So-net無料ブログ作成

今日は遠足、幸せな一日 [幸せに生きる]

 今日は、遠足。福井県の恐竜博物館へ行きました。

  子供達は、博物館よりも、やはりお昼のお弁当やおやつの時間が楽しい様子。

DSC01442.JPG

 たくさんの子供達が、「これ食べて」って、握りしめたおやつを持ってきてくれました。
「ありがとう」って受け取る僕たち。考えると、ありがたいことです。僕たちに食べてもらって喜んでもらおうと、自分の食べる分を持ってきてくれるのですから。
  グミ系や食べるとすごくすっぱい味のおやつもあり、子供達って刺激のあるものを食べてるんですね。

  その後かわいい子供達は、そこらじゅうを走り回って目一杯楽しんだ様子。

  子供の頃って、遠足は前の日から、と~~~~っても楽しみだったなあ。
 教師となった今は、楽しむって言うよりも、みんなの安全を守り、無事連れて帰ること。責任感の方が大きいです。

  良い天気の中、無事みんなケガもなく帰ってこられたことの幸せを感じます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱団が全国放送されました [合唱]

 楽しみにしていたNHKの放送、今日放映されました。
昨年度3日間かけて取材された合唱団と僕。
 録画し、何度も見ました。

  さすがNHK。本当にうまくまとめてありました。
何度も見ては、そのたびに涙しました。
 子供達の表情がとてもいいのです。本当にいい顔してました。
そして司会の方も涙してました。
うれしかったなあ。

 校長先生をはじめ、たくさんの子供達や保護者の方々にささえられてきたんだなあと改めて思いました。ただただ、感謝です。

 たくさんの人から、お電話やメールをいただきました。(ソアーベの女先生からもお電話がありました。ありがとうございます)人生、こんなこともあるんですね。

  僕の人生の中で忘れられない一日になりそうです。


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

僕の心もポカポカ [学級]

 合唱練習のない昼休み、教室で子供達とくつろぎます。

「先生」「先生」って、何人もの子供達がそばにやってきます。
ぼくの肩をもんでくれたり、僕をからかったり、「握手しよう」って近寄ってきたり、さっきあった出来事を話してくれたり、中には背中にとびのったり、コアラのように抱きついてきたり。「パパ」って呼ぶ子も、何人かいます。お父さんに変身です。
 4年生と言っても、そんな感じです。

  こんなに可愛い子供達に囲まれて、たくさんの笑顔に囲まれて、僕の魂も喜んでいます。

  教師って仕事の面白さって、他愛もないようなことだけど、子供達との何気ない会話やふれあいや感情のつながりもあるように思います。

 穏やかな春の昼。僕の心もぽかぽか暖かい気持ちになりました。幸せです。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この星に生まれて。夢は必ず叶う [学級]

 今日は、新しい歌「この星に生まれて」をクラスの子供達に教えました。この歌、大好きな歌です。美しいメロディ。そして歌詞がいいです。

この星に生まれて 【作詞・作曲】杉本竜一
どんな言葉で 飾るよりも
生きる力を 持ちつづけて
はるかな空には 虹も輝くから
つよく つよく 歩きつづけて    
河はゆるやかに 時を旅する
広い  宇宙の 風に乗りながら
※Dreams come true together
夢をすてないで
Dreams come true together
かならず叶うから

 夢は必ず叶う。そんな気持ちになれます。

 子供達もとっても気に入りました。あっという間に高音をマスターし、歌いたいって、何人もの子供達が放課後も残りました。そして一緒に歌いました。教室は、まるでカラオケ広場みたい。

 僕が低音、子供達が高音を歌います。何度もアンコールがかかり、歌いました。超気持ちいい。

 合唱の楽しみって、こんな所にあるんじゃないかな?と思いました。美しい歌をみんなで気持ちよく歌う。とてもすてきな時間でした。

 この子たちには、大きな夢を抱き、生き生きとした人生を送ってほしいと思います。

『夢見ることは、人間にとって大事なことです。心にも大事だし、体にとっても大事なのではないでしょうか』 五木寛之

 夢をもって生きられるのは幸せなこと。

『夢が実現する可能性があるからこそ、人生はおもしろいのだ』 パウロ・コエーリョ

 そう、人生っておもしろい!楽しんで生きていきたいです。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

褒めることって、とってもいいです [幸せに生きる]

 今日は、「斎藤一人奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則」の本の通り、良い所をみつけ褒める。そういう意識で一日を過ごしました。

  朝は、自分の住んでいる良いところを見つけ、褒めながら走りました。
「あ~、空気がうまい。」
「自然がいっぱいでいい所に住んでるなあ」
 すると、ありがたい気分になってきます。

 朝風呂に入りながら、自分の身の回りにある便利な物を褒めます。
「あ~朝からこんなお風呂に入れるなんて、恵まれてるなあ」
「電動歯ブラシのおかげで、こんなに楽に歯がみがけるんだなあ。」
 またまたありがたい気分になってきます。

 そして、教室では、子供達の良いところをみつけ褒めます。

「電気をつけてくれてありがとう。」「教科書を用意してある人、すごいねえ。」「大きな返事ですごいぞ。」
 すると子供達に笑顔が生まれます。褒めるためには子供達を良く見る必要があります。褒めることを探します。するとますます良いところが見えてきます。そして褒めます。空気が和みます。そして、教室はプラスの空気で充満していきました。

 しかし、子供達に注意しなくてはならないときも出てきます。そういう時は、怒りながら言うのではなく、教えればいい。本に書いてあったとおり、子供達にわかるよう教えました。すると素直に聞いてくれます。
 

 今日は、一つの事実でも、こちらの受け止め方次第だってことを実感しました。
 
 今は、とてもいい気分でこのブログを書いています。
 本に書いてあった三褒め(国ほめ、物ほめ、命褒め)なんだかとてもいいです。しばらく実践してみようと思っています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

華々しい合唱団デビュー [合唱]

華々しい合唱団デビュー

はじめに
 今日は、今年度再結成の合唱団デビューの日でした。
校区の公民館落成式に招待されたのです。

 そのために、朝9時学校集合!!今日歌う曲の練習をやりました。
黒板に、こう書きました。

「今日はデビューの日。たくさんの人に喜びと感動をプレゼントしよう」

 そう、歌を通して、公民館の落成を喜ぶ人たちに、喜びと感動をプレゼントすることが今日の目的。その体験が、みんなの心の成長を促すのです。

 今日歌った曲は以下です。
1.ゆかいにあるけば 2.崖の上のポニョ 3.ふるさと 4.わたしはリンゴ

練習の様子
 「崖の上のポニョ」では、最後に「おめでとう」の垂れ幕を見せることにしました。巻物のように巻いてあって、それをスルスルっと広げて見せるのです。
 「ふるさと」は、三部合唱です。
 さらに「わたしはリンゴ」では、初めてソロデビューをする子もいます。
 本番どおり、音楽室で一通りやってみました。
 しかし、何だか声量が足りません。

 校長先生がこんな指導をされました。
「発声をやってみて」
アーーーー
すばらしい声が響きます。
「そう、その声を歌の中で出して」
そうやって2度目を歌ってみると、どうでしょう。さっきとはまるで迫力が違います。校長先生の指導のすごさと子供達のすごさを感じました。

いざ会場へ
 さて、会場へは歩いて行きました。天気も良くお散歩気分。子供達の中から自然と歌声が生まれます。さすが合唱団。(変な歌を歌ってたけど・・・・)

DSC01432.JPG 

  会場へ着くと、楽屋が用意されていました。たくさんの保護者の方々が応援に来られていました。会場には市長さんやたくさんの議員さんも来られていました。

いよいよデビュー
 あっという間に出番がやってきました。

「合唱団は、4年生の新団員も迎え、4月に再結成されました。そして、今日がデビューの日です。」
僕がこう言った時、拍手が生まれました。
 
 一曲目のゆかいにあるけば。声量は今一つだったけど、きれいな歌声でした。会場が一瞬、シーンとなった感じがしました。いいぞ、この調子。

 2曲目の前に、一度発声をしました。すごい声が響きます。「そう、その声で歌うんだよ」って校長先生のまねをしました。子供達もリラックスした感じになりました。
 そして2曲目は、かわいいポニョの歌声が響きます。

  さあ、最後のパフォーマンス。「おめでとう」の垂れ幕を出したとき、大きな笑いと拍手が生まれました。あとで聞くと、垂れ幕が裏返しになっていたとのこと。失敗は成功の元という言葉は、この様なことです。大うけで、会場の場も大いになごみました。

 3曲目の「ふるさと」は、23人という人数にも関わらず、すばらしい響きとハーモニーが生まれました。指揮をしながら、感動してました。

 そして最後の「わたしはリンゴ」。ソロデビューの子供達、立派でした。マイクなしで、歌いきりました。そして、最後にはみんな手拍子。温かいエンディングでした。

 ほっとしたのもつかの間、司会の方が、アンコールをお願いしてきました。予定外です。
「校歌を歌ってくれませんか」と言われました。
校長先生のピアノ伴奏で、最後は校歌でしめくくりました。
何と子供達、二部合唱で歌っているではありませんか。これにも感動。

皆さんの反応
 こんな感じで合唱団デビュー、終わりました。予想以上の盛り上がりで、子供達の声もよく響いていました。「普通ああいう畳の部屋だと声が響かないものだけど、よく響いていた」って、校長先生がほめてらっしゃいました。

 最後、会場を出るとき、会う人、会う人、
「とても良かったです。」
「合唱団、すごいですね。」
「美しい声ですね。」って、すごく褒めてくださいました。
 
 本当にすごい子供達ばかりです。心から思いました。
K先生のピアノ伴奏もすてきでした。
お客さんの間近で歌った経験。そして、とっても喜んでもらった経験。子供達にとって貴重な経験になったことと思います。

  たくさんの「ありがとう」の声がありました。笑顔がありました。子供達がプレゼントしたものです。最高のプレゼントができたと思います。そしてその経験は、子供達の心の幅を広げることにつながっていくことと思います。
 本当にすばらしい子供達に拍手です!!
 華々しいデビューでした。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

斎藤一人 奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則 [本]

  今日は、オーディオブック 「斎藤一人 奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則」著者: 柴村恵美子 を聞きながら、ロードレーサーで、2時間のツーリングを楽しみました。


 これ、本当にいいです。

 とにかく褒める事。自分の住んでいるところ。使っている物。そして命に対して。
 良い所をみつけ、褒める事で、自分の中に感謝の泉が湧いてくる。幸せな気持ちになってくるといった内容です。

 これ、僕が昨年から学級経営で意識していることです。子供達の欠点を見つけ注意するより、良い部分をみつけ、褒め、自尊心を高めてあげることの方が、う~~んと大切。そんなようなことを、はっきりと言ってくれていました。うれしい気分になりました。

 人は一度に二つのことを考えられません。そうならば、良い面を見つけていこう。そしてそれを口に出して言うことで幸せ気分になれます。

 事実クラスでも、マイナス部分をみつけ注意するよりも、がんばっている部分をみつけほめていくほうが、子供達も明るくなるし、自分自身も気分がよくなります。

 マイナス部分の注意は連鎖を生み、悪循環を生みます。寝るときに、いや~~な気分で一日を終えます。

 しかし、ほめ言葉も連鎖を生み、良循環を生みます。そして、寝るときに、なんだかいい気分で一日を終えます。

 今の事実をどう受け止めるかは、自分です。どうせなら、良い部分をみつけ褒めていく方が、気持ちがいいし、幸せです。

 しかし、なかなかうまくいかないのが、人間というもの。常に良い部分をみつけ、口に出していくことで、自分の中に良循環の泉がわくようにしていきたいと思っています。

 今日は、よくがんばった自分と自転車とすばらしい自然があふれた石川県に感謝です。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

一日は一生の縮図 [幸せに生きる]

一日は一生の縮図 森信三

 最近、これを意識しています。一日を一生のように思って生活しようと。

 「朝が誕生であり、夜寝るときが死を意味する」とすると、その日一日が、一生の縮図となります。

 その日によって、体調の良い時や良くないときがあります。しかし、その日のコンディションを生まれたときの環境や境遇と考えます。体調の良い時は、元気な体を持って生まれた境遇。体調の良くない時は、あまり良くない境遇といったふうにです。その与えられた境遇の中で、いかに幸せな一生を過ごすのか。これを考えながら一日を過ごします。

 そうすると、せっかく与えられた命。その状況下で精一杯楽しまなきゃって思えます。良かったら良いなりに、悪かったら悪いなりに、その状況に応じた楽しみ方があります。

 そして、その結論が出るのが夜です。寝るときに、「ああ、今日はいい一日だったなあ」と思えるようだったら、その日は、幸せな一日だったといえるでしょう。そして、それが、幸福な一生につながります。なぜなら、一生は、一日一日の積み重ねなのですから。

 考えると、私たちは、幸福な人生を生きる練習を、毎日しているわけです。朝に生まれ、夜に寝る(死ぬ)瞬間に「幸せな人生だったなあ」と思えるかどうか。
 ただ日々をすごすのではなく、こういう意識で一日一日を過ごすことで、幸せ上手になっていくように思います。
 そういう意味で、年を重ねることは、幸せな生き方の経験を重ねることが出来、、とてもすばらしいことです。

 一日は一生の縮図。幸せな一生を過ごす意味で、すばらしい言葉のように思います。

修身教授録―現代に甦る人間学の要諦 (致知選書)

修身教授録―現代に甦る人間学の要諦 (致知選書)

  • 作者: 森 信三
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2001/06
  • メディア: 単行本


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

夢を抱いてその夢に酔う [名言]

ビジネスを成功させるためには、夢を抱いてその夢に酔うということがまず必要だ。稲盛和夫(京セラ創業者)

 ビジネスだけでなく、すべてのことにこれは言える事だと思います。夢を抱いて、その夢に酔うこと。リアルに想像し、心からワクワクすること。やりたいことをたっぷり想像の世界で味わうことが大切だと思います。

  昔、漫画家になりたかった僕。いつも心の中でいろんなことを想像していました。
・スターになって、大観衆の前で歌い、歓声をうけると気持ちいいだろうなあ。
・すっごく2枚目の男の子に変身できたら、あの子をデートに誘いたいなあ。
・この世のすべてが止まったら、何をしよう。

 そして、そんなことをあれこれ考えてはいろいろ想像しワクワクしては、ストーリーを考えていました。そんなことが、今の仕事にどんなに役に立っていることでしょう。

  夢を抱いてその夢に酔う。いい気持ちになること。それが行動へと向かわせるような気がします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

南沙織さんの「春の予感」 [幸せに生きる]

 尾崎亜美さん、大好きなシンガーです。この方はいろんな方に歌を提供しています。

 実は、南沙織さんの「春の予感」という曲も、尾崎亜実さん提供だったのです。知ってましたか?
 1978年、資生堂春のキャンペーン・ソングに起用されたこの曲は、尾崎亜美さんが楽曲提供をした初めての曲だそうです。

 学生時代の春を思い出します。授業参観で疲れきった心を癒してくれる名曲です。春にぴったりの曲。超なつかしいなあ。アップします。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校