So-net無料ブログ作成

ダム式経営 [合唱]

 今日はのんびりした一日でした。
 約12kmのランニング。
 その後、オーディオブックを聞きながら、ゆったりと筋トレをしました。
この時聞いていたのが、これ。

道をひらく

道をひらく

  • 作者: 松下 幸之助
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1968/05/01
  • メディア: 文庫
  会社を経営していくことと、合唱団を運営していくことは、似たようなところがたくさんあります。
 言えることは、両方とも、社会のしあわせのためにあるということ。

 たくさんのお話の中で、今日心にとまったのが、ダム式経営ということ。

 ダム式経営とは、経営に必要な人・モノ・金に余裕を持った経営をする方法です。
 ダムにはたくさんの水が蓄えられています。必要なときに流し、そうでないときは備蓄する。

 今はコンクールもひと段落して、時間に余裕があるとき。僕にとってのダムの水というは「時間」です。その時間を使って、今できることは、送迎計画を立てること。
 昨日から今日にかけて綿密な計画を立てました。

IMG_3367.JPG


 うちは二校合同出場なので、車での送迎が必要なのです。
 はやばやと練習計画はたてたのですが、午前中は会議やマーチング指導が入り、合唱指導は午後になりました。

 保護者には、午後1時までに送り。午後4時にお迎え。ということをお願いすることになりました。

 ブロック大会は、響きにくい会場です。だから、それに対応するためには、現任校の運動場や体育館中心で練習する必要があるのです。

 みなさんお仕事をお持ちで、なかなか送迎できる環境ではありません。
 タクシーを多用することになりました。

 一度、送迎一覧表をメールで送信しました。

 するとどうでしょう。次から次と、ご都合をつけてくださる方から連絡がありました。
 タクシーを使用する日が、少し減りました。

 本当に感謝です。
 
 ダム式経営。合唱団のダムには、活動を支えてくださる人にあふれているなあ・・・と感じた一日でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。