So-net無料ブログ作成
検索選択

若杉合唱の会35周年記念コンサートのゲスト出演 [合唱]

 今日は、前校長先生が指導されている若杉合唱の会35周年記念コンサートのゲスト出演をしました。場所は、こまつ芸術劇場大ホール。久々の大きなステージで歌いました。

2017-02-25_22-18-24_628.jpg

 しかし35周年というのは、本当にすごい数字です。合唱団をやってみて、この数字のすごさを感じます。一年一年、継続していくことがどれだけ大変なことか。そんな合唱団にゲストで呼ばれるなんて、光栄でした。

 若杉合唱の会の歌声は、とにかく大人ならではの迫力がありました。
 男性の声と女性の声が混じりあい、混声もいいものだなあと感じました。
 また、前校長先生のこだわりがどの曲でも見られました。
 かならず山場や聞かせどころがありました。勉強になりました。
 そして、前校長先生の情熱的な指揮も学ぶところが多かったです。

 今日歌ったのは、以下の曲です。

人形劇「やん助とやん助とやん助と」の中から「木をはこぶ歌」
樹形図
未来へつなぐメッセージ

uvs170225-002.jpg

1曲目は、人形劇団「ほうき星」の演ずる劇の中の挿入歌でした。
 若杉の合唱団と一緒に歌いました。前校長先生作曲によるオリジナル曲でした。
 大人と子どもの声のコラボです。大人の迫力ある声と透明感のある子どもの声が混じりあい、聞き応えがありました。

uvs170225-001.jpg

残りの二曲は、うちの合唱団だけの演奏でした。
出来ばえは・・・。

実は合宿以後、インフルエンザが蔓延し、この日もそのせいで3名が欠席しました。
また、蔓延を防ぐために、練習も中止にしていました。

そのため、声の響きは今一つでした。

練習を一日休むと自分にわかる。
二日休むと批評家にわかる。
三日休むと聴衆にわかる。

とはパデレフスキーの名言(ポーランドのピアニスト・作曲家)です。

合唱も同じだなあと子どもたちは実感したことでしょう。
良い経験になりました。

 今日は至れり尽くせりでした。
練習場としてリハーサル室をいただくやら。
お弁当を出していただくやら。
お礼をしていただくやら・・・。
子どもたちは立派なステージで歌わせていただくやら・・・
本当に感謝です。

2017-02-25_12-44-09_975.jpg

 うちの合唱団の子の中に、将来この合唱団に入りたいという子もいました。
 また、若杉合唱の会のみなさんから、たくさんの応援の声もいただきました。

 小中高そして大人へと、合唱の流れができればいいなあと感じました。
 合唱は一生できるすばらしきものなのです。今日はそれを実感しました。

 今日もたくさんの方々にお世話になりました。
 若杉合唱の会のみなさん、品行劇団ほうき星のみなさん、送迎をしてくださった保護者の皆さん、そして前校長先生、本当にありがとうございました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

村田啓介

若杉合唱の会のテナーメンバーです。
ご講評ありがとうございます。
大人と子供のコラボ面白かったですね。
でも正直いうと、私たちは後ろで歌っていたたので子供たちの歌声はあまり聞こえませんでした。機会があったら、お互い聴き合えるように輪になって歌ってみたいですね。
それから子供から大人へと成長に伴ったコーラスの場の自然な流れ、できるといいですね。実際には子供から老人まででしょうか。

ところでご承知かとは思いますが、3月26日14:00~文教会館ホールで金沢市の5中学校合唱部の合同演奏会があります。
子供たちに大人の歌声をという趣旨の依頼でしょうか、その場で男声合唱曲をアカペラですが持ち歌から10曲ほど歌うことになりました。
それと、何という偶然か先方からの希望で「鴎」を合同合唱することになりました。確か金沢の中学校合唱部はすべて女声じゃなかったかな?
中学校合唱部の皆さんに人生歌い続けることの楽しさを伝えられるか、また小松での活動に何かヒントになることがないかワクワクしています。
入場は無料のようです。
おっと件の男声合唱団は金沢メンネルコールといいます。
勝手な宣伝一方的に、おじゃまいたしました。


by 村田啓介 (2017-02-27 19:06) 

ムッシュ

村田様、ていねいなコメントありがとうございます。
コラボ、おもしろかったです。
本当に子どもから大人へと流れができればと思っています。小松市を日本のウィーンに!!金沢での演奏、きっと中学生に刺激を与えられることと思います。
ありがとうございます。
by ムッシュ (2017-02-27 21:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。