So-net無料ブログ作成

6月4日のNコンマガジンに登場します!! [合唱]

  次回のNコンマガジン(6月4日)に、わが合唱団が登場します!!
 第4回のNコンマガジン最後の次回予告に、うちの子供達。そして僕の顔がドアップで映っていたからです。これが証拠写真。気合の入った僕と子供達!!

uvs110530-0022.JPG

 次回の放送では、僕とかわいい子供達が全国に流れます。

インターネットのNコンマガジンのページには、こんな文章が出ています。

第5回の特集は
熱血!合唱先生
★合唱に欠かせない、熱いハートの先生たち。中には音楽が専門じゃない先生も。そんな先生たちの創意工夫と、情熱を受け止める合唱団をリポートします!

 「音楽が専門じゃない先生でも、合唱指導はできるんだよ」って感じになるんでしょうね。5分程度の特集の一つになりそうな感じです。でも、どんな内容なんでしょう。うれしいけど、ヒヤヒヤドキドキもしております。

放送日は以下です。
第5回 6月4日(土)
午後4:30~Eテレ(教育)

 子供達のため、そしてすばらしい合唱の普及のお役に立てばと思い、喜んで引き受けた取材です。次回の放送で、ぜひそんなことが伝わって欲しいなあ。
 楽しみです。でもドキドキする~~。


学びの意欲がふつふつと湧いています [幸せに生きる]

 講習会の翌日。やはり外へ出て勉強することの大切さを実感しています。
昨日の講習会は、とても刺激になりました。
それは、がんばっているたくさんの人たちを目の前にしたから。
一生懸命学ぼうという人たちを目にしたから。

自分だけの力でやろうとしても、限界が来ます。
合唱を通して、常に新しいことを学ぶことの大切さを痛感しています。
それが創造を生み、変化を生んでいきます。

また学びの意欲がふつふつと湧いています。
常に変化・成長をしていきたい。

今自分に必要な事は、ていねいさ。繊細さ。そんな微妙な表現を子供達にどうおろしていくかということ。

そのために、行動します。

変化を生むためには、人生をおもしろくするためには、そう行動すればいい。人生は自分の行動次第で、どれだけでもおもしろくなっていきます。

今、また新たな行動を計画中です…。


「第78回NHK全国学校音楽コンクール」課題曲講習会を受けてきました [合唱]

 今日は大阪に行きました。「NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会を受けるためです。
 6年生の団員希望者7名をつれて行きました。保護者の皆さんには本当に感謝です。

 朝6時すぎに集合。
 既に子供たちが2名と保護者の方が来ていました。
 駅の構内に行ってテンションが上がります。汽車に乗るのが、うれしいみたいです。

DSC_0105.jpg

 6時30分のサンダーバード4号に乗り、大阪へ向かいます。
 子供たち、みんな静かにマナーを守っています。中には楽譜を見て勉強している子もいます。感心します。
 
 大阪に着くと大雨。傘をさしてはいたものの、会場へ行くまでにずいぶん濡れました。

DSC_0109.jpg

 さて、今日の講師は大西裕子先生。昨年度と同じ先生です。教え方がとても上手く、今日も学ぶところがたくさんありました。

書き出すときりがないので、特に心に残ったことだけを書きます。

最初の出だしの言葉「はな」を明るく
 そのための言葉かけとして、
「一人一人花を咲かせて」
「いい顔で」
「笑顔で」
「はーっと息をはくように」など繰り返していました。
 歌は出だしで決まるといいます。特に今年の課題曲は、出だしがいかに明るく華やかにスタートするかできまるなあと思いました。

●音読と歌
 「音読をさせて歌に入る」ということを頻繁にやられていました。音読と歌とは深い関係があることを再認識しました。
 音読をすることで、イメージがあるかないかがわかります。
 子供達の中でイメージができることで、音読が変わっていきます。
 その声で歌ってみて。と歌わせます。
 すると歌声も変わっていきます。
 音読。まずは言葉ありき!だと思いました。

●動きをつけて指導
 ただ歌わせるのではなく、いろんな場面でそのイメージにあった動きをつけて歌わせていました。例えば、「はずませて」のスタッカートの部分では、自らが弾みます。でもドンドンと弾むのではなく、つま先で音をたてないように弾む。すると、軽やかな「はずませて」という表現になりました。

 フワッと短く終わる部分では、手でフワッとつまむようにして歌ってみたり、など。
 動作をさせることでイメージをつかませることができます。すると歌声も変わります。とても参考になりました。

 大西先生の指導は、いろんな動きを入れながらの指導。動きまわりながらの指導でした。それが、指揮につながっていました。そのつながりがわかり、見ていておもしろかったです。

●子音を大切に
 言葉を大切にするために、子音を大切にすること。「ことり」のkをはっきりさせることで、「小鳥」になります。「はしった」ではhの音を強調することで、躍動感が出ます。

●休符にも意味がある
 「はなの」と「なかま」の間に短い8分休符があります。普通は「はなのなかま」と続ければいい所に、あえて休符が入れてあるのです。これには作曲者の意図があるとのこと。どんな意図があると思いますか。

 これは、その休符を入れることで、「なかま」という言葉を際立たせてほしいという願いを込めているのだそうです。

 「なかま」という言葉は、「ぼくらは仲間」という題名の一部でもあります。この曲のテーマです。この曲の中では大切にしてほしい言葉なのでしょう。

 そう言えば、僕たちも子供たちに大切な話をするとき、一度間を入れる時があります。言葉の間にある休符は、それに近いものかもしれません。

●全体のストーリーが大切
 ただきれいに歌うのではなく、この歌にもストーリーがあるっていうことがおぼろげながらわかりました。そのストーリーをいかに組み立てていくかってことがとても大切だと思いました。
 この「ぼくらは仲間で」では、季節の違い。季節ごとの味わいをだすこと。そして、終盤になるに従って、気持ちの盛り上がり。楽しかったよー。なかまだった。あーーー感動!!
そんな映画をみるような思いをするような曲作りをしていくといいのでしょう。

口では簡単ですが、そのためには、

言葉を大切にすること。
イメージをしっかり持つこと。
楽譜に忠実に積み上げること。
美しいハーモニー。
豊かな声量。
明るい声作り。

 たくさんの要素が必要です。
逆に言えば、それだけやりがいのある素敵な曲です。

 うれしかったことがあります。それは、大西先生のご指導と同じようなことを僕もやっていたってこと。子供達、「先生と同じ事言ってる」って言ってくれました。

 しかし大西先生のすごいところは、そんな指導を難しくなく、子供達にわかりやすい言葉や動作化などでおろしているところ。指導すべきことを、いかに子供達の腑に落ちる形でおろしていくか。それが小学生の合唱団指導者に求められることなんだろうなあって思いました。

 少しずつ積み上げて、指導も工夫し、楽しみながら感動的な曲に仕上げていきたいです。

 今帰りの汽車の中でこれを打っています。子供たち、みんなぐったりと寝ています。朝早かったから、みんなつかれたんだろうなあ。
 僕は興奮しております。

 合唱ってやはりいいものです。

PS.なんと会場の帰りがけ、昨年度「合唱のちから」でお世話になったNHKのディレクターさんが声をかけてくださいました。思わず「オー」と声を出し、握手をしていただきました。
「今度、また出ますね。」って。エヌコンマガジン、次回の放送登場で間違いないようです。むこうから声をかけていただいたこと。とても感激しました。
 すばらしい学びの一日でした。


もしかして、全国放送登場!? [合唱]

今日、友人からこんなメールを頂きました。

先ほどNコンマガジンを見ていたら、最後にムッシュさんが映し出されて
おーっと叫んでしまいました。(1人でみてたんですが)
来週のオンエアが楽しみです。

僕もおーーーっと叫んでしまいました。

インターネットのNコンマガジンのページを見てみました。
するとこんな文章が出ています。

第5回の特集は
熱血!合唱先生
★合唱に欠かせない、熱いハートの先生たち。中には音楽が専門じゃない先生も。そんな先生たちの創意工夫と、情熱を受け止める合唱団をリポートします!

 次回のNコンマガジンでは、わが合唱団が全国放送に出る可能性大です。

 どんな内容になるのでしょう。
 僕はたくさんの熱血先生の中の一人として紹介されるんだろうなあ。イヤ~~はずかしい!!
 合唱団のみんなも映るでしょう。かわいく映って欲しいなあ。

 今日、僕の顔が全国に映し出されたことは確かです。
どんな映像だろう?合唱団のみんなも映ったのかな。

放送日は以下です。
第5回 6月4日(土)
午後4:30~Eテレ(教育)

 僕たちの映像で、合唱の楽しさやすばらしさが伝わればいいなって思っています。
また、正式に何かがわかれば、報告しますね。
 いや~~、人生っておもしろいです。


特学の世界。時には嵐に! [学級]

 一週間が終わりました。
特学の世界。ゆったりとした時間の流れの時もあれば、
嵐のような状況になるときもあります。

一人が教室から脱出!
別の子がパニック。
交流教室の子が行方不明。
そんなことが時には同時に起きたりします。

 今日がそうでした。
 だからたくさんの支援の方がいるんだなあと合点しました。

 同じ学校にいながら、まったく違う世界です。
 たくさんの人に支えられています。
 
 今日も無事終えた幸せを感じています。


合唱団員に向けて書いた文・・・自分を出す [合唱]

 今日は、合唱団員に向けて書いた文章を公開します。
ちょっぴり辛口の文章です。
 団員たちはこの文章で何を思うでしょう。楽しみです。

 合唱団員が学校生活の中でがんばっているウワサを時々耳にします。

 あるクラスで、少ない人数の合唱団員だけで低音を歌い、他のみんなが高音を歌い、二部合唱をしたって話を聞きました。すごいなあと思いました。

 全校集会では、合唱団員の「はいっ」という返事が大きく立派なので、職員室で「すごいね」って話題になったこともありました。

 クラスで、一生懸命大きな口をあけて、音楽の授業をリードしてくれる子がいるって話しも聞きました。とってもうれしく思いました。

 しかし最近、逆の話も耳にしました。
 合唱団員なのに、音楽の時間、ちっとも口を開けてうたってない。合唱団じゃない子の中にがんばっている子がいるのに・・・。

 あなたは、このことをどう思いますか。

 
 話を変えます。
 合唱というのは、長い時間練習すれば上手になると思いますか?

 正解は…校長先生に聞いて見ましょう。

 Nコン全国大会に出るような学校の中には、長い時間練習する学校がいくつもあります。
 先生が聞いた中には、朝練・昼練・夕方練の三つを毎日行っている学校があります。もちろん土日も練習です。毎日夜8時まで練習って学校もあります。

 そんな学校は、みっちりと声を鍛えたり腹式トレーニングや笑顔や表現、ハーモニーの練習もびっちりとできます。

 うちは25分の朝練と3時間の土曜練習です。練習時間は多いほうではありません。

 しかしうちと同じような練習時間で、全国レベルの学校もあります。
 練習時間が短いのに、その学校の子供達は感動的な歌を歌います。秘密はなんでしょう。

 それは、二つ。
○○ー○
○○を出すこと

 正解は

スピード
自分を出すこと

 

 実はもう一つ、秘密があるんです。なんだと思いますか。

そこの合唱団員は○○や○○○などでもがんばっている。

 正解は
そこの合唱団員は授業委員会などでもがんばっている。
のだそうです。

 特に音楽の授業では自分をどんどん出し、学級の歌声をリードしているそうです。
授業や委員会でも大活躍し、他の先生方も感心しているそうです。
 
 その学校は練習時間は短いですが、授業や委員会でもどんどん自分を出し歌を歌ったり、大きな声で発言したりして、それが合唱練習の代わりみたいになっているようなのです。

 考えると、音楽の授業は、合唱練習をするのに、とってもいい時間です。だってみんなと歌を歌い、自分を出すトレーニングが出来るんですから。また、他の授業も同じです。発言することは自分を出すことにつながっていきます。

 こんな風に普段の生活でどんどん自分を出していくと、合唱で自分を出して表現するのも得意になっていくでしょうね。

 その学校の団員たちは、合唱を通して、人間的にグーンと成長するそうです。自信を持って、中学生や上の学年に進んでいくそうです。

 先生の今年の目標は、お客さんに感動してもらえるような歌をつくること。
 単にうまいだけの歌なんてつまんないです。(眠くなります…)

 同じように、単に歌がうまいだけの子になって欲しいと思ってません。
 心がドキドキ震えるよう感動的な歌を歌える子になって欲しいと思っています。
 
 そのためのポイントはいろんな場面で自分を出すこと。
 そのことで心が成長していきます。
 だからこそ、感動的な歌声になるんだと思います。

 一心不乱に自分を出したステキな歌声を聞かせたいです。

 あなたは、今日の話を読んで何を思いましたか。


○年生の歌った「つばさをください」 [合唱]

 今、交流学級の音楽の授業をお願いされ、教えています。
 週2回の音楽の授業ですが、楽しくってしょうがありません。
 子供達も休み時間に来ては「絶対音楽の授業に来てや!」って、言ってくれています。

 週にたった2時間の音楽ですが、子供達、メキメキとうまくなっています。

  今「つばさをください」の二部合唱に挑戦しています。
 今日、その歌声を録音しました。

  すぐに聞かせたところ、子供達、「合唱団みたい」って喜んでいました。
 なんとなく二部になっています。
 「つけてくださーい」のクレッシェンドの所もがんばっています。
 今日はその歌声をお聞き下さい。


 
 週に2時間だけの音楽です。
 でも、やる気満々。
 

 一学期の2年生の歌声です。
 この子達、なかなかやると思いませんか?

 子供って、すごいです。音楽専科になりたいなあ。


新練習メニュー!顔ジャンケン [合唱]

 合唱団の練習を楽しくするために、新しいメニューを入れました。
それは、顔ジャンケン。
 「自分のクラスで好評!!ぜひ練習に入れて欲しい」という団員の要望を取り入れました。
 その名の通り、顔でジャンケンするのですが、これがなかなかおもしろいのです。

こんなルールです。
グー…口と目をギューッと閉じ、鼻に寄せる感じにする。(梅干を食べた顔)
チョキ…片目をギューッと閉じる
パー…口と目を大きく開ける。(ビックリした顔)

 まずは、僕が見本を見せます。僕の顔がおかしくてみんな笑い出しました。

 次は、僕の真似をして、みんなでやりました。
グー。チョキ。パー。
 子供達の顔もおもしろい!!みんなお互いの顔を見て、笑い出しました。
(みんなやってくれました。なんていい子たちなんでしょう。

 今度は僕対全員の顔ジャンケンです。

最初はグー!ジャンケンポン!(「グー」「チョキ」「パー」と声に出して言ってもらいました。だってグーだと見えませんからね。)
 また笑いがおきます。

最後は隣同士で顔ジャンケン勝負。
 大盛り上がりでした。

 このトレーニング、メニューの最初の方に入れました。
 
 歌って、表情も大きな要素を占めます。表情が明るければ、明るい歌声になるんです。逆に暗い表情だったら、暗い歌声になります。不思議ですが、そうなんです。

 豊かな表情を作るための顔のトレーニングになります。

 このメニューで楽しいスタートが切れそうです。


原点に戻る [合唱]

 今、合唱団の課題は、ホール全体に響くような歌声!それができるようになること。
しかし、その練習はきついです。

  最近、団員の子供達の表情が冴えません。
 今日、6年生の子供達に、最近の練習について聞いてみました。

 すると、楽しくないと答えます。

 「理屈ではいい」とわかっていても「楽しくない」ということって、あります。それでは身になりません。

 僕の練習は、いくつものパーツでできています。
 楽しくない練習は、どれか確認しました。
 明日から、その練習法をなくしていくことにしました。

 楽しいことの積み重ねていく。子供達に合せながら。
 だって楽しみたいですから。

 練習が楽しくなければ、変えていけばいいのです。楽しくなるように。そうやって改良を重ね、工夫を凝らしていくことが大切なのです。
 
 合唱は楽しむためにある。 
 人生は楽しむためにある。

 原点に戻ります。


大野名水マラソンに出ました。超楽しかったです。たくさんの皆さんに感謝!! [幸せに生きる]

 今日は、久々にマラソン大会に出てきました。
大野名水マラソン。ハーフマラソンです。

  ほ~~んとうに久々です。
  昨年度のふくらはぎの肉離れで東京マラソン苦渋の断念以来、まる一年は大会に出ていません。

  記録を見てみると、2009年11月のいびがわマラソン出場以来です。なんと1年半ぶりの大会復帰。
この大会は2008年5月以来、3年ぶりの出場です。

大きなブランクで出場する僕。下のような二つの目標を持ちました。

まず完走すること。
そしてレースの一瞬一瞬を楽しむこと。

 
 朝6時30に自宅を出て、会場に着いたのが8時20分ごろ。
たくさんの人が歩いています。久しぶりの大会。ワクワクします。
「がんばろう日本」のTシャツとスタートの横断幕が見えます。

DSC_0076.jpg

 会場に着くと、開会式が始まっていました。
今日のゲストランナー、有森裕子さんの姿も見えます。

DSC_0082.jpg

「今、東北は震災で大変な状況ですが、だからこそ、わたしたちにできることをやりましょう。今日のレースを力いっぱい元気に走ること。できることを精一杯やることが、日本を元気にし、東北の支援につながっていくと信じています。」

 そんな有森さんの力強い言葉で、背中がゾクゾクしました。
そう、自粛自粛ではなく、できることを精一杯やること。それが日本を元気にすることにつながるし、東北の支援にもつながると僕も思います。

 さあやるぞ!!

 会場では、たくさんのボランティアさんが準備していました。こんな人たちのおかげで、この大会は開催され、運営されているのです。本当に感謝です。

DSC_0085.jpg

 選手控室の体育館はたくさんの人でごった返していました。

DSC_0086.jpg

 それもそのはず、外は大雨。テントも大きく揺れています。
スタート間際になっても、大降りの雨、9:10スタートですが、5分前になっても、誰もスタート地点にいません。

DSC_0089.jpg

 しかし、時は待ってくれません。やがてぞろぞろとみんなでスタート地点へ。
写真を撮ろうと思ったのですが、大雨でとれませんでした。

 不思議なものです、大勢の人がいると大降りの雨も気になりません。それどころか、なんだか気分が高揚してきました。
 緊張感のないままあっという間にスタートの時間。

 有森さんが「ヘイヘイヘ~~イ」とエールをあげてくれました。
うれしいなあ。

 抜こうが抜かれようが関係ない。一瞬一瞬を楽しんで走りました。
具体的には、いいフォームを意識すること。
背筋を伸ばし、腰から進む意識で。スピードよりも、足の動き、手の動きを意識して。好きな音楽を聞きながら、自分のリズムで。

  また、給水所では、必ずコップを受け取り水を飲むようにしました。「ありがとう」って感謝するためです。また、コップを返すときも、「ありがとう」って返すため。
 雨の中、一生懸命ボランティアで手伝ってくださっている方々に、応えてあげたい。感謝の気持ちを伝えたい。
 これも、大会を楽しむことにつながります。

 そうやって走っていると、本当に楽しい。
久々に大会に出られる楽しさもあるけど、一瞬一瞬が楽しくってしょうがありませんでした。

こうやって元気に走れてうれしいなあ。幸せだなあ。
元気に回復してくれたふくらはぎ。そして自分。ありがとう。
大会のみなさん、ありがとう。
まわりで一緒に走ってくれるみんな、ありがとう。

 そんな気持ちで走っていると、だんだん気持ちよくなり、8km付近でランニングハイになりました。思わず「気持ちいい~~」って口に出しました。そして走る走る。

 折り返し地点を過ぎ、14km付近でだんだんペースが落ちてきました。次々と抜かれていきます。少々しんどくなってきました。スタミナ切れか・・・と思っていたのですが、ここでも自分の走りを意識しました。すると、つらさがだんだんなくなっていきました。
 給水地点での、ドリンクとみなさんの応援で元気が出ます。「ありがとう」って感謝の気持ちがわいてきます。

  やがて、19km付近を過ぎたあたりから、まただんだん気持ちよくなってきました。そして20km21km付近で、またランニングハイになりました。スピードもどんどん出てきます。「超気持ちイ~~!!」と叫びながら走る走る。

 そして、感動のゴール。気分はハイです。

 タイムは98分。3年前のタイムが96分ですから、そんなに悪くありません。
むしろブランクのわりにはいい記録なので、うれしかったです。
また、最後まで痛くならずにはしってくれた自分の足と身体に感謝しました。

 今回の「レースの一瞬一瞬を楽しみながら走る」という目標は、一つの実験でした。「そんな気持ちで走ったら、どういう結果になるか」という。

 結果は、本当に気持ちよく。記録も悪いものではありませんでした。
 何よりも、「またすぐにでもレースに出たい!!走りたい」っていう楽しい気分に驚きました。

 僕が今、合唱指導で目指しているのも、この方式。
「練習の一瞬一瞬を楽しみながらやる。」
 この方式に、自信を持ちました。結果のことは考えず、一瞬一瞬の練習を楽しんでやる。精一杯工夫しながら、感謝の気持ちを持ちながら。その積み重ねが、楽しい結果を生みそうです。

 レース後、有森裕子さんのサイン会がありました。東北の義援金寄付という条件付きです。

DSC_0094.jpg

 僕は買ったばかりの赤いTシャツの後ろにこんなサインをしてもらいました。

DSC_0101.jpg 

「すべてを力に」
 いい言葉です。

 有森さん、マラソンをパワーにしています。使命感を持って生きている感じがします。かっこいいです。

 僕も僕の立ち位置で、パワーを作っていきます。それが、自分を周りを、そして日本を元気にしていきます。

 たくさんの元気と自信を頂きました。

 大野名水マラソン関係者のみなさん、雨の中、沿道で応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。いい大会でした。みなさんのおかげです。心から感謝します。

Picture1.jpg(今回の完走証。自分に拍手!!)