So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK全国学校音楽コンクール 課題曲 [合唱]

 NHK全国学校音楽コンクールの課題曲が発表されました。

 小学校の部は、なんと2曲から選ぶというもの。「ここからいちばんとおいところ」と「夢の太陽」の2曲です。
 僕は、断然「夢の太陽」の方が好きです。歌詞が今の僕の気持ちにぴったし。

 夢の太陽 覚和歌子作詞 千住明作曲

たわんだ枝が はずむときの力で
真っ青な空の 真ん中にむかってとぶ
はじめてだから ぶきようだけど
こわがるこころと 手をつないでとぶ

ひとみをこらして 耳をしんとすませて
まだ見ない明日(あした) その先にむかってとぶ
へこんだ昨日を 自分にゆるして
はだしに地面を 今感じて ける

そのとき かかとに見えない翼が生えて
わたしは 風に乗るだろう
町を 地球を 見下ろすだろう
それは はじめての景色
さっきまでのわたしが 背中を丸めて歩いている
それは いじらしい
抱きしめたくなるような わたし

波をおいかける 飛び魚のように
ばねのつよい子鹿のように
思い切りふみきると 天と地がつながる
夢の太陽は この手に つかま(えら)れるのを
待ってる 待ってる

  へこんでも大丈夫。たわんだ力でジャンプし、違う世界を見よう。きっと広い世界が見えるだろう。そして、夢の太陽をつかまえよう!

 う~ん、いい曲です。さっそく楽譜を注文しました。
下の所で、映像と曲が聞けます。興味のある方はご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/ncon/


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

送別会 [その他]

  今日は、離任式。そして送別会。たった今、帰って来ました。

校長先生が今年で退職されます。23年間の教職をずっと続けてこられ、退職される。それだけでも、すごいことだと感じます。

 いろいろしんどいこともあったでしょう。でも、それを表に出さず、常にやさしい校長でした。

 本当に強い人とは、それを表に出さず、やさしい人だと校長先生を見て感じます。

 たくさんの人が出て行きます。本当に御世話になった人たちばかり。そして、あさってになったら、また別の世界が始まるのでしょう。

 別れ。そして、新たなスタートが始まります。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

合唱で大切なことは? [合唱]

 今日は、福井県に合唱の研修に行きました。なんとあの若松歓さんが来られるとのこと。

 若松歓さんは、5年教科書に載っている「南風にのって」や「この地球のどこかで」など、合唱曲をたくさん書かれている作曲家です。合唱のお師匠さんからのお誘いがあり、喜び勇んで出かけました。
 場所は、福井県のとある公民館。

DSC00402.JPG

 最初は、若松先生の子供達に対する合唱指導の様子を見ました。曲は「南風にのって」。子供達、本当に良く口が開き、きれいな歌声。とても即席のメンバーに見えませんでした。

若松先生の言葉の中に、合唱指導のヒントがたくさんありました。

まず子供達の姿勢がいいこと。目がしっかり指揮者の方に向いていることをほめていました。

そして、言葉から想像して歌うことが大切であることを強調してました。

 クレッシェンド・デクレッシェンドは、歌うためのヒント。そこから広げていくことが大切。
 本当はたくさんの記号を書きたい。しかし、そうすると楽譜が真っ黒になってしまう。
 だから、楽譜の中の臨時記号は、作者のこだわりやメッセージが込められている。基本的には、譜面に書いてある情報が大切。

 そんなことをおっしゃっていました。譜面の情報から、さらに読み広げていくことがたいせつなんですね。なんだか、詩の解釈に似ています。

 ハモリがある歌は、自分のパート以外も練習したらいい。そうすることで、違うパートが聞こえるようになる。違うパートを繰り返し交替して練習すると良い。

 両方を練習することで、違う音を聞きながら歌うことが可能になっていくんですね。これもなるほどと思いました。

とにかく、言葉を伝えることが大切。
メロディーよりも、言葉の意味(日本語)を伝えることが大切。
そうすることで、言葉の節目が際立って聞こえるようになる。

 これは、ソアーベ合唱団の坪口先生も同じ事をおっしゃっていたなあと思いました。歌の指導では、言葉の出だしの音を大切にすること。そして、言葉の意味から生まれるイメージを大切にするようにおっしゃっていました。

伸ばすところは気持ちよく伸ばす。
悩んだときの判断。聞いて気持ちいいほうをとる。

 気持ちいいことが大切なんですね。自分の感覚。みんなの感覚を大切にすること。なんだかいいなあと思いました。

合唱をうまくするコツは、声を合わせることに尽きる。
時には「合ってないじゃないか」といい、みんなの集中力を高める指導もありうる。しかし、これは、合唱団レベルの場合。

 さらにレベルを上げたいときにこんな指導も大切になってくるのかもしれません。しかし、これはちょっと苦しいなと思いました。

歌詞の言葉の解釈について、次の二通りがある。

・最初に先生の解釈でいって、どう思った?と子供たちに問いかける方法。
・色々出してもらって、方向を絞っていく方法。(先生が最後に英断してもいい)

両方とも、最終的に統一していく。
同じ演奏だけど、同じ曲ができるはずはない。

 そうやって、みんなで曲をつくりあげるといいのでしょう。この点は僕の課題です。歌うメンバーが違えば、みんな表現は微妙に違っていくのでしょう。詩の表現読みの場合、僕は2番目の方法をとっているかな。歌の場合も同じにすればいいのかもしれません。

低学年の時は、童謡をう~~んとたくさん歌わせて欲しいとおっしゃってました。ソアーベ合唱団は、まさにそれを実践されています。僕も楽しい童謡をたくさん歌わせたいと思いました。

 最後に若松先生の指導のもと「桜の下で」を、みんなで歌いました。歌っていて、と~~~っても気持ちがよかった。研修に来ておられる先生方、みんな声がきれいで、自分までうまくなった気分でした。合唱って、これがいいんですよね。
 こんなステキな講習会を開いてくださったT先生と若松先生に深く感謝します。ありがとうございました。

ps.今日歌った、若松先生の「最後のチャイム」の動画がありましたので、アップします。卒業式にいい歌です。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

久々の家族との休日 [幸せに生きる]

 今日は午後から久々に家族で外出しました。出かけた先は、白山比咩神社 。

07032306_02.jpg

  この一年、いろいろありました。厄をはらい落とし、新たな気持ちでスタートするために行ったのです。

  神社って本当にいいものです。今日は天気が良く、とてもすがすがしい気持ちになりました。今回は下の駐車場に車を止め、階段で上の境内へと歩きました。

 久々に息子と並んで写真を撮りました。大きくなりました。

 親子三人で歩く参道。とても幸せな気持ちになりました。

DSC00381.JPG

 神主さんに御はらいをしてもらいました。気持ちが軽くなりました。

 DSC00392.JPG

 終わってから、下のお店でこんなものを買いました。うぐいす餅と団子です。おいしかったです。

DSC00395.JPGDSC00396.JPG

 その後、電気屋さんをうろうろし、オール電化住宅について、研究しました。電気代も安くなり、かんきょうにもいい。魅力的です。

 そして、夜は焼肉。

DSC003992.jpg

 妻も子も喜んでいました。久々の和やかな休日でした。

王様であろうと、百姓であろうと、自己の家庭で平和をみいだす者が、いちばん幸福な人間である。(ゲーテ ドイツの詩人)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

ゴミ箱はよーく確かめてから [その他]

 今日は朝から、新年度に向けて、パソコンの作業に明け暮れました。新パソコンがたくさん入りました。そうなると、情報担当は忙しいです。インターネットの設定。ネットワークの設定。プリンタの設定も行います。一台一台個性があり、結構時間がかかります。

 最後に職員が良く使うパソコン3台をきれいにする作業。デスクトップは、たくさんのファイルやショートカットでいっぱいになっています。

「今日までにデスクトップのファイルを保存して置いてください」と言ってあったので、どんどんファイルをゴミ箱に捨てました。そして、最適化をかける。
 それで終われば良かったのですが、ゴミ箱の中のものも、全部消去してしまいました。
 これが、大変なことに!!超重要なファイルで、まだ保存してなかったものがあったのです。
 本当に青ざめました。

 幸い、フロッピーに保存してあることがわかり、ほっと一安心。

 しかし、寿命が縮みました。
結局8時ちかくまで、作業に追われました。

 ゴミ箱の中のものは、よーく確かめてから、消去すること。教訓になりました。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

未来の自分への手紙 [学級]

 クラスがしんどかった時がありました。二学期の後半です。そのとき、「未来の自分へ手紙を書こう」と呼びかけました。未来の自分とは、「修了式の日の自分」にです。その手紙に、自分の気持ち、悩み、思いのすべてを書いてもらいました。
 書いた手紙は封をして、僕が保管しておきました。

  修了式の日に、その手紙をわけました。「あっ、そんなものあったな」って忘れている子もいました。
 みんな照れくさそうに読んでいました。その手紙を読んだ感想を書いてもらいました。いくつか紹介します。

 わたしは今の手紙を読んで、昔の自分は色々悩んでいたんだなあと思ったけれど、今の自分はそれを乗り越えて頑張っていたので、成長したなあと思いました。自分はわかっていないだけで、近くに答えがあったりするので、友達やみんなでみつけていきたいです。人はこんな短い時間で成長するんだなあと思いました。

 私は今も悩んでいるかもしれません。でも前の自分より良くなっている事は確かです。前はすごくいやなことのように思っていたけど、今になったら、もうそんなことどうでもいいと思いました。前よりも自分のことが好きになれたような気がします。

 もし前の自分に話しかけることができるなら、「だいじょうぶだよ。そんな悩みは大きくなるうちに小さくなっていくのだから」と言ってあげたいです。

 私は、過去の自分の手紙を今日読んで、すごくいい気持ちになりました。なんか前の自分は、未来の自分に「つらいときとかもあるけど、がんばってください」とか励ましていました。すごいはずかしかったけど、いい気持ちになれたと思います。そんなに心配しなくても・・・。と思うくらい励ましてありました。これからもつらいときもあるけど、がんばりたいです。

 みんな六年生になります。これからもいろんな悩みがあると思います。でも、この手紙のことを思い出してほしいです。

「だいじょうぶだよ。そんな悩みは大きくなるうちに小さくなっていくのだから」

  いい言葉です。子供達の言葉に僕も励まされました。

ps.この記事で800号。なんだかうれしいです。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

かっこいいです。イチロー [その他]

 今回のWBCで、僕が一番印象に残ったのが、イチローです。
打てなかったイチロー。苦しかったと思います。あれだけ、世界から注目され、結果を出せない。苦しいというものではなかったと思います。

「個人的には想像以上に苦しみ、辛さ、痛みを感じた。」イチロー

 しかし、そんな時こそ、真価を問われるとき、打てなかったイチロー、心が壊れそうになっていたでしょう。体に出ていたかもしれません。それでもそれを表に出さず、そして逃げない。かっこ良かったです。

「おなじ苦しむなら、考えて苦しまないといけない。なにも考えないで、ただ苦しんでいても何も生まれない。」

 苦しいながらも、必死であらゆることを考えていたに違いありません。

「もしも、プラスの自分があらわれてくれるなら、考えつづけて、苦しんできたからだと思います。」

 誰でも、つらいとき、苦しいときがあります。そんな時は、ただ苦しむのではなく、あらゆることを考えることが大切だということを教えてくれます。考えて考えて考え抜く。

そして、最後一番最後に、逆転打。勝負を決めました。
                
「心が折れかけていたが、最後に神が降りた。日本のすべての方に感謝したい」イチロー(メジャーリーガー)

 涙が出そうになりました。かっこいいです。イチロー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

今日は修了式。 [学級]

 今日は、修了式。ようやく一年がおわりました。

  いろいろありました。いろんな子供達がいました。いろんな事を通して、学びがありました。いろんな子が僕を鍛えてくれました。今年一年は、本当に勉強になりました。
 教育に対する畏れと教育の深さを感じた一年でした。

 たくさんの失敗がありました。

「大きな失敗をした人は、失敗の苦しみを知っている。
激しい挫折感や、どうしようもない悔しさや、
やり切れない思いを抱えている。
そういう思いは、新しい何かに向かって
頑張って走るときの、強力なエンジンになる。」島田 紳助

 失敗は、僕にたくさんのことを教えてくれました。

「ずっと順風満帆で人生を過ごして来た人よりも、
失敗の経験のある人の方が僕にはよほど信用できる」
島田 紳助

 数々の失敗のおかげで、より謙虚に、より優しくなれたような気がします。この経験を無駄にせず、これからの成長につなげていきたいです。

 とにもかくにも、一年間、僕とともに歩んでくれた子供達に感謝です。ありがとう。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

入学式、児童代表挨拶  [行事への取り組み]

 今の時期の5年担任は、ハードです。今日は午後空いていたのですが、入学式準備の計画(子供と先生方の割り振り)で、目いっぱいでした。
 また、離任式、入学式の児童代表の指導も・・・

今日は、入学式の児童代表の挨拶を掲載します。

入学式 児童代表挨拶 

 一年生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
 皆さんが、この○○小学校に入学してくることを、とても楽しみにしていました。
 これからは、今まで通っていた幼稚園や保育所と違って、お勉強が始まります。
 学校へ来ることも、教科書を使って勉強することも、どれも初めてのことばかりで、ちょっぴり心配な気持ちがあるかもしれません。

 でも学校には優しい先生やお兄さん、お姉さんが大勢います。わからないことがあったら、恥ずかしがらずに聞いてください。
 僕たちがやさしく教えます。
さあ今日からみなさんは小学生です。たくさんのお友だちと一緒にお勉強したり、遊んだり楽しい毎日が始まります。
 今日からみなさんは、○○小学校の仲間です。
みんなで楽しくがんばっていきましょう。

 子供達の指導はばっちりです。

 さて、通知表の方は何とかできたけど、指導要録はまだ真っ白。どうなってしまうのでしょう。
 そんな時は、

なんとかなる!一休


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学校

気分は寛平ちゃん [幸せに生きる]

 今日は、東京マラソン。朝からテレビで流れていました。昨年は僕もこれに出ていたのです。信じられません。
 今年は抽選にもれ、仕事仕事の一日。

 午後3時過ぎに仕事も一段落。僕も走ることにしました。
 場所は、ちょっと遠出をして河川敷の道路を走りました。

 雨の中、それでも、仕事で疲れた心が癒されます。
いつもと違った、広い風景。気分は、アメリカを横断中の寛平ちゃんです。
赤い橋が見えてきました。

DSC00373.JPG

 ここを折り返し。ただひたすら、広々とした平野を走ります。寛平ちゃんもこんな気分なのでしょうか。雨脚が強くなってきました。

DSC00377.JPG

 走ることを趣味にしていて良かったです。きっと仕事一筋だったら、つぶれていたでしょう。

 これからも走り続けます。そして、来年こそは東京マラソンに!!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校