So-net無料ブログ作成

低学年って、楽しい! [学級]

 低学年、帰りの時が楽しいです。みんな開放感があるのでしょう。陽気です。すぐに帰ってしまう子。すぐに帰ろうとしない子。そばによってくる子。さまざまです。

  帰り、僕も陽気になってしまいます。残った子と発声をしたり、歌を歌ったり。握手をしたり、踊ったり・・・?何気ないやりとりですが、それが楽しい。

  低学年って、すぐにのって一緒にやってくれるから、楽しいです。一緒に踊ったり、歌ったり。大笑いしたり。それが楽しい。

  大人って、常識やネバ思考で心の底が固まっているような気がします。でも子供達と一緒にいると、いつもカチンカチンになっている自分の心の底の部分がとけていく感じがします。

 まだまだいろんなことに時間がかかり、何かさせようと思うと、ヘロヘロになりますが、低学年の楽しさを少しずつ感じています。低学年、おもしろいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

久々の山登り。○○と遭遇! [幸せに生きる]

 今日は、うれしい休日。早々と仕事を終え、久々に山に登りました。近くの山で、標高494m。低いですが、なかなか急な登りの厳しい山です。

 自宅から登山口まで約45分のランニング。それから、急な坂を登りました。久々の山登りで、普段使わない筋肉が働いているのがわかります。ロープを使って登るところもあります。心拍数がどんどんあがり、汗がだらだら出てきます。

  しかし、山鳥の声と、ピンクの山つつじが、さわやかに僕を迎えてくれました。山登りはいいです。普段と違った時間の流れがあります。普段と違った気持ちになれまます。

  どんどん登りあとわずかで山頂というときになって、なんと○○と遭遇。登山道の真ん中にで~~んと待ち構えていたのです。

 

  ○○とは鹿。僕をじ~~~~っとみつめています。体はゆうに100kgはあるでしょう。その距離約10m。向こうは微動だにしません。大きな鹿です。しばらく見つめあいました。

 襲ってこないだろうとはわかっていても、進む勇気もありません。そこで、しばらく下に降り、見えないところになったら、落ちていた木をポーンと投げました。

 ドドドドドド・・・
 鹿の逃げる大きな音がしました。驚かせてごめんなさい・・・

 そうやって上った山頂の風景がすばらしい。白山がうっすら見えます。しばらく手を合わせ祈りました。

 下山は、もう足に来て、ガクガク状態でした。山登りは下りの方が、ダメージが大きいのです。そして、登山口から自宅へのランニング。

 今日は足の筋肉全体を満遍なく使った感じがします。
 いつもと違った運動、体験。休日ならではです。今日の天気のような爽やかな気分になりました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

超簡単!ブーメランづくり [学級]

 今日は、一日頑張れば明日お休みということで、僕も子供達も張り切って一日を過ごしました。

  今日楽しかったのは、ブーメランづくり。厚手の8つ切り画用紙を4cmの幅に切ったものを2枚。これが一人分です。これに名前ペンで絵を書いたり、色マジックで色をぬったりし、出来上がったら、真ん中をホッチキスでとめます。それでできあがり!

image006.jpg

  室内用のブーメランで、手首のスナップを利かせ回転力をつけて飛ばせば戻ってきます。

  僕がお手本で飛ばして見せたら、クルクル回転し、うまく手元に。そしてキャッチ。
 みんな「お~~~~」と大歓声。売れっ子芸人になった気分です。こんなことでこんなに拍手をもらえるなんて。ありがたい子どもたちです。

 このブーメラン。超簡単に作れ、デザインのセンスも発揮できます。できたらみんなで遊べるという一石三鳥の超簡単ものづくり。できあがりは、とっても凝ったものから、そうでない?ものまで様々。写真をとっておけばよかったなあ。

 5限目、みんなで体育館へ行き、飛ばして遊びました。
 子どもたち、みんな「見て」「見て」の大合唱。自分の飛ばすところを先生に見て欲しいのですね。

 うまくいかない子は「これ飛ばして」「これも」「これも」の大合唱。
先生に飛ばして欲しいのですね。

 2年生って、自分ひとりと先生との関係を求めます。今日は特に強くそれを感じました。休み前だから、なんとか気力を出し、ひとりひとりに対応。サービスに努めました。終わるころにはヘロヘロ。

 「ブーメランふまれた~~。」とかトラブルもあったりしたけど、みんなでワイワイギャーギャー言いながら遊びました。楽しんでもらえたようでうれしいです。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

くつ隠し再び! [学級]

 またくつがなくなりました。先週くつ隠しがあり、あれだけ指導したというのに・・・
 本当にショックでした。

 みんなに聞きました。
「ほうっておいていい?」
「だめだ」全員が言います。
「じゃ、どうしたらいい?」
「全員で探す。」
「よし、絶対、みつけるぞ」
 こんなときは、教師の姿勢を見せるとき。一人を大切にすること。それがクラス全員を大切にすることにつながります。しかし、度重なるとつらいものがあります。

 4限目、全員で探しました。みつかりません。
 お昼休みも全員で探しました。みつかりません。
 5限目も全員で探しました。それでもみつかりません。
 普通なら、これで出てきます。子供たちの顔に疲れが見えます。そこで、全員を集め、「このままでいいか?」と聞きました。
「だめだ」と言います。

自分もされたら、いやだ。
ひろがってしまう。
助け合う。
 やさしい子供達です。

明日もやろう!ということになりました。

 最後、仲のいいお友達に「探してもらえる?」と聞くと、うれしそうに「うん」と言って探してくれました。それでも見つかりません。

 あきらめかけていたとき、Y先生が「ありました」とかけつけてくれました。なんと近くの違う学年の下駄箱に入っていたのです。

 なんということでしょう。
 どうやら、違う学年の子が間違えて、一日中はいていたようなのです。間違えていた子のクツを確認してみると、サイズも色もメーカーもまったく同じ。違うのは中の名前の部分だけ。

 ということで、無事みつかりました。

 ほっとしました。そして、もやもやがふきとび、うれしさがこみ上げてきました。
 それは、クラスの子にやった子がいなかったということ。

 人間弱いものです。特に心が弱くなったとき、常識では考えられない行動をするものです。誰かのものをとる。かくす。それも、そんなときに出てくる行動の一つです。いろんな原因があります。友達とうまくいかなかったり、孤立してしまったり、いやなことがあったりと。
「そんな悲しい状態の子がいない」とわかって、とてもうれしかったのです。

僕の心の中に・・・
 やがて、僕の心の中に、湧き出るようにどんどん浮かんでくるものがありました。それは、一人一人の子供たちの姿です。下駄箱の板の下を一生懸命さがしていたあの子。「あそこかもしれない」と走り回ってさがしていたあの子。放課後も喜んで探してくれたあの子。そんな一人一人全員の子供たちの姿が僕の中に次々と浮かんできました。ぼくはだんだん心がぽかぽかしてきました。

 明日、こんなお話をするつもりです。
「みんなは、きのう友達のために一生懸命さがしていたね。先生はそんな君たちのことをずっとずっと思い出していました。そして、君たちのことがますます好きになりました。君たちは、すばらしいよ。」

 そしてこう続けようと思います。
「君たちは、きのう大きく成長したんだよ。どこが成長したか、わかる?
それは、助け合いの心です。これからも困っている子がいたら、みんなで助けていこう。そして助け合いの心を大きくしていこうね。」

 友達のために一生懸命動いていた子供たちのすばらしさ精一杯つたえたいと思います。

事件を経験に
 学校という場ではいろんな出来事が起こります。いろんな事件。それは、人間が集まる場所だから、当たり前のこと。それをどうとらえていくかが問題だと思います。
 事件を失敗とするのではなく、経験としてとらえていく。それも今後につながる経験としていくことが大切だと思います。

 一人の子のクツを全員で一生懸命探す体験を通して、子供達は、「一人一人を大切にするってことはこんなことなんだな」ってことを学ぶことができたでしょう。
 人のものがなくなることがクラスに大きなマイナスの影響を与えることも実感したことでしょう。 また一人の子のために一生懸命動くということで、助け合うということを学びました。クラス全体の成長です。
 僕自身も、今回の事件を通して、子供たちにさまざまな思いを伝えることができました。一人一人全員がたいせつだという思いや僕の姿勢を示すことができました。そして、何よりも子供たちのすばらしい姿に感動できたことがうれしいです。

おわりに
 こう考えると、いろんな出来事が教師のとらえかた次第で学びの材料となり得ます。いろんな出来事を通して、子供たちは生きていく上での大切なことを学べます。
 日々いろんなことがあります。いろいろ考えます。どうしたらよいか悩んだりします。
 今回もいろいろ考えました。どうしたら、この事件をみんなにとって、よい経験にできるだろうか?悩みました。しかしそんなところに教師としての本道があるような気がしています。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

無料PDF変換ソフト [その他]

 PDFファイルって、ご存知ですか。今回は、このPDFファイルに関するちょっぴりお得な情報を書いてみます。

  PDFファイルはAdobe Acrobatで採用され、いろんな環境のパソコンで、ほぼ同じ様なレイアウトで文章や画像等をみることができるファイルです。

  たとえば、PDFファイルにしてしまうと、たとえ一太郎が入っていなくても、一太郎で作った文章を見ることができるのです。(ただし編集はできません)
 
 いろんなファイルをPDFファイルに変換するソフトが欲しいなあと前々から思っていたのですが、なんとただのソフトがあったのです。以下がそれです。

クセロPDF2 http://xelo.jp/xelopdf/xelopdf/index.html

  インストールすると、印刷のプリンタに「クセロPDF2」というのが加わります。それで印刷実行すると、PDFファイルができてしまうのです。

 また、逆にPDFファイルをワードやエクセル、パワーポイントのファイルに変換してくれる無料ソフトも見つけました。

瞬簡PDF ZERO http://xelo.jp/xelopdf/pdfzero/index.html
 一度、読み取った上で変換するので、スキャナーから読み取って文字変換するときにあるような誤変換があります。しかし、これがあると、インターネット上のPDFファイルを活用できます。

 本当に世の中便利になったものです。

PS.その後、上記のソフトは配布終了となってしまいました。

しかし、この記事はアクセスが多いので、それに代わるフリーソフトをさがしました。以下がそうです。

無料PDF変換ソフト PrimoPDF http://www.xlsoft.com/jp/products/primopdf/download.html

どうぞ、お試しください。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

笑わせてくれます [学級]

 「ふきのとうの音読指導」では、気持ちを表現することをめあてにして指導しています。

場面や気持ちを表現して音読するには、次の4点が重要です。
・声の大小 上げ下げ はやいおそい 間

 一昨日、声の大きいところと小さいところがあると、とっても気持ちの入った読みになるんだよって、次のような「怖い話」を例にしてお話しをしました。

真夜中の12時。ひとりでお墓の道をあるいていました。ホー、ホー・・・。とても静かな夜で、ふくろうの声しか聞こえません・・・なんだか後ろの方で、小さな声が聞こえます・・・ ふと後ろを見ると・・・(間)

 

おばけ!!

 ぎゃ~~~!!机に隠れたり、耳をふさいだり、跳びあがったり、大騒ぎの子どもたち。しばらく騒ぎはおさまりませんでした。

「いいかい、こんなふうに声の大きいところと、小さいところがあると、とっても気持ちの入った読みになるんだよ。」

みんな「うん」と納得。

それから、みんなの読みが変わりました。

 

 さて、それから日が変わり、昨日のこと。国語の時間、声の大小の大切さをもう一度お話ししていたときのこと。

ある子が「先生、お願いします!!」
「なに?」
「こわいはなししてください。」「お願いします。」
何人もがお願いをし出します。

 ある子が「お願いします。」といいながら、カーテンを閉めます。
ある子が「お願いします。」といいながら、電気を消します。
素晴らしい連係プレー。大笑いしました。

 もちろん、同じようなお話しをしました。2度ででも、喜んでくれました。

 2年生、こんなお話しで喜んでくれて、うれしいです。また、やることもおもしろい。笑わせてくれます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

授業参観 [学級]

 今日は、授業参観。
めあては、「欲張らず、2年生の今の姿をみてもらう」ということにしました。

  以下のようなメニューで、テンポ良く進めました。

1.定番の学習
 言い漢字(・30の新出漢字を全員で読む・赤対白・速攻早読み・一人全員)

3.扉の詩「たんぽぽ」の表現読み。

4.「ふきのとう」
・練習(机,班の形) グループ練習
・班ごとに発表(うまい子には範読してもらう。)
・音楽をかけながらの通し

5.合唱
「はるがきた」
「となりのトトロ」

 「となりのトトロ」は、高音・低音に別れ、二部合唱にしました。歌い終わったあと、拍手が生まれました。うれしかったです。

 学級懇談会では、うれしい御意見がいっぱい聞かれました。
「毎日、うるさいくらい発声して、歌っています。」
お~お家ではそうなんだ。

「学校や先生がたのしいって、言っています」
あ~~、うれしいなあ。こんなこわい顔してるのに。

「うちで、先生のお話をよくしてくれます。机の中からゴマを取り出して給食にかけていることも・・・」
お~~~、何でも話してるんだな~~。

「楽しいっていってるわけが、今日の授業をみてわかりました。」
うれしいなあ。子供達もがんばってたものなあ。

 なんだか明るいお母さんと明るい御意見ばかりで、うれしい懇談会でした。

子供達も僕もがんばった一日でした。


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

余裕 [学級]

 今日は、先手先手と手を打って、子供達の学習を進めました。子供達のペースにあわせていきました。一つ二つと学習する内容は減りますが、余裕があって、こちらも気分がいい。子供達も無理なく一日が過ごせました。やはり余裕って大切です。時間の余裕は心の余裕も生みます。子供達のいいところもたくさん発見できました。

 今日は、となりのトトロの二部合唱、初めて成功しました。声のボリュームはないのですが、きれいにはもれていました。
 教科書の「はるがきた」の歌もきれいな声に近づいています。

 まだまだおふざけする子が多く、一つになった感じはありませんが、進歩していることは確かです。そして何よりも、進んで歌いたいという子が多く出てきたこと。これがうれしいです。

 きょうも放課後残り、「はるがきた」をうたいたいと7名の子が言いました。リクエストにこたえてカラオケを鳴らしました。「ビデオにとろうか?」と言うと、大喜び。

 7人のかわいい「はるがきた」の歌声を撮りました。みんなできゃっきゃ言いながら見ました。教師の楽しみって、こういうところにあるんだろうなあ。
 楽しい一日でした。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

時間 [その他]

 時間に追われるのは、つらいものがあります。できるなら時間を追うほうにまわりたい。それには、計画を事前にしっかり立てておくことが大切です。

  それでも、予想外の仕事が突然やってきます。仕事と仕事がブッキングし、しめきり間近。どちらをとっていいのかわからない。ぽんぽんと湧き出てきます。
 下手をすると振り回されてしまいます。現場は今、そういう状況にあります。 

『人々は、「急げば急ぐほど、ますます時間を失う」という逆説に生きているのです』イーシュワラン

 せめて教室だけでも、ゆったりとした時間を過ごす空間にしたい。そのためには、ある程度余裕を持って挑むことが大切です。教室では、ゆとりを持たせてあげたい。子供達のためにも。そして自分のためにも。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

クツかくし [学級]

 今日、クツかくしがありました。ある子のクツが片方ない。4月のこういう事件は、勝負のときです。こっちの姿勢が試されるとき。
 みんなを集め、こんな話しをしました。

「こういうこと、ほっといていいですか?」
みんなだめだといいます。
「見つかるまで、全員で探すぞ。」
大好きな図工の時間を中断して、みんなでさがすことにしました。

すぐにみつかりました。カサ立ての下に隠してありました。

「見つかってよかったね」。と、隠された子に話し、みんなで教室にもどりました。

 さて、これでおわりにはしません。
「くつ隠しは、いいことですか?わるいことですか?」と問いました。
みんな「悪いことだ」とこたえます。
「では、どうしてわるいことなのですか?」
考えさました。こんな意見が出ました。

かくされた子が
 いなや思いをする。
 きずつく。
 いじめ。

 みんな隠された子にしか注目してません。「まだまだいやな思いをしている人がいるはずです。」と考えさせました。

 すると、ある子が言いました。

みんな

「なぜ、みんないやな思いをするの?」と聞きました。

 今、いやな思いをしている。
 大好きな勉強ができない。
 みんな疑われる。

 やった人は、ふざけやいたずらのつもりでやったのかもしれません。しかし、くつ隠しやものを隠すことは、みんなに、こんないやな思いをさせるのです。そして、やった人の心もよごれていくのです。そんなお話しをしました。

 その後、みんなに今日のことについての感想をかいてもらいました。その中からいくつか紹介します。

・うんどうじょうにいこうとおもったとき、「くつがない」と言いました。わたしはそのとき、こころのなかでだれかにかくされたんだなと思いました。自分もこういうのされるかもとおもいました。
・くつかくしは、人がきずついてしまいます。
・かくされた人のこころがきずつくからだめだと思います。うたがわれるかもしれないから、いやなきもちになります。
・みんながこまってしまう。だれか一人でもやったら、みんなうたがわれる。どんなものでもかくさない。
・みつからなかったら、かってくれたおかあさんやおとうさんもかなしいきもちになる。
・くつをかくしたら、かくされた人もこまるし、みんなもこまります。ひとりひとりがこまり、きもちがよくなくなっていきます。
・つぎつぎやると、じぶんこころがよごれていくし、みんなもよごれていきます。
・かくされた人がいやなきもちになったと思います。みんながうたがわれると、みんなもいやなきもちになります。
・わるいと思う。いじわると思う。うたがわれる。いやなきもちになる。
・かくされた人のきもちは、こころがいたくてなにも言えないとおもいます。みんなも元気をなくして、いやなおもいをします。これから元気にいじめもけんかもかくすこともウソもなくしたいとおもっています。

 これから、いろんなことがあります。いたずらや失敗はだれでもあります。しかしくつ隠しは、全員にこんないやな思いをさせてしまうこと。そんなことを低学年の今の時期にしっかり理解してほしいと思いました。

 学校ではいろんな学びがあります。こういう事件からもたくさんのことを学べます。そしてこれは大切な学びだと僕は思っています。
 みんな今日の日のことを忘れないでいてほしいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校