So-net無料ブログ作成

感情のコントロール [名言]

感情が人の運命を大きく左右していることに気づきなさい。感情のコントロールができる人が人間関係の勝利者です。ジョセフ・マーフィー(思想家)

 今日は、感情のコントロールができない一日でした。どんなにプラスの言霊を言おうが、体を動かそうが、良いところを見ようと努力しようが、感情がざわめくのです。うねりをあげます。(この表現、わかっていただけますか。)
 こんな日もあるのです。

  そこで、僕がとったのは…。

  極力、子供達から離れること。こういう日に焦ってもろくなことはありません。またその方が、子供達の受ける被害が少なくてすみます。
 原因は、体の疲れ。それが心をざわめかしていたのです。

 しかし、そういう自分を客観視できる自分は、成長しているのかもしれません。

「感情のコントロールができる人が人間関係の勝利者です。」
  そのために体調管理。そして体力の向上。それが心緒余裕を生みます。自分のコップが満ちて、初めて他に対する余裕もでてきます。

 さあ、気分を切り替えて、明日は遠足です。


脱線話し [学級]

 昔、余裕のある時はよくやったものですが、今日、久々に脱線話をしました。ここ数年で久しぶりのことです。

 読書感想文の指導をしているときのことです。「苦手な人?」って聞くと、ほとんどの子の手があがりました。

 そこで、「先生にも苦手なものがあったんだよ。」って話になり、みんなで当てっこになりました。

 

 僕は、納豆が大嫌いだったのです。初めて食べたのが、大学生の時。(この辺では、納豆ってあまり食事に出ませんでした。)下宿の食事で出されました。

 見るからに恐ろしい物体に見えました。ねばねばの粒。異様な匂い。他の人と同じようにかき混ぜました。。おそるおそる口に入れました。次の瞬間、思わず口から出してしまいました。糸を引く納豆。「腐ってる。人間の食べるものか」って思いました。それ以来、一切口にしませんでした。

 教師になり、なんと給食に納豆が出ました。

 僕は子供の見ていぬ間に、そっとポケットにしまいました。しかし、それを目ざとく見ている子がいたのです。
「先生、納豆は?」と聞かれ、そ知らぬ顔。
「先生、ポケットの中見せて!!」って詰め寄られ、ばれてしまいました。

 それ以来、何かあるごとに「納豆!!」「納豆!!」ってはやし立てられるようになりました。それほど、だ~~い嫌いだったのです。

 しかし、今から10数年前、納豆が体にいいことをしり、薬だと思って食べてみることにしました。

 一口目が勇気が要りました。しかし、意外と大丈夫。一口食べられた自分に感動しました。そしてその日は完食!!

 次の日から、あえて、毎食食べました。するとどうでしょう。あんなに嫌いだった納豆が、おいしく感じられるようになってきたではありませんか。

 今では、納豆をかけるのが当たり前。ご飯だけでなく、カレーやチャーハンの時にもかけて食べています。

 そんな話を、子供達とワイワイ言いながら、話しました。子供達、目を皿のようにして聞いていました。

 結局、「嫌いなものでも、やってみると意外と好きになってしまうこともあるんだよ」って落ちになるわけですが、子供達、こんな脱線話、大好きなんですね。

 そう言えば、僕も子供の時は、先生の脱線話、大好きだったなあ。

 ゆとりのない時代、こんな話をする余裕も少なくなりましたが、時々してあげたいです。こういう気持ちになれたのも、楽しそうに聞いてくれた子供達のおかげ。感謝です。


いい曲です。AKB48の「桜の栞」 [合唱]

 合唱団の土曜練習の時、ミーティングをしました。その時、これから歌ってみたい曲ということで自由に書いてもらいました。その中に、AKB48の曲がいくつもありました。今、とっても人気があるんですね。

 その中にとっても素敵な曲があったので、アップロードします。

 「桜の栞」って曲です。僕は、アイドルグループのこの曲に驚きました。合唱曲ではありませんか。それに、とてもいい!!今年の2月発売らしいですが、テレビを見ないので、知りませんでした。「今更古い!」って言われるかもしれませんが、いいものはいい!!

 楽譜も取り寄せてみました。三部合唱の本格的な曲です。
 アンサンブルコンテストに歌ってみるかも知れません。これでNコンに出るのって、ありかな?
 いい曲なので、聞いてみてください。


タグ:AKB48 桜の栞

昼休みはスポーツジムに変身 [幸せに生きる]

 毎日習慣化したいと思いながらなかなかできなかったストレッチ。最近になって、ようやく習慣化できそうな兆しが現れてきました。

 ストレッチ。体力アップに欠かせない運動ですが、どうしても習慣化できませんでした。それは、地味な運動だから。

 ランニングや筋トレに比べると、どうしても静的な感じがして、飽きてしまうのです。でも毎日続けて、今日で3週間目に突入しました。これもすべて子供達のおかげです。

 え???どうして子供達が出てくるの?って思われる方もいるかもしれませんね。

 秘密は、昼休みの教室にあります。

 その時間、教室の机は次の掃除に備え、後ろに下がっています。教室には広いスペースができています。そこがスポーツジムのようになっているのです。

 僕がストレッチをしているのを真似して、何人もの子供達がやっています。中には親切に僕の手を引っ張ったり、背中を押してくれる子もいます。バレーや体操をやっている子がいて、とてもいい補助をしてくれます。あ~~ありがたい。おかげで少しずつですが、体の柔軟性が戻ってきつつあります。

 もう一つやっているのがバランスディスクを使ったトレーニング。

 これは腹筋を鍛えるために、普段はイスの上に載せ、座布団代わりにして使っています。これが昼休み大活躍。約30秒ずつ片足立ちします。時には膝を曲げたりしながら。これが体のバランスとインナーマッスルを鍛えることになります。

 僕が使い終わった後は、子供達がジャンケンをして、順番に使っています。片足立ちしながらジャンケンしたり、オシリで乗ったりと、なんだか楽しそうにやっています。教室で退屈そうにしていた子供達の新しい遊びのようになっています。

 子供達のおかげで続けられています。かわいい子供達に感謝です。


連休ボケを克服するために [幸せに生きる]

 今日は、珍しく寝坊をしてしまい、午前6時30分に起床。その後、頭もぼんやりし、どうも仕事をする気力がわいてこないまま、午前9時すぎまでボーっとしていました。
 
 僕はいつも朝起きると、自分の手帳に、今日こなす仕事を全部書き出してから、始めることにしています。書き出すと、仕事は山ほどあります。

 疲れがたまっているのかな~~と思いながら少しずつ少しずつ始めてはみるものの、なかなかはかどらず、お昼になってしまいました。仕事はまだたくさん残っています。しかし、このままでは進展する様子はなかったので、一度、外の用事を済ませるために外出しました。その時、運転しながら聞いたのが、次のオーディオブックです。

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書) [新書]

 

 これを聞いて、原因がわかりました。

 仕事がはかどらないのは、疲れていたせいではなく、脳を使っていなかったことが原因だということ。つまり脳が連休ボケしていたのです。

具体的な原因は次の二つだとわかりました。

1.規則正しい生活をしなかった。
 寝坊に加え、いつもの朝のランニングをしなかったため、脳が活性化していなかった。

2.締め切りを意識した仕事をしていなかった。
 全体の仕事を何時までに終わる。そのためにこの仕事を何分で終わらせるという意識がなかった。

 以上の反省から、帰宅後、「午後3時までに残りの仕事を全部終わらせる。」という目標を立て、時間を意識してやってみました。

 するとどうでしょう。どんどん仕事が終わっていきます。終わった項目は、どんどん赤線で消していきます。快感です。
 そして目標の午後3時には、全部の仕事を終わらせることができました。小さな達成感の連続で、気分は、最高でした。

 脳って、使えば使うほどいいんですね。

 休養は必要です。でも、休養しすぎるとさびていき、苦しい思いをしてしまいます。
 僕のように連休ボケの方もいるのではないかと思い、今日の小さな体験を書いてみました。

 自分に与えられたもの、どんどん意識して使い、磨いていきたいです。良い勉強になりました。(本もあります)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

  • 作者: 築山 節
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 新書

安宅の関で元ふきのとう、山木康世さんのコンサート [幸せに生きる]

  今、安宅の関に来ています。我が故郷の名所です。

 源頼朝の怒りを買った源義経一行が、北陸を通って奥州へ逃げる際、この安宅の関を通ろうとしました。そこで義経と弁慶、関守の富樫が繰り広げた物語。それは歌舞伎の勧進帳として今でも演じられています。

  今夜はその場所でコンサートがあるのです。夕方の安宅海岸。

DSC00041.JPG

 そこでなんと懐かしい元ふきのとうの一人、山木康世さんのコンサートがあるのです。

  午後6時に到着。一番前中央の席をゲットしました。ライトアップされた義経、弁慶、富樫像がきれいです。

DSC00046.JPG

地面にはろうそくの照明が幻想的です。

DSC00048.JPG

 ふきのとう、懐かしいです。僕の青春時代によく聞きました。「風来坊」「白い冬」「やさしさとして想い出として」。甘くせつない歌声。今はどういう歌声なのでしょう。だんだん日もくれてきました。横笛が流れています。

 今夜は、夜の安宅の関でのコンサートを楽しみます。

DSC00050.JPG


イチローが教えてくれること [名言]

調子が悪くて、50%の力しか出せないのなら、
50%の十割を出そうと努力する。
そうすれば、光は見えてくると思いますね。
イチロー 【イチロー語録より】

 連休の間の一日。今日は、子供達にとっても僕にとっても良いコンディションとは言えません。そんな時、救いになるのが、上の言葉です。

 人間誰しも、絶好調の日って、ずっと続くわけではありません。そんな時、ベストが出せない自分を責めるのではなく、まず50パーセントの自分を受け入れる。その上で、その10割を出そうと努力する。

 子供達に対しても同様です。まず、50パーセントのありのままの姿を受け入れ、その上で、その子供達の10割を目指す。この名言のポイントは、一度受け入れることだと思います。

 イチロー外野手が、ブルージェイズ戦で、MLB史上初となる10年連続200安打を達成しました。誇りです。そして、私たちに勇気をくれます。

 良いときもあれば、悪いときもあります。でもそんな自分を受け入れ、その時のベストを出すことの大切さを、イチローは教えてくれます。


斉藤一人さんのお話しがダウンロードできます [幸せに生きる]

 斉藤一人さんって、ご存知ですか?

 斉藤一人さんは、日本の実業家。「銀座まるかん」の創業者でもあります。事業所得だけで1993年より全国高額納税者番付の10位以内に連続して登場し、話題となりました。たくさんの本も出しています。僕の常用している毎日パワーは、斉藤さんの会社で発売されています。

斉藤一人の絶対成功する千回の法則

斉藤一人の絶対成功する千回の法則

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/05/21
  • メディア: 単行本

微差力

微差力

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2009/11/24
  • メディア: 単行本

斎藤一人 絶好調 [CD2枚付]

斎藤一人 絶好調 [CD2枚付]

  • 作者: 斎藤 一人
  • 出版社/メーカー: ロングセラーズ
  • 発売日: 2010/03/25
  • メディア: 単行本

 僕のブログの題名は「目指せ幸せな生き方」。斉藤さんの考えは、幸せな生き方を目指している僕に、大きなヒントを与えてくれます。

 それは、常に「ツイテル!」「幸せだ」って口に出して言い、実際にそう捉えていく考え方。幸せを感じられる力が大きいほど、幸せになれるって考え方だというように思います。斉藤さんは、実際それでツキをよんでいるんですから、すごいです。

 ところで、ネットを検索していると、斉藤一人さんの講演テープをダウンロードできるところをみつけました。
 以下のサイトで斎藤一人さんのお話しがダウンロードできます。なんと無料。

しゃっかい聞く会
minimini10さん
bkrkt111さん

 さっそくいくつかのお話をダウンロードし、エックスペリアで聞いています。どのお話しも本のように、おもしろいです。

 幸せを感じる力って、意識しないと落ちていくもの。毎日顔を洗うように、聞いています。これらのお話しは心を幸せ色に洗ってくれます。


息子の誕生日。子は親の背を見て育つ? [幸せに生きる]

 今日は息子の誕生日。まあこの前までは、あんなに小さかったのに、今では高校生。早いものです。(下の写真は11年前のわが子と僕)

PIC00009.JPG

 誕生祝にケーキを買って帰りました。
 この辺ではおいしいと評判のシフォンケーキです。

DSC00032.jpg
 
 進学校に運よく受かったわが子。環境の影響は大きいと感じます!勉強するようになりました。本人はしんどいでしょうが、社会へ出てからの方が、もっと勉強しなくちゃいけない。いい準備練習になっているような気がします。

 かといって、勉強ばかりでなく、部活もがんばっている様子。
高校で入った部活。何だと思います?

 登山部です。小さい頃からいろんな山へ連れていった影響でしょうか。山にのめりこんでいた僕の姿を見ていたのでしょうか。ラッキーなことに、部員数が少なく、すごい先輩たちのおかげで、今年はインターハイに連れて行ってもらいました。(下の写真は11年前の僕と妻とわが子)

赤兎山写真.jpg


 聞くと、まだ別の部活にも入っているとのこと。

 文芸部です。これは、俳句を愛していた僕の父の影響でしょうか。僕の父も同じ高校で、文学にのめりこんでいました。中心になって文芸誌を出していたそうです。考えると僕も似たようなことをしています。(大学時代や教員になっても、通信をまとめた本を出しています)

 

 更にもう一つ別の部活に入っているとのこと。

 理科部です。これは仮説実験授業にのめりこんでいた僕の影響でしょうか。分子模型や科学実験、ものづくりにわくわくしていた僕の姿を見ていたのかな?
 
 何はともあれ、子は親の背(祖父の背)を見て育っているのですね。
 考えれば、僕自身も僕の父の影響を受けています。(本作りや文章を書くこと、根気強さなどは父の影響です)

 そんなわが子も、今日で16歳。まだまだこれから。どんな人生を歩んでいくのでしょう。ワクワク楽しい人生を送ってほしいと願っています。(犬のルフィーとともにわが子)

DSC00033.jpg


青春とは・・・ [幸せに生きる]

青春とは人生のある期間をいうのではなく心の様相をいうのだ
年を重ねただけで人は老いない
理想を失う時に初めて老いがくる
歳月は皮膚の皺を増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ
年は七十であろうと十六であろうと
人は信念と共に若く、疑惑と共に老いる
希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる……
サミュエル・ウルマンの「青春」

 青春とは、心の様相を言うのだ。
これは、よく分かります。

  十数年前の僕。変に落ち着き払っていました。ベテランぶって、すべてを分かったような気になっていました。その頃は、教師を辞めて、第二の人生のことばかり考えていました。

  しかし今、僕には夢がいっぱいあります。やりたいことが山ほどあります。情熱が沸き出してきます。

 なぜ、こんなに情熱が出てくるのでしょう?それは、一度ゼロに戻ったから。そして、その後、すばらしい人たちとの出会いがあったから。

 理想とする人。理想とする生き方。理想とするもの。世の中にはすばらしい人がたくさんいます。すばらしいものがたくさんあります。

 どちらが若いかといえば、今です。心の様相が明らかに今の方が若く、青春しています。

  人は年齢で決まるのではない。それは、実感しています。
 理想に向かい新しいものに出会い、自らに変化を求めることで、どんどん若くなっているようです。

「身体に年を取らせても、心に年を取らせてはならない。常に青春であらねばならないと、心持ちを養うように努めている。すると、ものの考え方が若々しくなってくる。希望が次々と湧いてくる」
松下幸之助

 未熟だ!青くさい!と言われようとも、いつまでもそんな未完成の自分を大事にしていきたいです。