So-net無料ブログ作成
検索選択

子供達が作った「なぞかけ」 [授業]

 4年の国語の教科書に「言葉遊びの世界」という単元があります。
なぞなぞや回文など、いろいろな言葉遊びが紹介され、とても楽しいところです。
そこに「なぞかけ」というコーナーがあります。教科書の例文はこうです。

「秋の夕日」とかけて、なんととく
「おふろ上がりのお父さん」ととく
そのこころは
どちらも、真っ赤です。

 この例文を参考にして子供達に作らせたところ、なかなかの傑作が生まれました。
そのいくつかを紹介します。

富士山とかけまして
紳助ととく
そのこころは
どちらもしかいがいいでしょう

動物園とかけまして
ボディガードととく
そのこころは
どちらもカバいます。

ボールとかけまして
腹ぺこな人ととく
そのこころは
どちらもくうきがあるでしょう

電池とかけまして
サイダーととく
そのこころは
どちらもたんさんがあるでしょう

もう客がこない店とかけて
つるっぱげのおっさんととく
そのこころは
どちらも、もうけがないでしょう


 どうどうすか?なかなかやるもんだと、僕は感心しました。(どこかで見たものもあるかもしれませんが)


今日はアンサンブルコンテストの日でした [合唱]

 今日はアンサンブルコンテストの日でした。
 今年から、小学生の部が新設されました。
うちは三チーム出ました。

五年生チーム。
「旅立ちの日」を歌いました。トップでした。よく歌っていました。しかし音量の小ささが気になりました。

四年生チーム。
「ありがとう」を歌いました。
ハーモニーがうまくとれていました。しかし表情の硬さが気になりました。

六年生チーム
「そのときぼくがそばにいる」を歌いました。
いきなり始まりました。出だしが弱く、声が出ていませんでした。

 アンサンブルコンテストは、指揮者が立ちません。全部子供達だけでやります。下から見ていた僕が感じたことです。

 本当にいい勉強になりました。まずは声。最初に声ありき。これがよくわかりました。声の基本は下半身。そしてお腹を使うこと。それができていないと、声に厚みがなく、音程が安定しない。逆にしっかりした下半身、お腹を使っていると、安定した良い声になります。その上で子音の使い方だとか表現があるのだと思いました。
人数が少ないコンテストだから見えてきたことです。
 今のこの体験、これからの子供たちにとって良い体験になるでしょう。そして僕にとっても。
 まず最初に声ありきです。

 さて、結果発表です。

5年生チームは、金賞!びっくりしました。涙が出てきました。

4年生チームは、金賞!またまたびっくりしました。また涙が出てきました。
更に、審査員特別賞までいただきました。

6年生チームは、銀賞!6年生の肩が落ちました。コンテストは酷です。学年は関係ありません。難易度の高い曲です。全国を目指していたからこそ選んだ曲です。でも歌いきれてなかったのです。団長は泣いてました。最後の大会だっただけに、悔しかったのです。

  明暗が分かれました。しかし結果は予想以上のものでした。本当にありがたい結果です。

 帰り、バスの中で言いました。
「4年生、5年生、おめでとう。本当にすばらしい結果です。でも、ここで一つ大切なことを言います。それは、こんなときこそ、謙虚になることです。そして、感謝の気持ちを持つこと。それがこれから更に伸びていく大切なことです。」

「6年生、悔しいと思います。でも、この結果がありがたいなあって気持ちに変わったとき、みんなは成長できると思います。実は、先生も死のうかと思ったほど、つらい体験があります。でも今は、そのことがあって良かったなあって思っています。今日のこの結果は、みんなに何かを教えるために起きたことだと思います。それがわかり、今日のことが感謝の気持ちに変わったら、大きく成長できると思います。」

 どこまで伝わったかわかりませんが、僕の伝えたかったことです。

 今日は、最大級の豪雪の日となりました。そんな日にも関らず、たくさんの保護者の方が、会場に来てくださいました。
 市のバスの運転手さん、こんなすごい雪道を安全に送ってくださいました。
 
 そして、学校に着くと、校長先生やたくさんの保護者のみなさんが僕たちの帰るのを外で待っていてくださいました。僕の車に積もった雪を下ろしてくださった方もいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 今日の大会の運営を陰で支えてくださった皆さん。
 子供達のお弁当を作って温かく送り出してくださった保護者のみなさん。
 たくさんの指導をしてくださった校長先生。
 そしてがんばった子供達みんな。
 
 こころからありがとうと言いたいです。


二分の一成人式のお知らせプリント [行事への取り組み]

  二分の一成人式のお知らせプリントを作りました。
式をやろうと思われている方の参考になればと思い、アップします。

はじめに
 新年を迎え、3学期が始まったと思ったら、もう2月を迎えることになりました。昔から「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」といいますが、まさにそんな感じを受けるこの頃です。
 子どもたちも4年生として学校に来るのは40日を切りました。2月は、学年の総まとめと共に、高学年に育てていく月にしていきたいと思っています。
 ご家庭でも、引き続き見守り、励ましの言葉をかけてあげて下さい。

二分の一成人式
 いよいよ来週の火曜日(8日)は、二分の一成人式です。これまでの10年間を振り返り、家族への感謝の気持ちと決意伝える大切な式です。この節目の会に向けて、気持ち作り、歌の練習、スピーチの練習と毎日全員が一生懸命に取り組んでいます。少しずつ本番に向けて、緊張感と期待感が子ども達の様子から感じられるようになりました。

 『絶対成功させるんだ』『思い出に残る式にしたい』『家族への感謝の気持ちを伝えたい』『成長した姿を見せたい』。子ども達は、こんな強い思いを持っています。一人ひとりが主役であることを自覚して、本番に向けて残り一週間、がんばってほしいと思います。

【保護者の皆様へ】
 当日は、講堂に保護者席(80~100席)を用意しますので、ご自由にお座り下さい。お忙しいと思いますが、大勢の人々で祝いたいと思っています。
 子供達はみなさんに感謝の言葉とともに感謝状をプレゼントします。(2時過ぎ頃になります)ご兄弟のおいでる方は、このお時間だけでも合わせていらしてください。なお、どうしても当日ご都合で来られない方は、担任までご連絡下さい。(プログラムです)

二分の一成人式
2月8日(火)日時13:45スタート
プログラム
歌「線路はつづくよどこまでも」(2分)
歌「もみじ」(2分)
歌「すてきな友達」(2分)
映像と感謝の言葉「言葉のプレゼント」(10分)
感謝状(7分)
歌「ありがとう」(4分)

 十歳という節目の時を、祝う式。またこれから成人に向けての十年間,自立を目指して生きていく決意の式でもあります。子供達みんながすてきな大人になってほしいと心の底より願っています。
 子供達にとっても保護者の皆様にとっても思い出に残る式にしたいと思っています。

 では、当日子供達と共にお待ちしております。


式で一人一人が大きな声を出せるようにするには? [行事への取り組み]

 二分の一成人式には歌だけでなく、呼びかけの言葉や一人一人の言葉があります。

「ありがとうございました。
僕の夢は○○になることです。」

 バックに映像と音楽が流れます。そんな中、この感謝と決意の言葉を体育館全体に響き渡る声で言うと、大きな感動が生まれます。

 そういう声を出せる様にするには、どうしたらいいでしょうか。

 式直前の総練習の時、いくら「大きな声を出せ!」と言っても、そのときにはすでに遅し。小さな声の子はそのまま。仮にその練習の時に出せたとしても、本番では小さな声に逆戻りってことがよくあります。
 これは、卒業式の一人一人の言葉の時にも言えます。

 では、どうしたらいいのでしょう。

 実はみんなが大きな声をだす方法があります。かなりの確率で、ほとんどの子が声を出すようになります。その方法とは・・・?

 

  それは、積み重ねです。な~んだと思われるかもしれませんが、これが確実で一番いい方法だと思います。
 毎日、繰り返すのです。
 呼びかけや一人一人の言葉を全員が言ったとしても、3分以内に終わります。毎日毎日繰り返すのです。僕の場合は、「毎日国語の時間の最初にやる!」と決めています。定番のメニューにしてしまうと、子供達もどんどん動くようになります。時間もだんだんかからなくなっていきます。

 さらに終わった後「合格何人!」と発表して行きます。日ごとにその数は増えていきます。それもうれしいみたいです。
 本番さながらに、バックに音楽をかけながら行います。練習なのに、時にはウルウルするときもあります。

 行事というのは、日々の積み重ねの成果を見ていただくものだと思います。
 うちのクラス、合格者は現在30名中16名です。もちろん厳しく見た上での結果です。

 日々の積み重ねが奇跡を生みます。
 毎日の積み重ね。それが無理なく感動的な式を作っていく上での最良の方法だと思います。

花は一瞬にして咲かない。大木も一瞬にして大きくはならない。
一日一夜の積み重ねの上にその栄光を示すのである。坂村 真民(仏教詩人)

ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道 イチロー


二分の一成人式の最後を飾る歌。「ありがとう」 [行事への取り組み]

 今、二分の一成人式に向けて、毎朝歌の練習をしています。一番のメインは、最後に歌う「ありがとう」という曲。ゲゲゲの女房の主題歌です。

 うちのクラスへ毎朝日替わりで2クラス順番にやってきています。月・水・金は1組。火・木は2組です。毎朝10分程度の合同練習をしているのです。1組は低音。2組は高音。我がクラスは中音担当です。

 うちのクラスには、他のクラスが歌う前に、低音や高音のお手本をさせています。歌声を学年全体に広げるためです。子供達、混乱しないでよく歌えるものだと思います。

 さてそのおかげでしょうか。うちのクラスだけでも「ありがとう」の曲、以前に比べうまく3部でハモれるようになりました。お手本ということで、子供達気分をよくしながら上手に歌えるようになりました。他のクラスには、本当に感謝です。
 今日は、うちのクラスだけで歌った「ありがとう」をアップします。
 ただし、高音は5人、低音5人、中音20人というアンバランスな編成です。その点を考慮の上、お聞き下さい。

 この歌声を学年全体に広げ、気持ちを込めて歌えるようにしていきたいです。感謝の気持ちのこもった歌声で、大きな感動を作りたいです。


卒業式の歌 [行事への取り組み]

 コメントや訪問でいつもお世話になっているいっぱい道草さんから、こんなメールが来ました。

「合唱に熱心なムッシュさんなら、いろいろな曲をご存じと思います。卒業式に歌う曲で、いい曲があったら教えてください。」

 実は僕、卒業式の歌ってあまり知りません。知っているものは、有名なものばかりです。なにせ、もともと専門外でしたから。

 その中でも、特にお勧めのものを書いてみようと思います。

候補1「旅立ちの日に」
CD「ビリーブ 歌いつがれる卒業式のうた 新しい卒業式のうた」版がお勧め

 とても有名な曲です。三部合唱ですが、比較的取り組みやすい曲だと思います。ただ、最後の山場でいかに気持ちを込めて盛り上げていくか、そこがポイントだと思います。盛り上がると、大きな感動が生まれる曲です。

候補2「ビリーブ」
CD「ビリーブ 歌いつがれる卒業式のうた 新しい卒業式のうた」版がお勧め

 これは、2年前のNHK全国学校音楽コンクールで自由曲として歌いました。歌詞がとてもいいです。曲と曲の合間に手をつないで歌いました。大好きな曲です。ただこれも最後三部でおわります。ここで苦労しました。

 その当時の歌声「ビリーブ」が聞けます。

候補3「ありがとう・さようなら」
CD「ビリーブ 歌いつがれる卒業式のうた 新しい卒業式のうた」版がお勧め

 これも三部合唱です。3クラスの4年生で歌いました。とてもきれいな編曲です。思い出すと涙が出そうになります。「ありがとう・さようなら・ともだち」「教室」「先生」「みんなみんな」・・・と続きます。感謝と別れの気持ちが歌詞に入っていて、好きです。

候補4「最後のチャイム」
 

 いっぱい道草さんが候補として選んでいる曲です。僕もこの曲、大好きです。いつか取り組みたいと思っている曲です。
 曲の中に、本当にチャイムのメロディが入っていて、心に残ります。この曲、超お勧めだと思います。

 ということで、いっぱい道草さんの質問をブログにてお答えしました。皆さんにも参考になればうれしいです。
 また、こんな曲もありますよ、って書き込んでくださるとうれしいです。

PS.下のCDは卒業式に関するいい歌がた~くさん入っていますよ。お勧めです。


不幸はナイフのようなものだ・・・深い名言 [名言]

「不幸はナイフのようなものだ。ナイフの刃をつかむと手を切るが、とってをつかめば役に立つ」メルヴィル(アメリカの小説家)

 この名言、僕の心に深く響きました。

 いろんな事が起こります。不幸と思えるようなことも、突然起こります。今回の僕の叔父の死の知らせが、いい例です。

 突然の電話。遠方へ出かけ、葬儀からお骨収めまで一人でやらなくてはいけなくなりました。
 でも僕は、今回、たくさんのことを学びました。

・人の情の厚さ
・亡くなった父の偉大さと母の愛情
・真摯に生きる人々の存在
・死の意味について深く考えたこと
・人間の素晴らしさ

 まだまだ数え切れないことを体験し、感じました。この体験は、お金では買うことのできないことです。

 不幸の「ナイフの刃」の方をつかんでいたとしたらどうでしょう。決して、このような学びはなかったでしょう。あとには、疲労感と不平感しか残らなかったような気がします。

 一つのできごとも受け止め方次第。ナイフの「刃」か「とって」。どちらをつかむか。それは自分自身です。自分自身の選択で決まるということを体感しました。
 深い名言です。


九州って、あったかい!(味・観光編) [幸せに生きる]

 九州で滞在中、心を温かくするものがたくさんありました。

 まず乗った鉄道が特急「かもめ」。とてもかっこいい電車でした。列車に書かれた「宮崎へ行こう」という宣伝。ここで、「宮崎、がんばってる」って熱いインパクトがありました。東国原知事の立てた作戦でしょうか。僕の心には、熱くヒットしました。

DSC00400.JPG

 僕の叔父の団地は、吉野ヶ里遺跡のほんのそばでした。走って約15分ぐらいの距離のところです。昼食兼休養をかねて見学に行きました。
 邪馬台国、九州説がありますが、吉野ヶ里遺跡を実際に見て、こここそ、邪馬台国ではないかと、熱いロマンを感じました。約30分ぐらいのかけるような見学でしたが、古代ロマンに心弾みました。いくつか撮った写真をアップします。

DSC00414.JPGDSC00419.JPGDSC00420.JPGDSC00416.JPG

 役場の方が子供の頃は、そこらじゅうに銅鏡が落ちていて、それで遊んでいた記憶がある、とおっしゃっていました。
 
 そこで、食べたのが、これ。古代赤米雑炊膳(880円也)、吉野ヶ里歴史公園のレストランで食べたものです。 寒い日でしたが、体と心を暖めてくれました。これは冬限定物らしいです。お勧めです。

DSC00409.JPG

 現地で泊まったのが、吉野ヶ里温泉。大きな温泉施設とホテルが併設されています。ホテルは4500円とまたお安い値段でした。吉野ヶ里遺跡を見に来るなら、泊まりはここがお勧めです。(泊まりの人はお風呂に無料で入れます。)

吉野ヶ里温泉ホテル

吉野ヶ里温泉ホテル

  • 場所: 佐賀県三養基郡上峰町坊所1523-1
  • 特色: 魅力的な自然と歴史。安らぎと、ときめきが交差する。


 ここでも温泉が冷えた体を温めてくれました。温泉には食堂もあり、そこで食べたのが、鍋焼きうどんと豆腐。これもおいしかったなあ。


DSC00405.JPG

  帰りは、博多駅の博多めん街道という所で、ラーメンを食べました。学生時代、九州の友人から、「うまかっちゃん」というインスタントラーメンをもらい、博多のラーメンっておいしいなあというイメージがありました。いつかは本場の博多ラーメンを食べてみたいという思いがありました。(あ~、この包装、なつかしいなあ)


 博多めん街道は、博多駅で時間がないけどうまいラーメンを食べたい人にお勧めの場所だそうです。一番人が多く入っていた「一幸舎」という所のラーメンを食べました。(下のようなラーメンでした)


 とんこつ味でした。あ~~、地域によって味はこんなにも違うんだと思いながら食べました。同じラーメンですが、方言と同じように、それぞれ地域によって独自のものに発展していったんでしょうね。

 初めて噂の替え玉なるものに挑戦しました(150円)。ちょっとボリュームがありすぎでしたが、ここでも体と心があったかくなりました。

 帰り、博多名物、辛子明太子を買って帰りました。売店のおばちゃん、みんな明るく元気で、思わずいくつも買って帰りそうになりました。今晩の夕食はこれです。

 九州は、いろんな所で心と体を暖かくしてくれました。良い所でした。ファンになりました。


九州は温かかったです。心から感謝します。 [幸せに生きる]

 今、福岡空港でこれを打っています。ようやくここまで来ました。
昨日から、長い長い道のりでした。

  九州はやはり温かいです。そして人の心も温かかったです。
昨日から今日まで、何人の方に御世話になったことでしょう。
役場の方々、葬儀社の方、団地の管理人さん、行政書士の方、そしてお寺のお坊さん、いろんな方々が、仕事以上の善意で接してくださいました。
 本当に叔父は温かい人たちに囲まれて生きてきたんだなあと思います。
特に、役場のYさんには、仕事では片付けられないほどの善意で接してくださいました。

 土日、お休みだというのに、送り迎えから、書類の作成、部屋の掃除、車の廃車まで心配してくださいました。10年以上も経ち廃車手数料がかかるような車だというのに、「自分の家で引き取りましょうか?」とまで言ってくださいました。涙が出そうになりました。人口一万人という小さな町の役場の方です。町で出会ういろんな方を知っておられました。控えめな方でした。でも、すごい方だなあと思いました。

 役場の職員という仕事。いろんな取り組み方があるでしょう。でもYさんのように真摯に取り組まれる方。かっこいいと思いました。
 そして日本って、福祉に厚い国だなあとつくづく思いました。この役場の方々が特別な方々だったのでしょうか。事務的でなく、ここまで面倒見てくださるなんて、感激しました。思いやる心を感じました。

 管理人の方も親身になって心配してくださいました。団地の町内会長のような役割の方です。成り手がなく、10数年もやられているとおっしゃっていました。
 昨日から今日と、無名ながら真摯に生きておられる方と何人もお目にかかりました。目立つこともなく、それでいて真摯に生きる人たち。
 叔父の死を通して、人間の素晴らしさを教えてくれました。
 九州の皆さん、心の底から感謝です。ありがとうございました。

 本来は一週間でやるべきことを二日でやりました。それは、九州の方々のたくさんのご厚意のおかげです。まだまだたくさんのことが残っています。
 これからも九州の方々のお力をお借りすることになるでしょう。本当に何と言ったらいいでしょう。いくら感謝しても足りないくらいです。

 父も亡くなり、母も亡くなり、そして今回叔父の死。身近な死を通して、たくさんのことを考えました。
 
 僕も、真摯に生きていきたいと、心から感じました。


佐賀県にて [幸せに生きる]

 今日は、佐賀県に来ています。突然の叔父が亡くなったという連絡。ずっと音信不通でした。団地での一人暮らしでした。その叔父の最期を見送る為にやってきました。

 吉野ヶ里に住んでいました。

 正直、今日ほど人の温かみを感じた日はありませんでした。駅に着くと役場の人が出迎えに来てくださっていました。
 何人もの役場の方たちが、叔父のために動いていてくださっていました。団地の管理人さんも、たくさんの御世話をしてくださいました。遠方から来た僕のことを温かく迎えてくださり、同時にとても心配してくださいました。その心に、涙が出そうでした。あ~、佐賀県の人って、温かいなあと想いました。

 遺品整理の時です。僕の亡くなった父から叔父への手紙を発見しました。その手紙には、「僕の母が入院し、亡くなったこと」が書かれていました。何枚もの母の写真が同封されていました。父の優しい手紙と母の写真を見て、涙が出てきました。やがて、嗚咽がとまらなくなってしまいました。父は何かと手紙を送っていたようです。父の偉大さを感じました。

 そして、僕の母からの手紙も発見しました。母が生きている頃、叔父にあてて送った手紙です。そこには、僕が結婚したことをうれしそうに伝える母の躍るような文字がありました。僕の結婚式の写真も同封されていました。それを見て、また涙が奥底からあふれ、嗚咽がとまらなくなりました。

 亡くなった父と母の手紙をみつけたこと。そして叔父の死。
 この体験は、きっと何かを僕に教えているんでしょう。その意味がわかる日がきっとやってくるでしょう。

 今日は、人の温もりと人の死ということを肌で感じました。人はいつかは必ず死にます。どんな風に生きていったらいいか、改めて考えていきたいと想っています。
 明日も滞在し、遺品整理です。 
 今日はたくさんの人たちに感謝です。
 佐賀県にて