数。そんなところをなおしていただきました。

 練習の様子は、録音してありました。今聞き終えたところです。
 三部のつくり方など本当に勉強になりました。そして的確な指導をしていただきました。本当に感謝です。

 しかし、気になることがありました。

 その場ではなおるのですが、時間がたってやると元に戻っているのです。
 ひびきのある声も、意識すればできるのですが、意識しないとできない。
 前校長先生も熱血の人です。熱血指導で子どもたちはできるようになるのですが、熱血がないと、できない。

 その後、僕の指導です。1時間ちょっとしかないので、どんどん指導していきました。
テンポを意識し、密度の濃い練習。そして僕も熱血ですので、練習を重ねていくうちに声は出ます。
 でも、熱血がないとできない。

 これでは、本当の力とは言えません。
 教師の熱血指導で、子どもたちの気分が盛り上がり、その場でできたとしても、本番では、通用しません。
 気分に左右されることなく、息の流れたひびきのある声を出すのが当たり前になるまで力をつけていく必要を感じました。

 やはり練習量です。

 後半は、体育館で練習しました。
 最初は暑いとだるそうでしたが、練習を進めていくうちに、その暑さが当たり前のようになりました。
 暑さになれた人?と聞くと、たくさんの子の手が上がりました。

 小さくすずしい恵まれた環境で練習するよりも、あえて逆境で練習する方が、声も心も、本当の力がつくのかもしれない・・・と、今日は思いました。

2016-08-23_224910590_2B2BA_iOS.jpg

 今日はお城にサラ~っと色をつけました。基本はです。
 練習を繰り返すように、これから色を繰り返し塗り重ね、本当の力あふれる城にしていきます。


今日は、原点に戻りました [合唱]

  昨日は表現中心で、歌全体が小さくなりました。
 今日は、原点に戻りました。
  表現+声です。

 いくら表現がよくなっても(まだまだよくないのですが)声が貧弱では通用しません。
声づくりと並行していかなくてはいけません。具体的には、、必ず外で一回歌うこと

 ひびきのある声ならば、運動場でも遠くへ響きます。そんな声をめざします。
 暑い午後でしたが、外で歌いました。響きをつけるために母音唱で歌いました。
 声が少し戻ったようです。

 ただ、音楽室に戻り言葉で歌うと、また小さくなってしまいました。
 母音唱と言葉を行ったり来たりしました。
 たっぷりした息でひびきがある歌声、これが目標です。

 声ができると、音楽室を飛び出すくらいになります。
 これは昨年度体験しています。
 表現+声。

 しばらく継続していきます。

 今朝、お城を少し書き加えました。今、こんな感じです。歌も、こんな感じだったらいいなあ。

2016-08-22_215430068_5735D_iOS.jpg

ps.今日は上手になったなあと思う子が三人いました。一人一人進む速度はちがいますが、確実に成長しています。


今日から、表現に入りました [合唱]

今日から、表現に入りました。
今までは母音唱中心。声中心できましたが、今日から歌に言葉が入りました。

母音唱ではひびきのある声なのですが、言葉になると、どうしてもひびきが落ちてしまいます。そこで、母音唱⇔言葉を行ったり来たりしました。

言葉でも意識すると、ひびきがキープできます。
しかし意識がとぶと、ひびきはなくなります。
難しいものです。

しかし、言葉にはいると、おもしろいです。
歌に意味が入ってきます。
どんな表現をしたらいいのか、考えるのが楽しいです。
今日の練習では、練習の中でたくさんの笑いが起きました。
本当はこんな時間をたくさん持ちたいのですが、時間がありません。
表現を考えたら、反復練習が必要です。

たくさん修正したつもりでしたが、録音を聞いてみると、思ったほどなおっていません。
繰り返し繰り返しの地道な練習が必要なのでしょう。

 言葉をやったことで、今のお城はこんな感じでしょうか。

2016-08-22_073144352_0D07C_iOS.jpg

 形がクリアになってきました。
 でも、ずっと音楽室で歌っていたので、小さくなってしまったかもしれません。

 この歌のお城は、大きくなったり小さくなったりしてしまうのです。

 今日から午後練習になりました。
 午前中はブラスの練習。そして午後は、合唱。ハードです。
 でも、たくさんの保護者の方が動いてくださっています。

 そんなことを考えると、ポイントを絞り、密度の濃い効果的な練習をしていきたいと思いました。

 夏練、頭と体力勝負です。