So-net無料ブログ作成

W杯日本代表、本田圭佑の名言 [名言]

大会前に多くのファンが
応援してくれたことだけでなく、
多くの人が批判してくれたことに
僕は感謝していますし、

目標を達成できませんでしたが、
批判する人がいなかったら、
ここまでこれたかどうかも
わからない出来だったので。

サッカーW杯日本代表、本田圭佑

 本田選手、かっこいいです。石川県にゆかりのある選手。松井秀喜と同じ星稜高校出身。誇りに思います。

  この本田選手の言葉をみると、「どんなことも、自分の成長につなげることができる」ということがわかります。たとえ批判であっても、それにめげるのではなく、逆に成長の原動力とし、批判に対し感謝すらしています。

  ここで大切なことを学ぶことができます。

 受け止め方が大切だということ。

 起きている事実は同じです。それをマイナスと捉えるか、プラスと捉えるか。
 批判をも自分のプラスに変えることができるのです。

 本田選手のこの言葉、本当に学ぶところの多い名言です。

17.jpg


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

こめかみ [授業]

 今日、栄養教諭の「かむ」ことがテーマの授業がありました。そこでとてもおもしろい話を聞きましたので、紹介します。

 スルメをかみ、顔のどこが動くか、みんなで確かめました。
「顎の下」や「頬」など意見が出ましたが、目と耳の間にある「こめかみ」も動いていました。

 そこで、栄養教諭の先生がこうおっしゃいました。
「昔は、硬いお米を食べてたんです。お米をかむとここが動くから、こめかみって名前がついたんだって。」

へ~~~~、と思いました。
ネットで調べてみると、たしかにそう書いてあります。
知らないことでした。でも言われればその通りです。

 4年生の国語の教科書に「かむことの力」って説明文がありますが、かむって、とってもいいことばかり。「よくかむとこんないいことがあるよ」っていう合言葉を教えてもらいました。それは、

「ひみこのはがいーぜ」

まん防止
かくの発達
とばの発音はっきり
うの発達
の病気予防
ん予防
腸快調
 I
ん力投球

 今日は、一口30回かみました。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

自分自身を受け入れる [名言]

●自分を受け入れられないなら 他人の価値も見えやせん。現在の自分---等身大の自分を受け入れた人間だけが、他人を受け入れることができる。【井上雄彦著『リアル』より】

 他人を受け入れるには、まず自分自身を受け入れること。長所・欠点もふくめて、自分自身のすべてを受け入れることが大切です。こういうことがよくわかるようになりました。

  前までは、弱い自分を否定していました。しかし、今は弱い自分も愛おしい自分だと認めています。すると、他の人たちの弱い部分も優しく受け入れられるようになりました。受け入れて、初めてその人の良さが見えてきました。

  いかにいろんな人を受け入れることができるか。それが人間としての度量だと思います。そのためには、まず自分自身のすべてを受け入れていく必要があるのでしょう。

  自分自身を許していきましょう。なぜなら、自分自身が自分の一番の友であるのですから。


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

割れた腹筋を作るには・・・ [合唱]

 響きのある声を出すためには、口の形や姿勢が大事だってことがわかったけど、最も大切な部分があることがわかりました。

  それは、腹筋。お腹から声を出さないと、どんなに口の形が良くても、姿勢が良くても、響きのある声にはならないのです。お腹から噴水のように頭のてっぺんに噴き出すような息。このような息を作り出すために、本格的な合唱団では腹筋をやってるんですね。

  今年から、合唱団の練習は朝練。そしてその後、クラスでも歌います。毎日、めいっぱい手本を示しながら歌っていたら、僕の体型が変化してきました。

 それは、腹筋。みごとに割れてきたのです。明らかにお腹の脂肪が取れています。
 さらに体組成計で分析すると、体幹部の筋肉量が増えてきています。合唱って、すごくハードなスポーツのようです。

 また、合唱って、背筋を伸ばしたモデルのような姿勢で歌います。ですから普段もそんなことを意識していたら、姿勢もよくなりました。

 ちなみに僕の家の体組成計は、年齢も出るのですが、今日、なんと27歳という表示が出ました。新記録です。合唱って、若返りの効果もあるんですね。

 割れた腹筋をつくるには、合唱です(笑)

 ますます合唱にはまっています。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

幸せな一日でした [幸せに生きる]

 今日は、ただただ幸せな一日でした。すばらしい学びの一日。 

『ただ一番肝心なことは、人間として成功することにある』松下幸之助
 学ぶことを通して、人間として成長できる予感を感じました。そして、学びは、人間として成功するための条件のような気がします。

『人生は成功することが目的でなく、成功に向かって進んで行くことが目的なのだ』弘兼憲史
 今日はまさにそんな一日でした。学びを通して、成功に向かっていくことができました。

『成功者になろうとするのではなく、価値のある人間になろうとしなさい』アインシュタイン
 たくさんの学びを通して、子供達に喜んでもらえるような、価値のある人間になりたいです。心から思いました。

『ただ成功した人生と、幸福な人生は違う』篠田節子
 これは、なんとなくわかります。成功しても心が不安な時ってあります。成功とは、幸福な人生のための手段のような気がします。

『自分が追い求めるものを手にすることこそが成功だ。しかしそれを追い求めていることを楽しめるというのが、幸せというものだ』 バーサ・デーモン
 今日は、そんな一日でした。自分の夢を追い求める。そしてそれを楽しめました。幸せでした。

『成功の秘密は、あなたの仕事を休暇のように楽しむことです』 マーク・トウェイン
 そう、楽しまなくっちゃ。そのためには、たくさんの楽しむ手段。方法。それを自分の中の引き出しにたくさん入れておくことが必要だと感じました。そして、それをケースバイケースで出すこと。そのために、学びが必要なのです。

『成功が幸せのカギなのではない。幸せが成功のカギなのだ。今していることを好きになれば、成功はおのずともたらされる』シュバイツァー

 成功に向かって幸せに努力できる自分。本当に幸せです。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

プラズマボール続編 [合唱]

  音楽室にプラズマボールを設置して以来、毎朝、一人一人発声テストをしています。

 ジュニア(3年生)が一番前の列。
 2番目の列が4年生。その後ろが5年生。最後列が6年生という並びになっています。
 学年が上になればなるほど、プラズマボールから遠くに離れ、ハンデが大きくなります。

 今日は、ジュニアが一人、5年生が一人。6年生が一人光りました。
光るたびに大きな拍手、ヒーローのようです。

 さて、今日のお昼休み、音楽室にいると、ぞろぞろと6年生がやってきました。「何しにきたの?」って聞くと、「自主練」と答えます。
 どうやらプラズマボールに向かって、発声練習に来たようです。
 その後、音楽室で「ア~~~~」といういくつもの発声が響きわたりました。
 
 このプラズマボール、他の学年の音楽の授業でも活躍しているようです。
2年生の先生に、こう言われました。
「先生、あの光るボールのおかげで、今日はみんな大きな声で歌えました。」

 休み時間の廊下では、時々いろんな所で「ア~~」という声が聞こえます。

 プラズマボールのおかげか、発声、少しずつブームになってきました。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

感謝することは [幸せに生きる]

『感謝する理由が見つからなければ、落ち度はあなた自身にある』北米ミンカス族の格言

 感謝することが幸せな毎日につながっていることが、少しずつわかってきました。日々の生活でいかに感謝することを見つけるか。そこが大きなポイントのような気がします。

 しかし、見つからないときもあります。そんな時は、次の名言が、感謝をみつけてくれます。

『期待値がゼロまで下がれば、自分にあるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く』スティーヴン・ホーキング

 期待値がゼロにまでさがれば、生きているだけで、感謝です。今ある命。奇跡です。よく今まで生きてこられたものです。
 それは、僕に父や母がいて、育ててくれたからです。そして様々な命を頂いてきたからです。そんなたくさんの命の支え、命のつながりがあっての今です。そんな意識を持てば、自然と感謝の気持ちがわいてきます。

『なんともない、と感じたときこそ、「ありがたい」と感謝をする』 大藪正哉

 ごくありふれた日々が、いかに幸せなことか。それは大きな事件やトラブルに遭遇したときに思います。過去の苦い経験を思い出せば、今がいかに幸せか。なにげない、なんともない毎日は、実はとても幸せな日々なのです。

『幸せだから感謝するのではありません。感謝するから幸せなのです』 デヴィッド・スタインドルラスト

 常に「ありがとう」と心の中でいい続ける。あるいは声に出して言う。そのことで、幸せになっていきます。
 心から感謝することで、幸福感が生まれるような気がします。

 こうやって、生きている今。ただただ感謝です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

発声練習の秘密兵器またまた登場 [合唱]

 音楽室の黒板中央上に、これを取り付けました。
プラズマボールです。


 大きな音に反応して光るのです。
うちの合唱団、声量がまだまだなので、取り付けてみました。

 実は昨日、4年生のわがクラスの音楽の時間に一人一人発声させてみました。すると30人中7,8人が光りました。自分一人の声で光った子供達、もうヒーローです。
 その後のわがクラスの歌声は大きく激変しました。

 さて、今日の合唱団の朝練の時、一人一人発声をさせてみました。その結果、どうだったと思いますか?

 光ったのは、なんとたった一人。それも4年生のわがクラスの男子だけでした。

 これで、今までみんながいかに楽して声を出していたかが、わかったことでしょう。その後の練習では、声量が大きくなりました。

 練習後、みんな悔しいのか、いつになくプラズマボールに向かって大きな発声をし、帰って行きました。

 すごい発声ができたからと言って、声量のある歌声になるとはいえません。しかし、小さい発声しかできないのに、声量のある歌声になるとも考えられません。

 遊び感覚でしばらくやってみたいと思っています。

PS.今日の帰り、5年生の合唱団員がわが教室に来て、取り付けてあるプラズマボールに向かって発声していました。(教室にもあるのです。)
 ガンガン光ってました。やはり朝は声が出にくいようです。でもその朝で光れば、本物です。ちなみに僕は朝でも光ります。長年の鍛錬の賜物です。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

失敗しては学び。転んでは学ぶ。 [幸せに生きる]

 今日は昨日の反省から、朝から「楽しくやろう!」と決意。
  朝のランニングでは、「斎藤一人 奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則」のオーディオブックを聞きながら、走りました。

  このオーディオブックは不思議です。何度も聞いているのですが、聞くたびに「ありがたいなあ」という感謝の気持ちがわいてきます。そして、幸せな気持ちになります。行き詰まってる方、おススメです。

 

 その後、学校へ。朝から「楽しくやるんだ」という意識の元、子ども達の良い所を見つけてはホメル。すると、本当にどんどん楽しくなってきました。いろいろとトラブルもありましたが、常に前向きに、気持ちよく終われるようにする。怒るのではなく、教える。そしてどんどん楽しむことに意識を向けます。するとこれが昨日と同じ教室かと思うほど、愉快な一日でした。

 人の考えって、放っておくとマイナスの方に向いてしまうそうです。「人間は脳の発達と共に、身を守るために、常にマイナス要素を考えるようになってきた」って、何かの本で読んだことがあります。マイナス思考は、人間の自然の理なのでしょう。それを毎日顔を洗うように、プラスに持っていくようにすることで、楽しくやっていけることがわかりました。

 プラスに意識を持つためには、いろんな方法があるでしょう。このようなオーディオブックを聞く方法。神棚に祈る。感謝の言葉をいい続ける。良い所をみつけホメル。
 今の僕にはこれらのことが効果的かな?

 失敗しては学び。転んでは学ぶ。その繰り返しが、実は生きている意味なのかもしれません。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

窓の外で、クスリと笑い声 [学級]

 今日は、特別支援学級の研究授業を見ました。いろんなお子さんがいます。そんなお子さんに対して、一人一人の個に応じた暖かい言葉かけ、そして支援。とても心が温かくなる授業でした。日々の自分の雑な実践に反省しきりでした。

 ところが5限目、子供達に対して厳しく指導している僕がいました。宿題忘れが目立ち、基本的なやるべきことをやっていないということを指導しました。とても厳しい口調で。

 すると、窓の外で、クスリと笑い声がしました。

 実は今、改築工事中で、窓の外では足場を組んで作業員の方々が仕事をしているのです。教室の声はマル聞こえ。

 うわ~~。体が熱くなり、そしてその後、あっという間に素に戻りました。
 考えると、ここまで厳しく言わなければならなかったことか、と反省しきりです。
 
 特別支援学級の授業で、暖かい言葉かけの大切さを感じていたのにも関わらず、知らない間に北風の指導。恐ろしいことです。
 外の作業員の方のクスリという笑い声が、僕の冷静さを取り戻してくれました。
 
 常に客観的に自分を見る。教師にはそんな冷静さや余裕が必要です。今日の失敗を肝に銘じ、明日からは悪循環から良循環に変えていきたいです。

 そういえば、今日は朝から楽しい一日を過ごそうという決意。それに感謝の気持ちを忘れていました。日々、顔を洗うように、心を洗っていく必要があるのかもしれません。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校