So-net無料ブログ作成
検索選択

今日は、5年生の校内マラソン大会の練習がありました [幸せに生きる]

 今日は、5年生の校内マラソン大会の練習がありました。(昨日の記事は、低学年の部のマラソン大会です。)高学年の大会は、一週間後です。

 初めて練習コースを走るということで、担任の先生含め、6人の先生がコースの要所につきました。 僕は、子ども達と走ることにしました。

 2kmのコースです。田んぼ道も走ります。
 これぐらいの距離だと、短距離走の走り方で、最後までいけます。
 5年生ぐらいだと、先頭についていくのも難しいだろうなあと思っていました。

 しかし、いざ走り出してみると、子ども達、セーブしているのか、先頭に十分ついて行けます。
 結局最後のゴールまで、先頭を誘導することができました。
 
 記録は、約8分。1km4分のペース。まあまあのペースです。いいスピード練習になりました。

 男子のトップは、サッカーをやってる子でした。二位は陸上をやってる子。その後は、サッカー、野球と続きます。

 女子のトップは、トランポリンをやってる子。そして二位と三位が、なぜか合唱団の子でした。他にスポーツをやってないとのことで、合唱団のトレーニングのおかげか、たまたまか・・・謎です。

 子ども達、本番ではもっとスピードを上げてくるでしょう。
 ただ、今日は子ども達と最後まで一緒に走りきれたことがうれしかったです。
 まだまだ自分もやるなあと自分で自分をほめました。

 マラソンは、努力した分、伸びるので好きです。また、走ることに体が慣れてくると、本当に気持ちがいいものです。

 来週の今日行なわれる高学年のマラソン大会。今の自分を越える記録をそれぞれが出せれば、いいなあ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は、校内マラソン大会が開かれました [行事への取り組み]

 今日は、校内マラソン大会が開かれました。
一時期、行事削減で、こういう行事がどんどんなくなっていった時代がありました。うちの学校でもなくなってしまっていました。そのマラソン大会が、復活したのです。

 やってみると、やはりいいものです。
 一生懸命走る子ども達。それを応援する保護者の皆さん。
 カメラ片手にゴールそばでは、温かい声援がわきます。

 走るのが苦手な子もいると思います。 
 順位もついてしまいます。
 でも、これが得意な子もいます。
 そんな子ども達の活躍の場所ができることは、いいことだと思います。
 学力一辺倒ではなく、学校というところは、いろんなタイプの子ども達が活躍できる場所があればいいと思います。

 学力だけでは生きていけない世の中です。いろんな物差しがあり、輝ける場所がたくさんあればいいです。

 なぜかはわかりませんが、一生懸命走る子ども達の姿は、感動を呼びます。理屈じゃない世界があります。エネルギーを感じます。

 なんと今日、欠席児童、0人の日だったそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は、5年生の児童音楽会がありました [合唱]

 今日は、5年生の児童音楽会がありました。
うちの学校は、ここ数年、毎年5年生の合唱で出ています。

歌ったのは、Nコン課題曲「ふるさと」と
キャッツのナンバー、「スキンブルシャンクス」です。

  場所は、市の公会堂大ホールです。このホールで合唱団、何度も歌ったことがありますが、声が飛びにくいホールです。
 今日はどうでしょう。

 たくさんのお客さんが来ていました。会場は満席です。
 
 5年生全員で89人います。
 これだけの人数で歌うと・・・

  本当にホールいっぱいによく響きました。
 
 ふるさと、歌い終わると、大きな拍手が沸きました。いい出来だったと思います。

 次のスキンブルシャンクス。たくさん課題がありました。。
まず、時間オーバーなので、今日、急きょテンポを速くして練習しました。
(2曲で6分という制限があったのです。)
いろんな所で、楽器と歌がそろいません。
振り付けも、今日完成したばかりです。
更に、ソロのところは、マイクが使えず、音量、テンポとも落ちてしまうという課題がありました。
 本当に課題だらけで、今日の1限目、何度も練習した曲です。

 さて、本番です。

Picture1.jpg

 子ども達、やってくれました。
 テンポばっちりです。
 ソロ、マイクがないのに、声がとんでいます。
 楽器隊、後半にいくに従って、ばっちりそろっていきました。
 前のダンス隊、ほれぼれするほどかっこいいです。
 そして、子ども達の歌声、最高です。
 僕は指揮をしながら、ノリノリになってしまいました。

 最後の手拍子は、会場を巻き込み。会場全体が手拍子のリズムでいっぱでした。
 演奏を終わると、割れんばかりの拍手。
 あ~~~気持ちいい!!
 これだからステージはたまりません。
 言葉にできないような快感が体を包みました。
 子ども達もそんな感じを味わった子、多かったんじゃないかな。

 ステージから降りると、みんなすっきりしたいい表情をしていました。

 会場で出会う何人もの保護者のみなさんから、「とても良かった」って感想を言っていただきました。
 
 ある方が近づいてきて、こう言いました。
「ほんとうに、いい歌をありがとうございます。」

 どなたのお母さんですか?と聞くと、
「いえ、一般の者です。来て良かったです。」と笑顔で言いました。

 これ、うれしかったです。

 5年生の子ども達、練習は大変だったけど、良い体験ができたんじゃないかな。
 十分に合格点の歌声でした。
 本番に強い子ども達です。

 これから、これらの歌を、全校集会・収穫祭と披露していきます。
 そうやって、5年生全員で取り組んだ体験を通して、学年としての成長をしてもらえればと思っています。

 いい一日でした。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

イノシシ、逃走中! [その他]

 朝、一枚のファックスがありました。
「至急」と書いたそのファックスには、以下のようなことが書かれていました。

イノシシが、お店に侵入し、窓ガラスを割って逃げ出し、逃走中。
下校時には、児童生徒に注意を促すように。

イノシシの侵入したお店は、交通量の多い国道沿いにあります。
まったく信じられないようなことが起きるものです。

さっそくお昼に緊急職員会が開かれ、今後の対応が相談されました。

学級で下校時注意するよう指導すること。
そして下校時、管理職・僕・あいた職員で、見回ることになりました。

よい天気です。
車でそのお店に行きました。
入り口近く大きなガラスが、みごとに割れています。
これは相当大きなイノシシなのかもしれません。
新聞記者もきていました。

3時から4時まで、約一時間、車で巡回指導しました。
おそらく明日、新聞に出るだろうなあ。

 僕の住んでいるところでは、当たり前のように出没するイノシシも、街中で出ると大事件になるんですね。当のイノシシもびっくりしただろうなあ。
 今頃どこにいるのでしょう。
 明日のランニングで遭遇するかもしれません。
 子供達に、危害がなくてよかったです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

完全リフレッシュの一日 [幸せに生きる]

 今日は、仕事をやる気がま~~ったくせず、リフレッシュの一日につとめました。

  午前中は、ランニング。山のダムに向かっての約100分のランニングを楽しみました。途中、渓流あり、高い山々あり、急坂ありで、良いコースです。
風が冷たくなってきました。いつの間にか、すっかり秋なんですね。

  午後は、ウエイトトレーニングで、体に刺激を。
 今、心地よい疲労感が残っています。
 そして、その後は温泉でのんびりしました。
 ゆったりとぬるめの温泉で横になり、うつらうつら・・・

  こういうのんびりした一日もいいものです。
 何気ない一日ですが、平穏なしあわせな一日でした。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分流のスタート [合唱]

 今日は、合唱団の練習がありました。
自分流にやってみました。
と言っても、子ども達を見て、言った方がいいこと。
自分の言いたい事をどんどん言っただけですが。

たとえば、
・あいさつは、自分から先に大きな声でいう。
・練習は、笑顔で。
・遅刻はしないように。
・人の話を聞く時は、目を見て、うなづきながら聞く。
・片づけや仕事は、自分からどんどん動く。

 主にしつけの面ですが、学級担任の時に良く言っていた事を、合唱団でも言うようにしました。今までも言ってはいましたが、どこかで遠慮していた部分がありました。でも、どんどん言うことにしました。
 僕は、自分流でやってますので、とってもやりやすかったです。

 これで、どう変わっていくのか、わかりません。
 でも、人まねではなく、自分流にやっていきます。

 子ども達は、「自分も楽しみ、人を楽しませ・レベルを上げる」ということを望んでいます。
それには、楽しいことも大切ですが、自分で楽しみを見つけられる人に成長することが大切なことだと思っています。
 与えられた楽しさだけでなく、日常に自分で楽しみを見つけられる力をつける。
 そうすると、これからの人生、楽しく生きていけます。
 何よりも、自分自身がそういう人間になりたいと思っています。

 それには、周りに対する意識を高めた行動をすることだと思います。
 あいさつしかり
 笑顔しかり
 時間を守ることしかり

 そういう些細な積み重ねが人としての成長を促していき、いい歌声をつくっていくのだと、今は思っています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

6年生との緊急ミーティングの続き [合唱]

今朝は、練習を中止して、6年生との緊急ミーティングの続きをしました。

 6年生の求めている楽しさとは?どんなことか?
ということで、昨日のことを確認しました。

・鬼ごっこやドッジボールではなく、楽しい歌を歌いたい。
・難しい歌でも、有名でいい歌を歌いたい。
・自分も楽しんで人にも楽しんでもらいたい。
・朝練は続けたい。

 今日は歌のレベルについてどう考えているのか聞いてみました。

②歌のレベルは 
ア.上げたい 
イ.現状維持 
ウ.関係なし

すると、全員上げたいを選びました。人に楽しんでもらうためには、歌のレベルを上げないといけない、というのが主な理由でした。

③自分達の歌いたい歌は?
今後自分たちが歌っていきたい楽しい歌とはどんな歌なのか聞いてみました。
すると次のような曲が出てきました。

  手紙
 いのちの歌
 Nコンで歌われた難曲

 そこで、僕はみんなの希望をかなえることを約束しました。

しかし、人を楽しませ・レベルを上げるということに関し、
6年生として自分達はどう行動したら良いか、聞きました。
すると、次のような意見が出ました。

・6年生は、早めに来る。
・6年生は、自分から笑顔を作り、練習する。
・6年生は下の学年にどんどん教える。

 では、明日からそのように行動してください。と言いました。
そして、こう続けました。 

 先生は、これからは、当たり前のことを当たり前のようにする指導をしていきます。
たとえば、
・挨拶をする。
・口をあける。
・笑顔を作る
・よそ見などへの注意

 これらのことを言いました。
 僕は迷いを捨て、子ども達が心の面でも成長できるよう、自分流に指導していくつもりです。

 これで、お互いすっきりした?形で終わりました。

 小学校の合唱団は、6年生で決まります。6年生がどういう気持ちで、どう動くかにかかっています。そんな意味で、練習を中断しての二日間のミーティングは、有意義だったと思います。

 さあ、明日から、新しい合唱団がスタートします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

6年生との緊急ミーティング [合唱]

 今朝、朝練を中止して、6年生と緊急ミーティングをしました。
議題は次です。

これから、
楽しいを選ぶか
感動を選ぶか。

一人一人意見を言ってもらうと、
一人を除いて全員が「楽しい」を選びました。

そこで、用意してあった次のような提案をしました。

では、今後、次のような形の活動にしましょう。

・遅刻・欠席は自由(ただし、安全上連絡はしてもらう)
・朝練はやめ、週に一度、土曜日練習だけにする。
・歌は難しいのは避け、二部合唱中心にする。
・休憩時間をたくさんとり、その間、鬼ごっこやドッジボールなどの遊びを入れる。

 本気でそのとおりにしてもいいと思って提案しました。

団員たちはきょとんとした顔をしています。
そうこうやっているうちに朝のミーティングの時間は、終わってしまいました。
何かいいたげな表情だったので、昼休みもミーティングをしました。

 朝は意見がでなかったので、昼のミーティングの時、朝話を聞いて疑問に思ったことを黒板に書いておきました。。

1.楽しいとは?(具体的に)
2.歌のレベルは ア.上げたい イ.現状維持 ウ.関係なし

1番について具体的に言ってもらうと
・鬼ごっこやドッジボールではなく、楽しい歌を歌いたい。
(今まで歌ってきた中では、スキンブルシャンクス・サウンドオブミュージック・命の歌など)
・難しい歌でも、有名でいい歌を歌いたい。
・自分も楽しんで人にも楽しんでもらいたい。
・朝練は続けたい。

 そうこうしているうちに昼のミーティングは終わってしまいました。
 そういう楽しさを望んでいたんですね。なんとなく見えてきました。

 でも、まだすっきりしないので、明日、また臨時のミーティングをします。
 合唱団の6年生と僕がすっきりした形で、新たなスタートを切るために。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今朝はミーティングをしました [合唱]

 今日の朝練で、団員たちに、僕の悩みを伝えました。

自分の中には、二つの自分がいる。

一つは、人を感動させるようないい歌を歌ってもらいたいという自分
もう一つは、ソアーベみたいに、楽しみたいという自分。
その両方を行ったり来たりしている。

そして、これからどちらか一つで行きたいと思っていること。
団員たちにどちらがいいのか、話し合ったもらいました。
グループごとに話し合ってもらったのですが、次のような結果になりました。

6年生は、楽しみたい。
5年生以下は、感動させるような歌を歌いたい。

意見がみごとに分かれました。

楽しむのだったら、歌のレベルのことは考えず、ある程度指導はゆるくなります。
感動させるような歌だったら、ある程度指導は厳しくなります。

両方両立できれば一番いいのですが、僕には難しいです。

今までいろんな合唱の世界を見てきました。いろんな指導者を見てきました。指導には、その人となりが出ていました。すばらしい歌を歌う合唱団には、明るい中にも、それなりの厳しさがありました。

 唯一違ったのが福井ソアーベ児童合唱団でした。この合唱団は、楽しい雰囲気の中で知らず知らずのうちにいい歌が歌えるようになる合唱団でした。しかし、これは故坪口純朗先生の力量によるところが大きいと今は思っています。

自分なりのものを持ちたいと思ってきました。
そして自分流にやりたくなってきたのも事実です。

でも、子ども達があっての自分です。
さあ、どちらの路線で行くか。

どちらでもいいと思っています。
最後には、自分もみんなも楽しい方法を選びたいです。

明日、練習を中止して6年生の団員たちとミーティングをします。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

二つの自分 [合唱]

 ある尊敬する方から昨晩電話がありました。
こんなことを言われました。

ムッシュ先生の中には、二つのものがある。
一つは、コンクールで金!という熱い思い
もう一つは、ソアーベのように楽しくやりたいという思い。
その二つを行ったり来たりしている。

鋭いです。その通りなんです。
この二つの考えが、どちらもあるのです。
その両方をまさに行ったりきたりしているのです。
自分の中に二人の自分がいるようです。

そしてその方からこんなふうに言われました。

どちらか一つで行ったほうがいい。

そうかもしれません。
僕はどちらが大切なんだろう。

金!というよりも、人の心を感動させるような音楽を作りたいという熱い思いがあります。聞いた人が涙を流して感動してくれるような音楽。
同時に、楽しくもやりたい。

どちらが大切なのだろう?

今の自分は、感動させる音楽の方が大切だと思っています。そういう音楽を作れたほうが、聞く人も感動するし、それを演奏した子ども達の喜びも大きいと思うからです

 そこで、今日は、久しぶりにけっこうキビシメに迫ってみました。
特に5年生は、児童音楽会が近いです。
すると、締まったいい雰囲気の指導が展開していきました。

他の学年の授業でも、今までよりもキビシメのバージョンでやってみました。
すると、子ども達はちゃんとそれに付き合い、やってくれます。
更に能率もよく、笑顔すら見えます。

  子どもって、筋さえ通っていれば、厳しく指導されることを喜ぶ傾向もあります。もちろん子どもの心を大切にした上にですが。

 何がいいのか、わかりません。
 僕流のやり方、もうそろそろ見つける時期に来ているのかもしれません。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校