So-net無料ブログ作成
検索選択

「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会の子供達の感想 [合唱]

 今日は「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会の子供達の感想を特集します。いろいろと書いてますが、この講習会で、子ども達のつかんだことを、他の団員たちに広げていきたいです。

講習会でわかったこと

SA
・歌詞の意味を考えていた。
・歌詞を想像していた。
・歌詞に気持ちを入れていた。
・「何度も練習して体に覚えさせるように」と言っていた。
・手拍子して、リズムをとっていた。
・一つ一つの音をていねいにとっていた。
 大西先生が言ったことをやって、Nコンで金賞をとりたいです。

TT
 今日合唱を見たとき、思ったことがたくさんあります。一つ目は、初めて会った人なのに、すごくきれいな声で歌えていたことです。なぜあんなにきれいに歌えているか考えてみると、普段からみんなと仲がいい人がたくさん集まっているからだと思います。
 二つ目は、「いのちのいっちょうめ」の最後のところが上に気持ちをあげるように歌えばいいということがわかりました。
 最後は、みんなと歌ったことです。大阪の人はすごくきれいな声だったので、すごかったです。

NS
 メモをとっててわかったけど、メモしたことをだいたいまとめると、「イメージするということが大切だ」ということが多かったから、それだけイメージは大切だなあと思いました。ジャンプ。虹のはじからはじまで。頭の真上に穴があいて高い音を出すなど、いろいろなことを学びました。
 また、他の曲でも使えるというのは、「こだわる所に磨きをかける」ということ。「弱くてもしんのある音を出さなければならないこと」などを学びました。
 私たちの歌声は弱かったらすべてが弱いので、そこからなおしていきたいです。

HM
 今日合唱を見たとき、長く伸ばすところや今までに思ってもなかったメロディーなど、いっぱい学びました。「いのちのいっちょうめ」でもう少し伸ばすところやメロディーなどに気をつけたいです。最後にみんなで歌ったときも、そこを気をつけて歌いました。
 これから「いのちのいっちょうめ」をがんばって、合唱コンクールに生かしていきたいです。

OH
 私が講習会に行って学んだこと・感じたことは、
1.らんぼうでない。(終わり方が)
2.二部になっても、声の量が変わらない。
3.心の中で場面の切り替えをすること。
4.歌が始まっても、笑顔で歌うこと。
5.歌詞の言葉に気持ちを込めて歌う。
6.体を使って声を出すこと。
7.どんどん個性を出して歌うこと等等。
 行ったことによっていろんなことがわかったので、その分わかったことを生かしてNコンで金を取りたいです。

HM
 今日のNHK講習会で「いのちのいっちょうめ」の歌の練習の仕方を見ました。大西先生という日本一の合唱団を育てたすごい人の指導で二つわかったことがありました。
 一つ目は歌うときに、その歌詞の意味を考えて歌うことです。
 二つ目は「ねっこからねっこまで」という歌で、遠くのねっこを探すように歌うということでした。 この2つのことをマスターすれば、金に近づくと思うので、がんばりたいです。

 広い世界を体験した子供達。これからどう変化・成長していくか、楽しみです。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会 [合唱]

 今日は、合唱団の子供達6人を連れて、大阪まで行って来ました。「第77回NHK全国学校音楽コンクール」の課題曲講習会に参加するためです。

  朝、6時30分発サンダーバードに乗って行きました。朝早いのに、保護者の皆さんが駅まで送ってくれました。本当に感謝です。

DSC01481.JPG

  会場の大阪音楽大学、ザ・カレッジ・オペラハウスは、とても素敵な建物です。入る前からワクワクしました。

DSC01486.JPG

 指導者は、大西裕子先生と言って、Nコンでも全国一に導いたことのあるすごい方です。そして、本当に勉強になりました。
 いろんな学校から来た子供達で混声合唱団を作り、その子たちがモデルです。その子たちの指導を通して、今年の課題曲「いのちのいっちょうめ」の指導のポイントを教えてくださいました。

 今年の課題曲は、いろんな場面をいかにサッと切り替えるか。そこが大きなポイントみたいです。
 たくさんのことを学んだのですが、すべて書くと、きりがありません。そこで、今の僕にとってなるほど~と思ったことをピックアップしてみたいと思います。

曲の中で発声練習をする
 発声練習がいくらすばらしくても歌で生かされなければ意味がありません。発声練習をするなら、歌の中で、あるいは歌との関連を考えながら行うようにしたらよいとのこと。言われれば、その通りです。

伸ばす音、自分の声を追いかける
 大西先生のおっしゃっていたおまじないの言葉です。伸ばす音の時にこの言葉を意識すると、声が伸びるのです。

練習するとき、あきらめない
 自分の目指す音を作るまで妥協しない。あきらめない。繰り返し指導することが大切。美しい歌声を作るには、そしてコンクールで勝ち抜くには大切な要素です。

イメージが大切
 言葉のイメージを具体的にリアルに細やかに描くことで、歌声はどんどん変わっていきました。これは、詩の音読指導にも通じる部分です。方向や遠近、色など。

伸ばすことで音の狂いがわかる
 さーっと歌い流してしまうところでも、あやしい音を伸ばしてみることで、音の狂いを発見できます。

音読を取り入れる
 音読をする事で、言葉を意識し、へんな所に力を入れた歌い方を防ぐことができます。そういえば、ソアーベ合唱団の坪口先生は、「日本語を大切にして、オシャレに歌うことが大切」っておっしゃっていました。なんとなくその意味がわかってきつつあります。へんな所で力を入れて歌うと、方言で歌っているみたいになり、田舎くさい歌い方になってしまいます。(田舎が悪いって意味ではありませんよ。)

重心を下げる
 高い音を出す場合、重心を下げ、気合を入れて歌う指導をされていました。合唱ではここぞというとき、下半身の使い方が大切です。

 こうやって書き出すときりがありません。とにかく1時間30分という短い間に、たくさんの技を見せてくださいました。そして、何よりも大西先生のパワー、学ぶところが多かったです。妥協のない繰り返し。それも明るく飽きさせないように。

 次のような言葉が強く心に残っています。
「どこか研ぎ澄まされた所がないと…そこに磨きをかける。」

 そこが僕に足りない部分です。

 最後、会場に来ている子供達が全員舞台に上がって、課題曲を歌うことになりました。うちの学校の子ども達も舞台にあがって、歌いました。わが事のようにうれしい光景でした。こんなすばらしい会場で歌えたのですから。

 帰ってきた子供達に感想を聞いてみると、一人の子が「背中がゾクっとした」って言ってました。そう、学校では味わえないそんな感覚です。そんな感覚を味わって欲しかったのです。

 良いものを見聞きし、体験することで、人は大きく変われます。そんな体験の後押しをしてくださった保護者の皆さんには、感謝です。

 僕も大きな刺激を受けました。意識が変わりました。良い一日でした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱三昧 [合唱]

 今日は合唱団の土曜練習。みんながんばってやってきました。朝練に加え、今年から毎週土曜日は、3時間練習です。本当に部活みたい。合宿の準備や行事で追われる6年生をはじめ、他の習い事にも追われている5年4年、そして合唱団ジュニア、3年生のがんばりには頭が下がります。
 そう考えると、来てくれる子供達に感謝の気持ちでいっぱいになります。

 今日は、来週のステージに備えての練習をしました。今度のステージは、屋外です。声の響きを意識させ、練習しました。練習したのは以下の曲です。

ゆかいにあるけば
崖の上のポニョ
ふるさと
この星に生まれて
いのちのいっちょうめ
わたしはリンゴ

 少しずつですが、お腹を使う意識が出てきた子が多くなってきました。しかしまだまだ響くようになるはずです。これからです。

 一番最後には、遊びタイム(約20分)というのを入れています。これは、6年生におまかせする時間。「3年生から6年生まで全員が仲良く遊べるように」というように言って、遊びを企画させています。 団員には「6年生の言うことをしっかりと聞き、どんな遊びでも仲良く遊ぶように」って言っています。 

6年生には、リーダー性を育てるというめあて
下の団員には、リーダーの言うことをしっかりときくというめあて
そして、最後にパーッと遊んで発散しておしまいってめあてもあります。

 今日は体育館でボールを使って、なにやらおもしろいボール当てゲームをしてました。6年生、遊ばせ方がうまくなってきました。
 少しずつリーダー性を育てていって、練習でもリーダー性を発揮できるよう、シフトしていくつもりです。

 さあ、明日はNHK全国学校音楽コンクール課題曲講習会へ6年生の希望者6人を連れて、大阪まで行きます。まさに合唱三昧。どんな刺激が待っているでしょう。6年生は、どんなことを感じるでしょう。全国の空気を感じてきます。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日も楽しい一日でした [幸せに生きる]

 金曜日、僕も子供達も解放的な気分になります。
 特に休み時間や放課後、その気持ちは、パワーアップします。

  今年は4年生の担任ですが、休み時間になると、たくさんの子が甘えてきます。「先生」「先生」ってまとわりついてきます。

  考えると幸せです。たくさんの子供達に囲まれ、甘えられ、頼られ、いろんなお話をしてくる。たくさんの子供ができたようです。

  いろんなことがあるけど、教師って楽しい仕事です。特にここ数年はそう思います。

  そういえば、ここ数年、僕は変わりました。一つのことを良い方にとらえる。子供を信じ、良い所を意識して見る様にする。そしてどんどんほめる。そんな風にかわってきました。

 そんなふうになると、子供達がどんどん、そばにやってきました。みんないい子だと思うと、みんないい子になっていきました。鏡の法則です。

 せっかく生きてるんだもん。楽しまなきゃ。そう、人生は楽しむためにあるのです。たくさんの笑顔を見て、ありがとうを言ってもらって。本当にありがたいです。
 今日も楽しい一日でした。幸せです。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

豆電球を、電池1個で光らすのと、電池2個を直列につないで光らすのでは、どちらが長持ちするか? [授業]

 今、4年生の理科で電気のはたらきという勉強をしています。
その中で、電池2個の直列つなぎと並列つなぎでは、どちらが長持ちするか?という問題があります。これは、並列つなぎの方が長持ちします。

ところで、教材研究をしているうちに、下のような問題が話題となりました。

1つの豆電球を、電池1個で光らすときと、電池2個を直列につないで光らすときとでは、どちらが長持ちするか?

R4B3A004C.jpgR4B3A003C.jpg


 さて、みなさんはどう思いますか?
先生方の間でも喧喧ガクガク、どちらが長持ちするか、意見の分かれたところです。

さて、みなさんは、どう思いますか?

ア.電池一個で光らす方が長持ちする。
イ.電池二個を直列でつないで光らす方が長持ちする。

 下のサイトでは、このことについて、活発な意見がだされています。電池1個派と2個直列派に意見が分かれています。

http://q.hatena.ne.jp/1109154803

僕はこの中の5 回答者:yhkimuraさんの以下の考えに賛成します。

 電池が2個直列の場合は1個の場合に比べて電圧が倍,従って電流が倍,従って消費電力は約4倍となる。よって消費電力量も約4倍となる。
 答え_電地1個と2個が同一電力と仮定すると電池2個直列の方が2倍早く切れる。実際は電力(明るさ)が違うのであるが,それでも電池2個の方が早く消耗する。

 でも、理科の専門の先生は、難しい数式を書き出して、それは違うといいます。わけがわからないので、実際に実験してみました。

 昨日の夕方5時40分。電池1個の回路と2個の直列つなぎの回路をつくり豆電球をつけました。そして、ずっと放っておきました。
 さて、今日の朝8時30分見てみました。どうなっていたと思いますか?

 1個の方は、昨日と同じ明るさで細々と光り、2個直列つなぎの方は、明るく輝いていました。電池ってけっこう長持ちするものですね。

 午後1時30分結果がでました。さて、どちらが先に消えたでしょう。

 電池2個の直列つなぎの方が消えていました。

正解はア.「電池一個で光らす方が長持ちする」という結果になりました。

 理由も回答者:yhkimuraさんの考えでいいと思うのですが、いかがでしょう。
おもしろい問題だと思ったので、書かせていただきました。

 でも、それでは、電池100個直列つなぎだったら、あっという間になくなってしまうことになりますよね。それって、どう考えたら、いいのでしょう。だれか教えてくださるとうれしいです。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

美しいクラス合唱を目指すなら、まず・・・ [合唱]

 今、同学年のクラスと合同で、朝の歌を歌っています。2つのクラスが毎日入れ代わり立ち代り僕のクラスにきています。合唱指導をしながら、一緒に歌を歌っています。けっこう楽しい時間です。子供達にも刺激になっています。

 さて、その二クラス、歌声に大きな違いがあります。一クラスは完全に地声。もう一クラスは結構美しい声なのです。その違いはある指導をしているか、してないかだけ。美しい声のクラスは、ある指導を継続して毎日やってました。さて、どんな指導なのでしょう。

  それは、インディアンの発声。インディアンのように口に手を当て、アワワワワワ~~~と発声練習することを、そう言っています。杉渕先生から教えていただいた練習法です。

 美しい声のクラスは、それを毎日やっていたのです。ただそれだけで、2ヶ月近く経った今、大きな違いが生まれています。ちなみにそのクラスの先生は、音楽に関して素人の先生です。

 合唱の指導法はいろんなものがありますが、インディアンの発声だけでも、かなりいけるということがわかりました。継続は力なりです。そのクラスの先生と子供達に教えてもらいました。

 美しいクラス合唱を目指すなら、まずインディアンの発声です。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

僕も子供も自主勉、楽しんでます [学級]

 クラスのある子が突然、こう言いました。
「先生、自主勉してもいいですか?」
「うん、いいよ。」
「じゃ、明日からやってきます。」

  そうやってスタートした自主勉。一人、また一人と増え、今クラスの子の中で8人ほどするようになりました。
 これがけっこうおもしろいのです。

  毎日の出来事や思ったことを日記にして書いてくる子がほとんですが、その中で流行っているのが、僕の似顔絵。
 日記の下にどの子も書いています。
 これが、基本形。

Picture2.jpg

  これにウサギやカエル、クマなどの着ぐるみを着せて喜んでいます。時には音譜に変身したり、ゴマに変身したり。様々なパターンの僕の似顔絵が登場します。子供達、遊んでいます。
 それに対し、僕は、イケメンな似顔絵を描いてあげます。

 「それを見て、ニヤ~~っと笑う子供達。」

 このやり取りがけっこうおもしろいのです。

 最近同情してくれたのか、こんなかっこいい僕の似顔絵を書いてくれた子がいました。
「先生、似てないけど、イケメンに描いたよ」高校時代の僕だそうです。

Picture3.jpg

 一言余計ですが、うれしかったなあ。

 自然発生した自主勉、子供もぼくも楽しんでいます。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱って、科学だ [合唱]

 今度の合唱団のコンサートは屋外で行われます。地域のお祭りに招待されたのです。そこで必要となるのが、屋外でも響く声。また、金賞をとるためにも必要な条件です。

 そこで、土曜練習の時、発声練習をしました。朝早く起き、高嶋昌二先生の発声指導を約30分のDVDにしました。それをプロジェクタで映し出し、それを見ながら練習をさせたのです。

 基本的には、以前書いた以下の二つのことを映像を見ながら、練習しました。

高嶋昌二先生の合唱指導から学んだこと

高嶋昌二先生の合唱指導から学んだこと2

 それプラス、お腹を意識すること。これも繰り返し言い、練習しました。

 大人向けの講習会の映像ですので、子供達、しんどそうでしたが、30分乗り越えました。3年生のジュニアもがんばりました。えらい。

 さて、今日の朝練の時です。校長先生がこんなことをおっしゃいました。

「今日の発声はいいねえ。」

 実は校長先生、用事があって土曜日の練習に来られなかったのです。

「みんな土曜日の練習の効果が出たね。」
そういうと、子供達もニンマリ。うれしそうです。

 合唱って、やはり方法が大切なんだなって事を実感しました。ある意味、科学的な方法論があります。そんな部分がわかって、とてもうれしかったです。

 仮説を持って実践する。そしてその結果を見て、また実践。仮説実験授業と通じる部分があります。いろんな意味で、合唱って、本当におもしろいです。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

脳トレコミュニケーション [幸せに生きる]

 今日は岡本正一さんという方の「脳トレコミュニケーション」という講演(ライブ!?)を聞きました。

  体を動かしたり、体験したり、とても楽しい講演でした。その講演の中で参考になった部分を書いてみます。

●挨拶
  「あなたはコンビニエンスストアーの店員さんが言う「いらっしゃいませ、こんにちは~」という挨拶に対し、返していますか?」という質問がありました。
 みなさんは、どうですか?会場のみなさんはほとんど返してませんでした。僕も返してませんでした。その理由は、なぜでしょう?

 では、「逆に自分が挨拶したのに、無視された経験はありますか?」という質問に対し、これもほとんどの方が無視された経験があると答えます。

 それは挨拶の質が低いから。結局、相手に届いていないんですね。

 そこで、挨拶(コミュニケーション)の質を高めるポイントを実技を交えてやっていきました。

●第一印象に磨きをかける・・・55%
 
 コミュニケーションでは、第一印象(見た目)が大切。そのためのおまじないの言葉を教えてくれました。それは、
せ、め、て、あし、ふく、くせ

…背筋を伸ばす。
…目線を合わす
…手の位置に気をつける。気をつけ、胸の前で組む、後ろで組む、腰に手を当てる、手を口元にもっていく、それぞれの動作を二人一組になって見合いました。全然印象が違って見えました。特に口元に手をやるくせのある僕。あまり印象のいいものではありませんでした。ウソをつくとき、そういう動作になりやすいそうです。
あし…親指に重心を置く、踵に重心を置く、右足、左足に重心を置く、それぞれの立ち方を見合いました。これも同じ人なのに、全然印象が違って見えました。
ふく…シャツをズボンに入れるだけでまた、印象がガラッと違って見えました。
くせ…お互いわざと、かくかくと足を動かしました。すると落ち着きのない悪い印象を与えることがわかりました。

 こうやって見合うことで、ちょっとしたことで、見た目の印象ががらっと変わることがはっきりとわかりました。

 一番格好いいのは、背筋を伸ばし、目線は前、手は横、足は親指に重心を置くという立ち方になります。やってみると、合唱で歌を歌う基本姿勢になります。
 合唱をやると、見た目がとても素敵になるんだということがわかりました。

●声に磨きをかける…38%

 声も相当、印象に影響を与えます。そこで良い印象の声を作るためのボイストレーニングをやりました。やってみると、これも合唱でやっている発声練習とよく似ていました。お腹から声を出し、だんだんと音階を上げていく発声練習でした。
 
 おもしろかったのが、高い声になると喉仏(声帯)が上に動き、低い声になると喉仏が下に動くということ。喉に手を当ててやってみてください。声の高さによって上下しますよ。

 声が高い低いというのは、トロンボーンのような仕組みと似ているとのこと。平井堅が手を上げ下げしながら歌を歌っているのは、声帯が上や下に行くのを助ける役目をしているそうです。これも合唱指導にとても参考になりました。

 その他、いろんなおもしろいお話しがあったのですが、最終的に思ったのは、合唱をやっていると、見た目が好印象となり、声も素敵に、そして、よいコミュニケーションのベースを作ることができるってことです。
 合唱のすばらしさを再認識した講演でした。

PS.結局合唱に行き着くんですよね。好きなんだな~。

 参考図書として次の2冊を紹介してました。


面白そうなので、読んでみます。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

練習がしんどいと思った時の自分を乗り越える方法 [合唱]

 合唱団の朝練を開始して、2週間ちょっとが過ぎました。
 最初の3日間は、やる気があれば、乗り越えることができます。三日坊主という言葉があるように、ここで終わってしまう子がいますが、合唱団の子供達はこれをクリヤーしました。えらいです。

 そして今は、2週間とちょっとが過ぎました。自分の経験から言うと、今が一番しんどいときです。なぜなら、体が少し慣れてくるまでの目安が3週間だからです。

 今日は、合唱団のみんなに3週間を目標にするように言いました。これが過ぎると、少し楽になっていくよって。そして、次の目標が3ヶ月です。するとそれが習慣となり、当たり前になるのです。

 物事を習慣化するためには、まず3日、次は3週間、そして3ヵ月。この3という数字を目標にすると良いそうです。

 これは自分の経験からも言えます。禁煙を達成するとき。ランニングを習慣化するとき。毎日文章を書くのを習慣化するとき。この3という数字はとてもいい目安となりました。
 
 このことは、大脳生理学の上からも説明できることだそうです。興味のある方は、次の引用をお読みください。

「人間が、一定の行動を無意識にくり返せるようになるためには、大脳細胞に同じ刺激や興奮が、百回ばかりあたえられなければならないのです。短時間に百回ではなく、大脳細胞から延びている樹状突起が刺激や興奮によって、さらに延びていき、他の大脳細胞と連結し、その軸索のまわりを、髄鞘という脂肪の膜でおおうまで、三か月ばかりかかるのです。このような細胞のネットワークが完成すると、ことさら努力してみようとしないでも、らくに一定の行動がとれるようになります。」「見える学力、見えない学力」岸本裕史より

 さて、それでも途中でめげてしまいそうになるのが人間です。最初はやる気満々だったのに、途中でしんどくなっていくことってありますよね。でも、夢を実現するためには、継続した努力が必要です。そこで、しんどくなってあきらめそうになった自分を乗り越える方法を、今日教えました。

 この方法はオリンピック選手を育てるメンタルトレーナーの本に書いてあったものです。

 オリンピックで金メダルを取るためには、想像を絶する、それも長期間の練習が必要です。そんな選手にメンタルトレーナーは、どんな指導をしているのでしょう?

 それは、金メダルをとって、表彰台に乗った自分のイメージをリアルに想像させるのだそうです。その時の、周りの人の様子。お客さんの様子。自分の姿。来ている服や会場の様子などを具体的に。

 周りの人々は大きな歓声をあげ、拍手しています。笑っている人。泣き笑いしている人。バンザイをしている人。もしかすると、自分も感動して泣いているかもしれません。家族もハンカチで目を押さえ、泣いています。抱き合って喜んでいる人もいます。

 そんなリアルなイメージを持つことで、ワクワクしてきます。そのワクワクした感情が大切なんだそうです。それを毎日続けるそうです。

 すると、毎日の練習が、その感情につながっていきます。日々の練習がワクワクした夢へとつながっていくのです。

 今日、合唱団の子供達に金を取ったときのイメージを具体的に出してもらいました。たくさんの意見が出ました。

・会場全体にキャーって声があふれると思う。
・先生は大泣きしていると思う。
・いや校長先生と手をつないで踊っていると思う。
・お母さん、涙を流して、ハンカチでふいていると思う。
・えらい子だって、ほめてくれると思う。
・何人もバンザイって言ってると思う。

 そんな話をしているうちにだんだん盛り上がってきました。

「こんな想像を毎日するといいよ。練習の行き帰りに友達とこんな話をしながら歩くといいね。」
そんなことを言いました。

 明確でリアルなイメージは、夢の実現へと近づけます。なぜならワクワク感は、行動を変えていくからです。

 松井秀喜さんが高校の時、山下監督から贈られた言葉にこんなのがあります。

心が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる。

 僕は合唱団の指導を通して、単に歌の指導だけでなく、夢の実現の方法も教えられたらいいなと思っています。それが幸せな生き方にも通じると思うし、人間的な成長へとつながっていくと思うからです。合唱団の経験を通して、自分の夢を実現していける子に育てていけたら最高です。

 かくいう自分は、合唱団で金を取ったイメージを想像し、何度感動して涙したことでしょう。おそらく泣くでしょう。

 ワクワクした感情は、確実に僕の運命を変えています。人生っておもしろいです。

PS.今日、あるところで体脂肪を測ったらが5.8%でした。ビックリ!!体重が減ったわけではありません。脂肪が減って筋肉が増えたのです。さて、どこの筋肉が増えたと思いますか?
 実は体幹部でした。朝練で毎朝歌っている効果でしょうか。ここにも変化が現れました。そういえば、全国レベルの合唱団の子供達って、みんなしまった体つきでした。合唱って、体も変えてしまうようです。


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校